人生、区切りの旅の作品情報・感想・評価

人生、区切りの旅2019年製作の映画)

End of Sentence

製作国:

上映時間:95分

3.8

あらすじ

「人生、区切りの旅」に投稿された感想・評価

ash

ashの感想・評価

3.8
音楽がすごく良い。アイルランドのパブの雰囲気とかすごく好き。嫌いなひとでも何かをきっかけに少しでも共感できる面や受け入れようとする気持ちが生まれれば、好きにはなれないけどいても嫌じゃない存在にはなれるのかも。何かを一緒にやり遂げるっていいきっかけになるのかもしれない。
すー

すーの感想・評価

4.0
東京国際映画祭にて。

あれ?義理の父子の設定だったっけ?と思うほど正反対でウマが合わない父子。亡くなった母の遺骨を故郷のアイルランドにまくため渋々旅に出る。ありがちな父子の関係にスポットをあてたロードムービーなんだけれど良かったなあ。あまり起伏はないが登場人物に寄り添うような映画が多分好きなんだろうなあ。

というかローガン・ラーマンとジョン・ホークスですよ、いい映画に決まってるじゃないですか〜いい意味で2人とも今までの役のイメージとは違う感じがして良かった。だってあのローガン・ラーマンが出所したてのマッチョボーイになってるなんて!ねえ。この役のために増減して体も作ってきたらしいが良かったですよ。一方ジョン・ホークスは繊細で頼りなさげな弱々しい父親という。2人とも良かったな。

そしてロードムービーに美女あり。良くも悪くも引っ掻き回してくれる。サラボルジャー、声も顔も可愛いいから許しちゃう。
Ochiai

Ochiaiの感想・評価

-
東京国際映画祭にて。
すがすがしいロードムービーに仕立てられているが、背景には家庭内暴力の暗い過去も。最後はいい終わり方だった。
大きく心を揺さぶるようなシーンはなかったけど、クスッと笑えたり、涙がじわっと出たり、ため息ついたり、小さく心を揺らしてくるような映画でした。

そして景色がとてもきれい。
とてもきれいでした。
東京国際映画祭にて。
毎年適当にチケットを買っているんだけど、ほぼハズレなく何を観ても良い。

今年はアメリカの親子関係再生ロードムービー。
反発する息子と再生しようと頑張るもうんざりしてくる父親。
観終わってあとで調べて分かったんだけど、息子役は『ウォールフラワー』『ハッピーエンドができるまで』でさえないがいいやつ代表を務めていたローガン・ラーマン。
モテなそうな感じ含めて好きだったのに、成長していきっておりました。

この映画を観て、人は本当に多面的なんだなぁと思った。
父と息子、性格が違い反りが合わないものの、トラブルに出くわした時、それぞれの性格をいい方向に補完し合い目的を達成していく。
悪いところだと見えてたものが自分にはない良さだと思える。
そうお互いに気づいた時には良いバディになれる。
女の子も逆の意味でそうだね。
本当に彼女が歌い始めた時はてっきり2人を繋ぐ天使かと思ったよ。

話自体に目新しさはないけど、時々クスクスと笑えたり、奥さんに関するミステリーが混ざっていたり、最後のシーンの美しい風景にほっこりと観て良かったなという気持ちになった。
luna

lunaの感想・評価

4.1
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
End of Sentence /人生、区切りの旅 ( 2019 )
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
東京国際映画祭にて鑑賞𓂃🎬

