シャウト・アウトの作品情報・感想・評価

「シャウト・アウト」に投稿された感想・評価

(ノ゚0゚)ノ~ロニー~叫ぶと弟は必ずやってくる!!
こんにちは、さるやんです。
最近の映画はとかく上映時間が2時間超えのが多くなりましたね。
最後の決闘裁判153分
007 NTTD 164分
デューン砂の惑星 155分
エターナルズ 156分
リスペクト 146分
ドライブ・マイ・カー179分
そしてもちろんインド映画なので今作も145分と長めです。
簡単に内容を説明させていただくと
警察官だった父親の意思を次腕っぷしは弱いが正義感が強い兄ヴィクラムを、破天荒だがめっぽう強く自分のことよりも兄が心配なロニーがピンチに現れて助けるという単純明快なアクションです。
ロニーがなぜ強いか?という説明はまったくありません。たぶん、演じているタイガー・シュロフなので前田慶次にならって
『ふ…虎や狼が日々鍛錬などするかね
』や、『虎はなぜ強いと思う?もともと強いからよ!』的なだと思ってください。
序盤こそは恋愛を含めたご近所アクションコメディの体をなしてますが、
中盤から家族まるごと誘拐事件の謎をおっていくあたりから一気にきな臭くなってきます。
と、同時に自分の膀胱もいっきにきな臭くなってきます。
そうです、前記した上映時間の話がでてきます。みなさん、やはり上映時間が2時間超えるものの場合、トイレを危惧する方が多いと思うんです。自分の場合も年齢的に膀胱に柔軟性がなくなってトイレいったあとにまたすぐにいきたくなってしまうことが多のですよ。
なので念入りに上映前はトイレに行ってるんです。
先程書いた映画などはもちろん今作もでした。で、割とどの作品も難なく平気だったりします。
しかし、今作話が大きくなるにつれ尿意も大きくなってくるではありませんか。
ドライブ・マイ・カーでさえ平気だったのに!!なぜ??
考えてみると尿意を模様した映画、
バーフバリ 王の凱旋、W·A·R
どれもがインド映画もちろん上映時間が長い。ん?まてよインド映画の多くにあるものって…


そうです!ダンスシーンです。マサラダンス。昔は映画最中に突然踊りだすの変なの?プークスクス
とか思っていたのですが最近ダンスがないと物足りなかったりします。
しかもタイガー・シュロフのダンスは下半身の動きが見事なので思わず見ててスイングしちゃたりもします。
たぶん、それがよくない。左右の細かな揺れが振動となって膀胱を刺激してるんでしょうね。
しかし、話は盛り上がるいっぽう。
ある場面で敵の一味にこんな感じだったかな?ことを言われます。『我々を100人くらい、いや1000人くらいだと思うなよ。お前は国家規模の敵を相手にしてるんだぞ!!』
ロニー『それならその国ごと叩き潰すまでだ!』かっこいいですよね。
相手が巨大なテロ組織であることが判明、陰謀に巻き込まれ拉致された兄を救うためにその国に乗り込むロニー。苦心の末にパキスタン人のコソ泥の力をかりて兄が囚われてるアジトに乗り込む。
そこでは迫りくる武器を持ったあらくれたち、戦車、ヘリコプター爆発につぐ爆発。映画は大盛りあがり。さるやんの膀胱も爆発寸前。もうこうなったら映画終わるのが先か、膀胱が破裂するのが先か(我慢できなかったらトイレいきますけど)どちらが勝つか勝負だ。みたいな臨場感を味わえました。とにかくタイガー・シュロフの柔らかい体から繰り出される奇麗なキックや物量をふんだんにつかったアクションがみものでした。もちろんダンスも!
そして、最後まで見届けて、終わった瞬間お尻と力を込めてトイレにダッシュ
まあ、定番のスローモーションの多様などしつこいところも多いですが楽しめた作品でした。
yukiko

