マリーナの海の作品情報・感想・評価

マリーナの海2014年製作の映画)

Marina não vai à praia/Marina's Ocean

製作国:

上映時間:17分

3.2

あらすじ

「マリーナの海」に投稿された感想・評価

waf

wafの感想・評価

3.5
3月21日は世界ダウン症の日だそう。
彼女の笑顔が素敵、バラを持っていくシーンが好き

このレビューはネタバレを含みます

ダウン症の子が家族の反対を押し切って海に行く…話なんだけどこの女優さんが17歳で亡くなってると最後のテロップが悲しい。元々はどうして撮った作品だったのかな。
水がいっぱいで怖くて(?)海には入れなくても楽しそうなマリーナを見てよかったなあって思ったけど家族からしたら洒落にならないよなあ
chaooon

chaooonの感想・評価

3.3
友達と海に行く予定のお姉ちゃんが羨ましくてしょうがない、ダウン症のマリーナ🌸

海だけじゃなくて、どこかお姉ちゃんのやることに憧れてを抱いて、背伸びする感じも可愛い💕

卒業旅行だからとか、お金がないからとか、お姉ちゃんもお母さんも色々と理由をつけて諦めさせようとする。

それでもマリーナは諦めない!
行動!行動!!行動あるのみ✨✨

障がいの有無に関わらず、母親として「この子には無理じゃないか」「周りに迷惑を掛けてしまうんじゃないか」って心配して、子供の行動を抑制させるのは、親なら誰しもあること。
私も結構やっちゃいがち。

物事の限界って自分とか周りが勝手に決めちゃいがちだけど、ホントはそんなものないんだって思えたなぁ✨✨

それと、何を楽しんで、何を幸せに感じるかは自分次第✨✨
あんなに頑張ったのにいいの?って気持ちで見てしまうけど、嬉しそうなマリーナの笑顔を見たら、なんだか私も嬉しくなっちゃった✨✨

良い意味で常識の枠に囚われないマリーナからは、あの広がる海と空みたいに雄大な広がりと可能性を感じたなぁ🏝✨
3月21日は世界ダウン症の日なんて知らなかったな。主人公の女の子はダウン症ではあるけど、ただただ海に行きたい女の子。ダウン症を意識させるような描写は殆ど無いし、それなりに男の子誘ったり着飾ったりする普通の子っていうのが良かったな。私は海の近くに住んでるからあまり特別感なくて海に行くことほぼ無いけど、東京に住んでる従姉妹がすっごい海に行きたがってて泊まりきた時一緒に行ったの思い出したなあ。何でもある東京に住んでる都会人が何もない海一つであんなに目を輝かせるんだからもっと大事にしないとなって、ちょっと海を好きになりました(私はあまり海好きになれなくて...)

マリーナはどう感じたのだろう。自分が憧れていたものを目の前にした時って、想像より良くても悪くてもなんとも表現できない気持ちになるよね。あの初めて足を波に通した時の吸い込まれる感じ、連れて行かれそうになって怖くないですか
kikiki

kikikiの感想・評価

3.4
母親が姉妹を呼ぶために、姉妹それぞれの部屋のドアの開け方が違ってて、別々の接し方が表れてるのが面白かった。
あおい

あおいの感想・評価

2.7
2020年138本目 6月16本目の鑑賞
ショートフィルム

みんなと同じことがしたい。ただ海に行きたい。
そのために頑張る健気なマリーナ。

周りの対応が素敵だった。
na

naの感想・評価

3.6
お姉ちゃんと一緒に海に行きたいダウン症のマリーナ。

あの手この手で作戦を練るのが可愛らしい。
薔薇の花を売る作戦は彼女らしくてまるで絵本みたい!
私も一輪買いたいくらい!
non

nonの感想・評価

3.3
ダウン症の女の子がお姉さんの卒業旅行の海に付いて行きたくて
ついてっちゃうお話

周りの受け入れ方
特にお姉さんの彼氏の対応とても良い
nana

nanaの感想・評価

3.5

生まれつき染色体に異常があるダウン症。

この作品はダウン症の少女マリーナが夢を叶えるストーリー。

お姉さんの卒業旅行
行き先は海で友達や彼と水着の相談したりウキウキ。
それを見ていたマリーナは自分も行くと言い出す。

卒業旅行だし、お母さんは心配だし。

当然反対されるけどアイディアで旅費を作り一生懸命。

ふてくされたり、頑張ったり。

ビニールプールでの水に入る練習、仔犬とのシーンが良かった。


日差しと風を浴びるマリーナの笑顔は清々しくとても美しかった。


主演の女優さんのご冥福をお祈りします。
少女の憧れとみんなの思い
こういう時って見守ることしかできないのかな…
>|