逆光の頃の作品情報・感想・評価

逆光の頃2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:66分

3.4

あらすじ

京都生まれ、京都育ちの 17 歳、赤田孝豊。高校 2 年生である彼は、思春期ならではの同 級生との別れや喧嘩、そして幼馴染の少女との初恋を経験する。日常と非日常、夢と現実― ―古都・京都の街並みを背景に、双方の世界を行き来する一人の少年のゆらめきときらめき が、鮮やかに紡ぎ出されていく。

「逆光の頃」に投稿された感想・評価

ショットの瑞々しさが堪らない。美しい世界なだけに、終盤に暴力を象徴する人物が出てきた時の緊張感がすごい。
台詞もストーリーも詩的で、
是非原作を読んでみたいと思いました。

時間軸をずらしたことにより、
孝豊のお父さんの微笑みが
より一層深いものに感じられました。

青春のきらめき。
いいですね。
美音氏

美音氏の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます


真宙さんの主演映画(㊗)しかも京都が舞台の作品なので記念に観ておきました

1時間だからあっという間だけど、きれいな真宙さんが終始写ってて充実!相変わらず細いし白いなぁ

ケンカ負けちゃって雨に濡れながら手繋ぐとこ可愛い😩守ってあげたいわ😩
ゆき

ゆきの感想・評価

2.3
ただ京都の風景が綺麗なだけだった。
無駄な音がなくて静かでそこはよかったかな。
疲れた時にぼーっとしながら観るのがよさそう。
加賀田

加賀田の感想・評価

4.0
ニューオーダーのコピバンやるだけでギャラ1万4千円くれるライブハウスって何?
高橋

高橋の感想・評価

-
京都への愛着も特別な感情もないので物凄く表面上の美しさしか感じられなかった
他みたいに女の子男の子のチャーミングさ爆発していなかった、原作ものだからかな
オリジナル作品見たい
0i7

0i7の感想・評価

3.5
高杉真宙さんも清水尋也さんも好きなので同級生役なんて眼福でした
清水尋也さんはスタイルがいいので、指板を押さえる指をもて余している感じがかっこよかったです
畳に寝転がってぼーっとする間のゆっくりと揺蕩うように時間が流れる空気がそのまま映画に映っていました
趣きある町並みで生活するのはどんなものなんだろう、と思いました
1m58cm

1m58cmの感想・評価

3.5
磔磔が出てきて お〜〜!と高まりました あの場所に清水尋也くんと高杉真宙くんが来たことがあるのね
Ryou

Ryouの感想・評価

3.6
京都の風景の綺麗さと
ゆったりとした雰囲気で
心地の良い映画だった
アニメーションいらなかったな

清水尋也 金子大地 佐津川愛美
良いキャスト揃ってる
佐津川愛美めっちゃ綺麗だった
葵わかなも良かったね
田上

田上の感想・評価

3.5
ハイ!キター
オレ的サイコー映画。
高杉真空
葵わかな
両名を愛でる映画。
主役ふたりがとにかくかわいい。

萌え萌えです
京都の美しい風景の中で描かれるベタで青臭くキラキラした青春の1ページ
ちょっと時代のふる〜い雰囲気を漂わせつつも、若々しく輝く光が眩しいね✨

高杉くんとわかなちゃん最高。
萌え萌えですわ
高杉くんの腕の意外なたくましさとか、少し臆病だけどまっすぐで純粋なところ、かわゆすなぁ〜
わかなちゃんも健康的でツヤツヤなショートヘアがよく似合ってたし、健気で素直なヒロイン像はこういうキラキラ青春モノには完璧なヒロインでした。

恋します。
恋しちゃいます。
京都の街が美しすぎて、京都の観光プロモーションビデオレベルでよく撮れてた。
こういうのホント鷲掴みにされちゃうなぁ〜。

真空ってなんて読むんだろ。
>|