ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンドの作品情報・感想・評価

ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド2012年製作の映画)

MARLEY

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:144分

4.1

「ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド」に投稿された感想・評価

ボブマーリーのこともレゲエのことも全然知らないけど、音楽が好きなので見た。すごいよかった
ソウルフルでハートフルでピースフルでまじレジェンド。
こんなにも政治的にも大きな影響を与えた人とは、びっくり。

ボブマーリーの曲をiPhoneで聞くと泣けちゃう病気がかかる映画。

いじらしい歌詞と、チャカッチャカッという軽快なギターが最高。
レゲエってこれか〜

余韻がすごくて未だにボブのことをずっと考えてる。

エンディングで日本の描写があってよかった。
当時の日本人は歌詞なんてわからないけど、心で感じてたって、、カッケー!

健康診断って大事やな、ラスタファーライ!!!
くぅー

くぅーの感想・評価

4.1
my映画館2012#92> 唯一無比のラスタマンと“Jah-min' ”した余韻…これはボブ・マーリー伝記の完全版として、見継がれて行く逸品かと。
遺族公認の初のドキュメンタリーゆえに、蔵出しの貴重な映像に思わず目を見張る。
個人的に特に印象に残るのは、Love&Peace を超えた“ONE Love & Peace ”の精神…襲撃に遭いつつも亡命した先で、ある意味でジャマイカを統一したエピソードはもはや国家元首を超越した存在を意味してる訳で、恐れ入るしかないのだが、その反面、一人の人間としてシンプルに語る声も魅力的。
【ラヂオもりおか音楽映画祭】
john

johnの感想・評価

3.6
自分の中の音楽という言葉の定義が拡がるきっかけを作った映画の一つかもしれない。
裸足でサッカーして、タバコ吸って、酒飲んで、自分たちの想いを熱波のようなリズムに乗せて叫ぶ。

踊ったり、聴いたりも楽しいけど、やっぱり共感して歌える唄は素敵である。

Get up, stand up, stand up for your right!
マリモ

マリモの感想・評価

4.5
ボブ・マーリーが音楽でジャマイカと世界を変えた。伝説のミュージシャン
KuBi

KuBiの感想・評価

4.0
レゲエの神様!
悲しみを知ってるからこそ、書ける歌詞!ボブ・マーリーの曲を聴きたくなった
Let’s get together and be all right.
T

Tの感想・評価

4.5
真の神がかりであり英雄、ラスタ。泣いた。
ボブマーリーって36歳で亡くなったのか…。
こんなに若いのに人々や政府まで影響を与えてる人物ってほんと凄いな。
こんなにすごいと周りに人はたくさんくるけど孤独なんだろうな。
あらためて彼のすごさを知った映画だった。
gosunny

gosunnyの感想・評価

3.7
ものすごい影響力がある人物はこうも短命なのか…
rkasai

rkasaiの感想・評価

4.2
ボブ・マーリーの生きた人生、背景、転機、思想などが理解できた気がする。

なぜボブ・マーリーが現代にも影響を与えつづけているのか、
レゲエとは何か、
ラスタファリアンとは何か、
その時代背景、置かれた環境、それぞれ時間が経つにつれての役割の変化などがわかる。

レゲエ好きも、そうでない人も、ボブ・マーリーは現代人にとって押さえるべき一人に間違えない。
>|