yukikoの感想・評価

3.9
そうはならんやろう⇄なっとるわ…の激しい反復横跳びの連続

「この物語はフィクションです」
と割りきって、どこを切り取っても舞踊のように完璧に美しいタイガーシュロフを堪能するのが良いと思います。

頼りなくて泣き虫なお兄ちゃん、だんだんかわいく見えてくる。

タイガーくんとジャッキーシュロフの親子共演にもグッときた。

何度も繰り返されるキメ台詞、字幕もよかった。

もう一回映画館で観たい。
nori007

nori007の感想・評価

3.0
この作品を見返すにあたって、一作目をおかわり後にもう一度見た。
一作目は格闘アクション映画としてとても素晴らしかった。

ただ何故か三作目の今作は、格闘アクションは抑え気味となっている。
弟のピンチにタイガーがかけつけるといったドラマがメインとなり、シリアのイスラム勢力に弟が拉致されたのをきっかけに、タイガーはシリアに向かい武装勢力と戦うという。。

どうもちょっと特殊な設定のため、ハマる人は少ないかもしれない。そう強烈なブラコンなのだ。しかも駄目弟のためには命をはります!みたいな。
格闘アクションとしても、敵の雑魚キャラを倒していく感じで強い敵が現れるわけでもない。

俺が思うにもう一度、シンプルな格闘アクションに戻してほしいと思う。
--------------------------
2021/04/05 00:06
3.0
いちおう三作目ではあるが、ストーリーの連続性はなくただただタイガーシュロフが出続けてるよ。といった感じ。
そして今回は1作目にも出演、サーホーにも出ていたシュラッダー・カプールが復活。

物語はとても仲のいい兄弟ロニーとヴィクラムは、子供の頃よりヴィクラムがピンチになるとロニーが颯爽と助けにやってきた。

やがてヴィクラムは仕事でシリアへ向かうがテロリストに捕まってしまう。そこでロニーは大激怒。シリアの武装テロリストを相手に戦うこととなる。

ラストはヘリや戦車とも戦うという盛りだくさん。インドのランボーとも言われるがランボーよりもエンタメに特化してると思う。もちろんダンスもある。

ただ若干ストーリーに盛り上がりが欠けたかな。
ahoy

ahoyの感想・評価

5.0
原題は「baaghi 3」baaghiシリーズの3作目ではあるが、前作との繋がりは無し。

アクションもストーリーもぶっ飛び!!
そうはならないでしょ!が続いて面白かった。特にクライマックスのアクションシーンは強さが異常で人間では無い。アメコミヒーローより強いのでは?! 何メートルもジャンプするロニーは今回は一般人なの? ニート?
でもこういうのが観たかったんだよ!!!! ヘリや戦車と生身で戦うのがかっこいい!!!!

前半は案外笑えるシーンもあり、特盛の兄弟愛、そして敵は非情なテロリストというマサラ案件。いつかマサラ上映が出来る様になったら「ロニー」!!!!って叫びたいし、登場したらクラッカーと紙吹雪🎉を是非🙏

倫理的にあれはどうなの?ってところもあるもののメッセージ性もあり。

開脚戦車下滑りとか開脚蹴りや背後蹴り等、タイガーシュロフの身体の柔らかさとあのムキムキ筋肉はすごい。今作はダンスガッツリではなかったけど、ダンスも出来るアクションスターの可能性は無限大だし、制作スタッフもアイデアが油田すぎるし、何より彼の魅力がたっぷりで愛を感じるシリーズだ。

初見時はお兄ちゃんが名前を呼ぶと駆けつけてくるスーパーサイヤ人なロニーに脳味噌の領域をかなり持ってかれてしまいましたが、2回目の鑑賞時は魅力的なキャラクター達にも注目出来た。
とんでも展開と、流石にやり過ぎ感がすごくていろんな意味で圧倒されました。笑
そしてタイガー・シュロフの肉体とんでもなかった!!あの人ほんとどうなってるんだろ。
インド映画版の初期ランボー的アクション映画。

