近すぎるのに遠い、だなんて。の作品情報・感想・評価

近すぎるのに遠い、だなんて。2019年製作の映画)

製作国:

上映時間:20分

3.9

あらすじ

「近すぎるのに遠い、だなんて。」に投稿された感想・評価

quince68

quince68の感想・評価

4.0
ルームシェアを初めて3年…。
中学からの友人…。
学生から社会人になり…。
面と向かって話をする時間が減っていた…。

ほとんどの人がどこか自分と重ねて観られるであろう設定。
そんな寄り添って観れるドラマになってるからこそ、しみじみと感動。

面と向かって話すって、こういう時間て大切だよね。相手が近くにいるうちに。

これ観た次の日に100均行って、イルミネーションライト買った自分、単純。

主演のお2人さんの、声可愛いな。
癒されたな。
すず

すずの感想・評価

4.0
2人とも演技初挑戦とか言ってた割に自然すぎて見入っちゃった。停電が直っても電気消すシーン、すごく好き。
近くにいるから明かしにくいことも、非日常に身を委ねればふと口をつくことがある。「今なら言えるかも」。そうしてやっと、心が近づいていく。踏み出すには少し勇気が必要だったことも、いざ振り返ればささいなこと。その積み重ねで、日々に彩りが加わっていく。
設定がドンズバ。大学生の時3人でルームシェアしてたの思い出した。

最後の頃は自分は夜勤ばかりで、一人は教職で、もう一人は学生団体で忙しくて。
でも教職やってた彼の、教育実習中の運動会に遊びに行ったの楽しかったなあ〜。

ルームシェア円満の秘訣は、家外の相手を知ることです。

主演のお二人が初々しくて良かった。というか、自然体で。
上映後に後方でトークされてた近く通ったら、めっちゃ良い香りした。

あれはロレッタの香りだろうか。