ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンドの作品情報・感想・評価

「ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド」に投稿された感想・評価

視聴3回目。

Bobの人生については本を読んだり、映像を観たりしてるから、この作品を観て新たな発見とかはないんだけど、やっぱり何度聴いても素晴らしい音楽。

Bob Marleyの音楽ってなんか簡単に聴けないんだよね。しっかり向き合って聴かなきゃいけない様な。

見所はピースコンサートでのパフォーマンス。あの時は神が降りてきたと思う。
SayakaJoe

SayakaJoeの感想・評価

5.0
是非、観て欲しい一本!愛と平和をラスタのリズムにのせて。エンドロールのone loveで、号泣。
Linus

Linusの感想・評価

4.1
本当の愛と自由。

この人のおかげで、人生救われて生き方変わった人が何人いるのか。
What is to be must to be

サッカーボール枕にしてるボブマーリーとってもキュート
mai

maiの感想・評価

4.8
ボブマーリーの歌声、曲、歌詞が好きで、
興味があって観た。
彼の生い立ちから亡くなるまでの生き様に感動した。
ラスタの思考哲学を理解できない部分もあるけど、全て含んで
改めて人としてすごく力強い人間であり、革命家であり、影響力があり、深い人間、かっこよくて
尊敬するアーティスト。
こんな人、現れるだろうか?
ラストは泣けてきました。
これを観てますますボブマーリーが好きになりました。
ちほ

ちほの感想・評価

4.2
好きなものを愛しすぎると災難に遭う可能性も高まるんだなあ。好きって素晴らしいことなんだけど。なんでも、過ぎたるは猶及ばざるが如しなのかな。過ぎたるしないと(?)生まれないものもあるけど
ドキュメンタリー系ではかなり上位に入ります。まず、動くボブが見れて感動。


↓ネタバレ含みます

ボブ位レジェンドになると、国内紛争レベルに敵対してる二大政党のボスをコンサート会場で会わせてしまう。
沢山の女性と関係があって隠し子(隠してない)がいても奥様がまったく気にしていない。

ボブのレジェンドが映像だけでも詰まりまくっていました。

インタビューで印象的なのは
『ボブは本当にいじらしい奴 』っていうのが何度も出てきて レジェンドなのにきっと普段は物静かで人好かれする優しい人だったんだろうなと想像しました。
音楽家ではなくて革命家。
ジャンル問わず全ての人が見るべき。
絶大なる人気
国を変えてしまうほどの超越したカリスマ性は本当にすごい

この映画でボブマーリーを知りました

多様化した現代で、このような人は出てくるのだろうか
イメージが変わった。
勿論、いい意味でね。
僕は、彼の事が更に好きになったね。
もうこの偉大な男に会う事が出来ないと思うととても寂しい。
でも、彼の歌を聴き続けることが今の僕にできる事なんだ。
ヤーマン
ハリウッド俳優のインタビュー風
>|