ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンドの作品情報・感想・評価

ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド2012年製作の映画)

MARLEY

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:144分

4.1

「ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド」に投稿された感想・評価

イメージが変わった。
勿論、いい意味でね。
僕は、彼の事が更に好きになったね。
もうこの偉大な男に会う事が出来ないと思うととても寂しい。
でも、彼の歌を聴き続けることが今の僕にできる事なんだ。
ヤーマン
ハリウッド俳優のインタビュー風
roots of legend
roots of jamaica
あず

あずの感想・評価

4.5
ボブマーリーの偉大さが詰まった映画。

初めて音楽で感動して泣いたのは高校時代レゲエに出会った時。横浜のクラブ行きまくってたなー。
ボブマーリー聴いてなんかすごいパワーもらってたんだなー。
色々あって最近聞いてなかったけどやっぱりレゲエは素晴らしいなぁ。愛に溢れてる。ダンスホールは苦手だけどルーツは最高。
ボブの女性関係とか知らなかったけどやっぱ天才はどこかイカれてていいな。
そしてボブのコンサートで対立してた首相が握手をするシーン、最高だった。
りん

りんの感想・評価

4.0
音楽家として、ひとりの人間として、そして父親として多くの人に愛されたボブマーリーの話
Kaori

Kaoriの感想・評価

4.0
タイトル道りのドキュメンタリー。

ボブマーリーの影響力のすごさを思い知った。
ジャマイカ国内が荒れていた時に、彼の音楽の力で、ステージ上で敵対する党首同士を握手させたいかにもOne Loveなシーンはほんっとうにシビれた。

人々を愛し愛されたボブマーリー、なんでそんな若くして亡くなってしまったの?と、今更ながらの涙が出た。同時代のレゲエアーティスト、リーペリー(81歳)みたいに高齢になってもいまだに来日して、日本で姿を見ることもできたかもしれないと思うと惜しいよ。(こんなことを言っても仕方ないけど、生きていたら今72歳らしい)

好きだった曲をさらに好きになれるドキュメンタリーなので、ボブマーリーの音楽が好きな人には見てほしいなあ。
ボブマーリーのこともレゲエのことも全然知らないけど、音楽が好きなので見た。すごいよかった
ソウルフルでハートフルでピースフルでまじレジェンド。
こんなにも政治的にも大きな影響を与えた人とは、びっくり。

ボブマーリーの曲をiPhoneで聞くと泣けちゃう病気がかかる映画。

いじらしい歌詞と、チャカッチャカッという軽快なギターが最高。
レゲエってこれか〜

余韻がすごくて未だにボブのことをずっと考えてる。

エンディングで日本の描写があってよかった。
当時の日本人は歌詞なんてわからないけど、心で感じてたって、、カッケー!

健康診断って大事やな、ラスタファーライ!!!
くぅー

くぅーの感想・評価

4.1
my映画館2012#92> 唯一無比のラスタマンと“Jah-min' ”した余韻…これはボブ・マーリー伝記の完全版として、見継がれて行く逸品かと。
遺族公認の初のドキュメンタリーゆえに、蔵出しの貴重な映像に思わず目を見張る。
個人的に特に印象に残るのは、Love&Peace を超えた“ONE Love & Peace ”の精神…襲撃に遭いつつも亡命した先で、ある意味でジャマイカを統一したエピソードはもはや国家元首を超越した存在を意味してる訳で、恐れ入るしかないのだが、その反面、一人の人間としてシンプルに語る声も魅力的。
【ラヂオもりおか音楽映画祭】
john

johnの感想・評価

3.6
自分の中の音楽という言葉の定義が拡がるきっかけを作った映画の一つかもしれない。
裸足でサッカーして、タバコ吸って、酒飲んで、自分たちの想いを熱波のようなリズムに乗せて叫ぶ。

踊ったり、聴いたりも楽しいけど、やっぱり共感して歌える唄は素敵である。

Get up, stand up, stand up for your right!
マリモ

マリモの感想・評価

4.5
ボブ・マーリーが音楽でジャマイカと世界を変えた。伝説のミュージシャン
KuBi

KuBiの感想・評価

4.0
レゲエの神様!
悲しみを知ってるからこそ、書ける歌詞!ボブ・マーリーの曲を聴きたくなった
>|