キスカム!~COME ON,KISS ME AGAIN!~の作品情報・感想・評価

キスカム!~COME ON,KISS ME AGAIN!~2019年製作の映画)

上映日:2020年09月04日

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「キスカム!~COME ON,KISS ME AGAIN!~」に投稿された感想・評価

すー

すーの感想・評価

3.0
八木アリサちゃん目当て。
酔っ払った八木ちゃんにズバッと核心さされちゃうのいいね。

サクッとハッピーに溢れた心地よい多幸感に包まれる映画。かといって凄く刺さるわけではないのだけれど。でも若者層をターゲットとしているのなら良いのではないかしら…
キュンキュンはしないが、ハッピーエンドのカラッとした明るい映画。映画館で自分を客観的に観るシーンと、途中でタイトルが出てくるのが印象的。シャイな日本人にとって、キスのハードルが下がると良いですねぇ。
作品自体は凡の凡なのだが意外と恋愛の根本的な事を語っている。
ラストのアレは天願大介監督作「世界で一番美しい夜」...には程遠いが似たような描写があり、この監督なりに愛が世界を救うと描いたのだろう。んで奈緒は髪を下ろした方が可愛い。
そして何より一番驚い事が

サウンドデザイン良すぎだろ。
松本花奈監督の新作映画と言うことで街に待っていた作品だが、、
んーーーーーーー、
カップルムービーなのは分かっていたけどなんと言うか予想以上に薄めなストーリーに少々退屈を感じながら鑑賞。大学生くらいの層をターゲットなのか、新社会人くらいの恋愛のすれ違いや業務上の理不尽さを扱いながらそこに幾つかの恋愛エピソードを重ねている内容。
話としては纏まっていてラストに向けてのクライマックスと構成は良いのだけど、内容に面白みを感じられ無い。
より戻し屋の仕事は面白いしオムニバス的にもみてみたい内容だった。
海でのデートシーンが船の上から撮ったん?ってくらい手ブレするので若干ながら酔った。シーン的には作中で一番好印象なシーンだったので少し残念。

松本花奈監督の次回作に期待って感じですかね。


吉本制作配給映画見るのは生理ちゃんに続いて2作目でしたが、まだちょっと「ん、吉本かぁ…」となる。
三日月

三日月の感想・評価

2.5
鑑賞記録。新宿バルト9。
面白かったと思う。
序盤のキスされた女性の反応とかのエピソードは興味深かった。
いやーパリピが映画監督になったらこういう作品になるんだ、斬新!

この一貫して眩しい感じ好きやけど、徳井の使い方ミスってるやろ。もっとコテコテの関西弁喋らせろや!なんでちょっと標準語のダンディー路線やねん。
HAL2000

HAL2000の感想・評価

3.3
エキストラで参加した作品。
テレビ東京本社社屋での撮影でした。新作自主作品に出ていただく女優さんの所属事務所社長森本さんにご挨拶出来て一石二鳥の現場。
森口瑶子CEOの補佐重役かな?隣に座らせて頂きました。オフィスフロアでも抜けにいたりします。
久しぶりのシネマ・ロサ、残念ながら観客は私含めて5人。ポスタービジュアルに似合うようなお客さんは私含めていなかったような。どういうターゲットに観てほしかったのでしょうか?
正直な二時間ドラマなお話だったと私は思いました。主人公や主なキャラクターに思い入れも入れることも出来ず。駄目男がプレゼン失敗して子会社にやられ、彼女にも振られ、奮闘して完全復活するというたわいもないお話。
ただ、キス自体はその人たちが幸せなときにするものというのはその通りだと思うし、お芝居でなく、照れながらキスする素人の方々の幸せそうな感じはとても微笑ましいと思いましたね。
せっかくならばキスの素敵さ、素晴らしさ、そのふたりの幸せなところをもっともっとクローズアップさせてほしかったです。
そして、奈緒さん、私も一目惚れしそうな程素敵でしたね。トラガール、なんとか完成させて欲しいと心から思います。毛利監督頑張って欲しいです。
あっ、ユウカイ犯で共演したフェルナンデス直行さんがクライマックスの新製品発表会にいました❗
磨

磨の感想・評価

2.7
スポーツ大会の会場などでカメラに映された客席のカップルが、カメラに向けてキスをする「キスカム」を題材に描いた恋愛ムービー。

”キスのキスによるキスのためのロマンティック・コメディ!”と謳ってるだけにキスだらけの91分。〈濃厚接触〉とは何かを我々に教えてくれる(笑)
恋愛から離れていて悶々としてる方、ソーシャル・ディスタンスの世の中にヤキモキしてる方にはオススメ…かもしれません。

監督は現役女子大生・松本花奈、主要女性キャストも現役モデル出演。脚本監修には相席スタートの山崎ケイが参加と、女性目線での恋愛作品作りは良いと思うけど、客は3人‥全員野郎でございました、残念。


知ってる俳優さんが少ない…。

おや?そんななか、またまたまた奈緒ちゃん登場、相変わらずの透明感に癒される。
それにしても来月の「みをつくし料理帳」まで月一ペース以上のローテーション。どんだけ出演作続くのさ(笑)
相席スタート #山崎ケイ 脚本
#松本花奈 監督作品

彼女のサヤ(#堀田茜)にある日フラれてしまう橋口海(#葉山奨之)
化粧品のプレゼンでも失敗しCEO夏子(#森口遥子)に子会社への出向を命じられる。
出向先は【恋愛コンサル】でキスにより寄りを戻すという奇妙な仕事。
キス魔の社長(#塚本高史)や男勝りなカメラマンのカオリ(#八木カオリ)、受付(#行平あい佳)と仕事に取り組むうちにだんだ橋口は前向きになっていく。

ある日、CEO夏子が元カノのサヤを連れて恋愛コンサルの依頼に…
また、橋口が以前失敗したプレゼンの別案が本社で通る。

恋愛コンサルと化粧品のPRを兼ねて、
一大イベントを…
果たして、コンサルの結果は…
そして、橋口とサヤは…
また、イベントに巻き込まれた人々は…

タイトルからは読みにくいが軸は純愛映画
恋愛コンサル側の同僚が魅力的。
社長(塚本高史)が格好よすぎる。

#奈緒 演じたコンサルのターゲットもよかったなぁ。

『観るとキスがしたくなる映画』をコンセプトの企画との事だが、企画にはハマってはいないような…
ただ、キャスト・スタッフに恵まれて普通の恋愛映画としては纏まっていたかと。

個人的には好きだが好みは分かれそう。
なんか勝手にグッチョグッチョなやつ想像してたんですけど思いのほかピュアなラブストーリーがいろいろ観れます!
キスシーンは多いけどハードなのはないので思ったより人を選ばずに観れる映画という印象でした。

人生は自分のやりたい事をやって潤わせたい。同感です。
素敵な映画でした。
>|