自分の誕生日でもあって
大切な作品に出会えたことにも感謝して𓏥
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
絶縁状態である父息子の
切なくて、切なくて、だけど
ほっこりもする
アイルランドの美しい景色彩るロードムービー。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
服役中であって息子ショーンを演じるのは大好きな俳優ローガンラーマン
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
そして、息子に拒絶されつつも
寄り添おうと懸命に努力する父フランクはジョンホークスが演じる作品です。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
彼らには辛い母親の死。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
そこで、父息子あてに生前に与えられた一つの課題
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
一見簡単そうに見えるが
彼等には到底出来っこない。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
そんな彼らの大きな溝が徐々に閉じる瞬間
煌めく世界が広がるのか?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
その先に待っているものは何か?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ラストシーンに感極まって
ポロリと涙が溢れました𓏥
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
〝自分の人生を区切る〟
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
フランクは土地、家族など囚われの身ㅤ
反面ショーンは自由の身
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
そんな彼等を大好きなロードムービーとして
見届けられる最高の時間でした𓃘 𓈒𓏸
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
まだ公開が決まってないのが残念。
早くみんなに観てもらいたいなあ〜🙏🏻
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
#EndofSentence#人生区切りの旅
#映画#映画好き
#映画好きな人と繋がりたい
#movie#films#東京国際映画祭
最前で監督、画面近かった〜〜👀
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.7
服役中の男の母が亡くなり、父と一緒に湖に位牌を撒いてほしいと遺言が残された。ヒューマンドラマ作。不仲の父子が、母の遺灰を持って旅する姿は独特な空気感を放っていて、娯楽がありつつも、父子の関係の変化を静かに、そして暖かく描いており素敵な人生模様があります。異色なロードムービーながら和解の物語は王道で、シンプルながらも、お互いの過去にもしっかり触れつつ、それを繋ぐ亡き母の存在(遺骨)が素敵な演出をしています。コメディもブラックユーモアも含みつつで良い。お互いの絆の作り上げは見応えがあります。素敵なドラマがありつつ、ロードムービーらしい、舞台がアイスランドながらの素敵な風景もあり、景色も楽しめる内容でもある。
げん

げんの感想・評価

4.8
ロードムービーの新旋風。
アメリカ舞台のロードムービーだとついつい砂漠で疲れるけどアイルランドに舞台が行くのでぐいぐい引っ張られる。
サラボルジャーのキャラクターが最高。
登場人物がコンパクトにまとまっているのに、明確にストーリーを引っ張る存在がいるおかげで停滞がない。
美しい映像、飽きの来ない展開、感動のエンディング、最強。
Minita

Minitaの感想・評価

3.5
不仲の父子が亡くなった母の最期の願いを叶えにアイルランドへ行くロードムービー。
家族でも、家族だからこそ顕にできない思いがあり、
そこに触れることで互いに変わり、
関係を再構築していく過程が清々しい。
絶妙な間で笑いがはいるのも素敵。
ラストの目的地、二人にこそ、この風景を見せたかったんだなと
亡き人の思いが透けてみえるように美しかった。

父子のキャスティングが面白く、強面のイメージしかないジョン・ホークスがあんなに穏やかで生真面目なお父さん。
ローガン・ラーマンはフューリー公開にあわせて来日した時は、
まだ紅顔の少年って感じだったのに、
この作品のために体重増やしたのも相まって
刑務所帰りのワイルドな雰囲気を醸し出していて驚いた。
#TIFFJP
春磯

春磯の感想・評価

4.0
アイルランドの壮観な自然風景と美しいフォーク音楽に乗せて親子の再生を描いたロードムービーの秀作。『ウィンターズ・ボーン』で素晴らしかったジョン・ホークスが主演と聞いて飛びついたけれど、今年観た映画の中でも特に好きな作品だった。

特筆すべきは丁寧な人間描写。主演の二人 ジョン・ホークスとローガン・ラーマンの演技が本当に素晴らしい。悲しみや怒りの中にもどこか優しさとユーモラスさがあり、拗れた関係の二人とは言えど陰鬱さを感じさせない見事なバランスを保っている。サラ・ボルジャーに関しては、彼女がDirty Old Townを歌う場面がとても美しくて「なんて滋味深い映画なんだ」と少し泣いてしまった程だ。

舞台となるアイルランドの冷たい空気と、その中で静かにゆっくりとわだかまりが解けていく親子の物語をもう一度味わいたい。是非劇場公開を。
>|