逆光の頃の作品情報・感想・評価

逆光の頃2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:66分

3.5

あらすじ

京都生まれ、京都育ちの 17 歳、赤田孝豊。高校 2 年生である彼は、思春期ならではの同 級生との別れや喧嘩、そして幼馴染の少女との初恋を経験する。日常と非日常、夢と現実― ―古都・京都の街並みを背景に、双方の世界を行き来する一人の少年のゆらめきときらめき が、鮮やかに紡ぎ出されていく。

「逆光の頃」に投稿された感想・評価

kaname

kanameの感想・評価

2.0
夏の京都を舞台に、高校生の男女が織り成す青春の一片を描いた物語。

これといったドラマもない、単なる京都の観光案内映像みたいな内容をどう評価していいのか正直困る…w

何気ない風景にすら圧倒感がある京都の街並みを堪能できる…ただ、それだけの作品w
tiyo

tiyoの感想・評価

3.3
こういう雰囲気を楽しむ感じ
好きです

中身がないからこそ
純粋に画だけ観てられる
普段は特別好きとかないんだけど、
葵わかなちゃんの京都弁がとっても似合っていて、とっても可愛くて、
恋かなあ、と思った
はる

はるの感想・評価

4.0
夏の京都と、青春と。京都はお月様が綺麗に見える。
高杉くん本当に綺麗。声も素敵。
なんや、この可愛いでいっぱいの映画わ!

夏の京都を舞台に、高校生の男の子の日常と非日常を通してちょっと成長するよ、って話

主演の高杉真宙くんはな、仮面ライダー玄龍で一躍有名になったわけですがね、僕は「仮面ライダー鎧武」に全くハマれなかったんで、真宙くんには全く注目してなかったんですよ
「カルテット」とか「ボンとりんちゃん」も観たけど全く惹かれなかったし、初めて真宙くんの存在に魅かれたのは「PとJK」のオオカミさん役で、主演の亀無し君より遥かに美形なのに、太鳳ちゃんに好きと言えないシャイな不良少年役の可愛らしさでした
それ以来注目している真宙くんの魅力が存分に詰まった作品ですわな

さらにCMでは見たことあったものの、ちゃんと演技をしているのを初めて見た葵わかなちゃんもメチャ可愛かった
全然好みの顔立ちではないんやけど、一挙手一投足が可愛かった

そんな2人の可愛らしヤツなんで、それだけで可愛い映画の及第点なんですがね
舞台が京都っていうのがまた可愛いを底上げしているのですよ
東京ではこの清々しい感じにはならん、古都の美しい景色や趣きの中だからこそ醸し出される可愛い空気が、2人の可愛いと相まって、メチャ可愛いですからな
夜の学校のシーンも良かったなぁ、真っ暗な学校に2人きりなんてベタベタなヤツなんやけど、もう超キュンキュンするかんな!

空気の切り取り方が上手くて、何でもないシーンでも全然観ていられる
何?「秘密潜入捜査官」シリーズの監督かぁ!あのシリーズ2作目のかでなれおんちゃんのブルマー姿もメチャ可愛かったからなぁ…
なんか本作とイメージ違いすぎて戸惑うわ

あ、チョイ役で大好きな佐津川さんも出てます!

ほぼ可愛いしか言ってないレビューやけど、素敵な青春映画やから、キュンしたくなったら是非観てくれよな!
サトミ

サトミの感想・評価

4.0
空気がものすごく好き。夏の空気をまるっと切り取ったような映画。金子大地の演技好きだなあ、役によって全然ちがう。
炒飯

炒飯の感想・評価

4.0
高杉真宙見たさに

ほどよい長さ

とにかくマイナスイオン全開な映画

高杉真宙からもマイナスイオン
舞台の京都からマイナスイオン
緑、川、空からマイナスイオン

せかせかした毎日の流れる時間をゆっくりにしてくれるDIO様顔負けの映画でした。

ただ、中身はそんなない
綺麗な高杉真宙と綺麗な京都と綺麗な光達をまたーり眺める映画
H

Hの感想・評価

3.4
静。
こんなのもありなんだ。まひろきゅんだからあり。まひ堪能したわ
とにかく京都の情景が綺麗で、
京都に行きたくなりました。
そんな場所でゆっくり、ゆっくり成長いてゆく主人公である高杉さんの表情や声の演技が素晴らしく、普通にいそうだけど普通じゃない学生特有の限られた特別な時間に存在している感じがして、なんだか羨ましくなりました。
ポプ子

ポプ子の感想・評価

3.0
the青春映画って感じ。
夜の学校のシーンがドキドキした。

舞台が京都なので建物や景色がとても綺麗だった。

短い映画なのでサクッと見れておすすめ。
>|