警察の息子兄弟は大の仲良し。弱い兄貴のピンチを助けに、弟のロニーはいつも一目散駆けつける。
やがて、大きくなり、職務中の事故で命を落とした父に代わり、兄が警官なることに。
そして、警官となった兄のピンチにも弟のロニーは駆けつけるのだった。


タイガー・シュロフの主演映画。くわえて、父のジャッキー・シュロフとも微妙に共演していて、本国興行収入も高かったので観たかった一作。


やばい、久しぶりよ、こういう破天荒なインド映画は。
とにかくとことんなまでの肉体派かつ肉体美。

インド映画版ランボーと言ったが、ランボーなら銃やナイフなどを使うところを、あえて肉体で戦うストロングスタイル。


普通、戦車来たら銃使うでしょ。
ヘリコプター相手に素手で戦わないでしょ。
戦うんですよ、ロニーは笑。
勿論全く使わない訳でないけど、一番はキャプテン・アメリカのシールドという。


殴り方もランボーなら荒々しいところを、カンフーと体操で鍛えた秀麗な戦い。
蹴りが美しい。
前後開脚で回避。
伸身で飛び込み着地。


こういう映画を待ち望んでました。
気になってた「のむコレ‘21」のインド映画、🔊BOOST SOUND上映決定に肩を押されて最終日に鑑賞。

自分の痛みなら耐えられるが...

桁違いに強い兄弟愛とスローモーションバリバリの格闘、歌と踊りまで力技で、シリアまで行っちゃう怒涛の展開。人種問題やテロも織り交ぜて、もうお腹いっぱいです。

インド映画と🔊BOOST SOUNDとの相性は抜群で、踊りも爆破もめちゃアガった。派手なエンドロールが嬉しい。デカいスクリーンと重低音、何も考えずに楽しめました。
じょー

じょーの感想・評価

4.2
心優しい兄と腕っぷしが強い弟の話。シリアのテロリスト集団と戦う展開になるのだけど、とにかくアクションが凄まじい。戦車やヘリに肉体のみで立ち向かう弟くん…!針が完全に振り切れてます。インド映画定番のダンスシーンもあり、エンタメてんこ盛りムービーでした。
みんな大好きタイガー・シュロフのアクションシリーズ第三弾!

お兄ちゃんを救う為にシリアのテロ組織と一人でドンパチするおはなし

全編タイガー・シュロフの魅力が炸裂しまくっている超娯楽作!
キレッキレのダンスに格闘アクションはもちろん、命乞いをするタイガーシュロフも見れます

楽しいミュージカルシーンやアホなギャグシーンの間に街中で人間が燃やされたり
自爆攻撃を強要されたり、エグい展開もしっかりあるのが素敵

後半の荒唐無稽過ぎるアクションシーンは本当に最高でアクション映画史に残るくらい無茶苦茶なんだけど
キメ顔のタイガーシュロフを観るとそんな野暮なツッコミは秒殺されるのでアクションファンは絶対に観ましょう

欲を言うならボスや中ボスをもっとボコボコにして欲しかったかな

とにかく必見!
夢の夢

夢の夢の感想・評価

4.5
かっっっっこ良かった…!!!!!
だから『敵の前に謎の風に吹かれながらスローモーションで登場するヒーロー』の演出が大好きなんだってば!!
墜落したヘリが折り重なって塔の様になったてっぺんに佇むヒーローとか大っ好きだよ!!
賊の倒し方、アクション、全部かっこ良かった…っ。
脚本もめっちゃ良かった!
超絶ブラコン兄弟が裏と表になり賊をやっつける警察映画かと思いきや、後半の『大切なものを奪われ虐げられ、搾取される苦しみは、人種問わず同じだろ』というメッセージが本当強くて最高なんだわ…。
いや、主演のタイガー・シュロフすごかった。どんな鍛え方したらあんな完璧ボディになるんだよ…。
上映時間145分と長いけど、あっという間だった。
かっこ良かった!!
>|

あなたにおすすめの記事