NOVO/ノボの作品情報・感想・評価

「NOVO/ノボ」に投稿された感想・評価

Daisuke

Daisukeの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

主人公は重度の記憶障害、しかし徐々に回復していく。物語の序盤と終盤じゃまるで別人みたい。
あとサービスシーンが多い。女性を美しく撮るという意味ではさすがはフランス映画。
slow

slowの感想・評価

4.1
5分しか記憶が持たない男と、そんな男を取り巻く人々。男は手を引かれるままに、未来と過去を行ったり来たり。誰もがあなたの物語になりたくて、引き離されても引き戻されても、また引き寄せて運命を気取る。
陳腐なマンネリを突破する力と、エロスの向こうに透ける気品。エドゥアルド・ノリエガとアンナ・ムグラリスの真っ直ぐな瞳は、好奇心にまで回帰したような初々しさと瑞々しさでお互いを見つめ求め合っていた。何という清潔感。『メメント』のようなサスペンスを想像したけど、これはその特殊な雰囲気を巧く継ぎ接ぎしたラブストーリー。
甘い恋は忘れた頃に苦味となる。それはコーヒーでいうところの旨味なのだろうが、果たして人生においてはどうか。
hinaoba

hinaobaの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

記憶障害で5分しか記憶を保てない男と、彼に恋した女。設定がとてもおもしろい。

かなり前に観てうろ覚えなのでもう一度観たい。
全裸で逆立ちのシーンだけよく覚えてる。
序盤★3 中盤★3 終盤★4

5分で過去の記憶を忘れて行く記憶障害のオトコと、
そんなカレに惚れたオンナの愛の行方とは?
何度でもワタシに恋して。
何度でもキミに恋をする。

記憶障害になった理由がアホすぎんねんけど、
マブいちゃんねー、当時シャネルのミューズに選ばれたアナ・ムグラリスを観るだけでも野郎はごっつぁんです!!(おっぱい星人は楽しめません)
女性もエドゥアルド・ノリエガの後ろから前から by 畑中葉子
を拝めごっつぁんです!!ではないでしょうか?(笑

冗談はさておき、
個人的には記憶障害もの『メメント』より好みです。
とりあえず最後の5分間のドラマちっくに畳み掛けるようなストリングスの利いた音楽、演出、台詞がシャレオツ♪

まあ台詞はホンマ名言ばかりで、
序盤マブいちゃんねーがさ、
「忘れられないコト、してあげる」
だってよ!!
カァアアアアアアアアアアア
言われてーーーーーー!!!!!

今宵はスーパームーンの夜。
月は狂気へ誘(いざな)う。
ルナティックなレビューは
月のせいなんです。。。😗

2017年287本目(再見)
象煮

象煮の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

瑞々しさで切り取られた世界を繋げてできている映画。ノリエガが病院の窓ガラスを突き破って走っていくところからずっと夢のように泣いていた。GPSの赤丸が追いかけっこしている様子にめちゃくちゃドキドキしたし駐車場でのキスシーンは号泣した。音楽も好き。後息子さんがとてもいい子だなあ。
ロラン

ロランの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

5分しか保てない記憶に物語は絶えず中断し、瞬間だけが連続する。そのすべてが途方もなく魅力的で、奇跡のような映画だった。

ジャンプカットに原色を散りばめた色彩はゴダールだし、手のアップはブレッソン的。女社長とその手下の暗躍はリヴェットを彷彿とさせるし、コントラバスを弾く男は『メリー・ゴー・ラウンド』と同じ。

ヌーヴェルヴァーグの模倣にも思えるし、アップが主体なのに、どのカットもオリジナルで瑞々しい。撮りたいものを撮って繋ぐ、それだけでここまで映画が面白くなるのだから、もう天才としか言いようがない。

次に何をするか予測のつかないエドゥアルド・ノリエガの一挙一動を見ているだけで楽しくて、海辺に救急車が到着する場面で、彼と息子が離れたくないと言わんばかりに抱き合う場面の素晴らしさ。

二人以上の人物を配置したカットの少なさが特徴で、だからこそ海辺での親子のひと時は特権的だった。あの逆立ち。ラストも同じ車には乗らず、アナ・ムグラリスがノリエガを追いかけていく。

手を合わせ、身体を重ねる。記憶するために名前を書き、記憶してもらうために名前を刻む。アナ・ムグラリスが木に彼の名を指で掘り、その枝を一本ずつ折っていく場面は名シーン。

ノリエガが病院の窓ガラスを突き破って逃走する場面は涙なしでは観られないし、地下駐車場でのキスシーンは号泣した。音楽が流れるタイミング。

開かないゲートは壊せばいい、記憶できないのなら何度も出会えばいい。最高の映画。
shuuhey

shuuheyの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

思ってたのと180度違った。
砂糖はコーヒーを苦くする。忘れた頃にね。が何となく頭から離れない。
タニー

タニーの感想・評価

2.0
あの男の子の存在が良かった。
そういう事だったのね!
あとは特に残るものはなかったかなぁ〜。
sukimnk

sukimnkの感想・評価

3.4
全裸が清々しい。スタイリッシュなエロティシズム。イレーヌがとても美人。
菩薩

菩薩の感想・評価

3.5
継続的な愛を楽しむには常に新鮮さが必要なんてのにSEXを絡めてフランス人的な感性で映画にしたらこうなるであろう好事例。忘れたいってのと、忘れて欲しくないってのと、忘れちゃいけないってのと。瞬間と永劫、記録と記憶、変わっていくものと変わらないもの。イレーヌ+サビーヌ=イザベルの名前遊び、そこには無い父の愛を求める息子アントワーヌ、大人は判ってくれない。記憶がカラダを弄ぶのかは知らんけど、カラダが覚えてるって関係は往々にしてあるもので、この映画の内容も正直5分で忘れちゃうかもしれないけど、冒頭のパンツだけ脱いでオフィスでハメた後前立腺を攻めてくれる上司とか、髭剃りのついでにケツ毛剃ってくれる恋人とか、アナル中心の性描写はしっかりと脳裏に刻み込まれる事になった(うそうそうそうそ…)。いやでも本当にNOVOってかEROって映画で、息子を思い出して海辺で全裸で逆立ちするとこなんてEMOって感じで、そんな感覚的に捉えていい様な作品だと思うけど、こうやって映画を消費していく事が、すなわち映画を愛する事なんじゃ無いかと思う、自分に忠実であるために(何言ってんだ)。ジャケ観てめっちゃクンニする映画だと思ったら本当にちゃんとしてて感動した。愛、覚えてますか?
>|