友へ チングの作品情報・感想・評価・動画配信

『友へ チング』に投稿された感想・評価

任侠映画かと思ったけど、違った。チング(親旧)っていう宿命に生きた男達の物語。高校生同士で戦うところとか、超ド級の迫力。チャンドンゴンの目力もハンパない!
lalaco

lalacoの感想・評価

3.9
Amazon課金。よくあるような普通のストーリー展開だったのにとても引き込まれた。これがよくできているということなんだろう。刺身包丁かスエーデン製かぁ。
JaJa

JaJaの感想・評価

3.2
人を殺すにはどんな包丁がいいのか、最適な刺す場所と刺し方はどういうふうかと一生使わない禍々しい知識を仕入れてしまった。
敵対するヤクザ組織に入ってしまったらいくら幼馴染みでもこうなってしまうよね。
ウフ

ウフの感想・評価

3.9
ユ・オソンは優しい鈴木亮平のよう。チャン・ドンゴン、死ぬ時まで華があるなぁ…
真矢

真矢の感想・評価

3.5

レンタル店に行く度に
タイトルで目が止まってた
気になってた映画

かつ「泣く男」からの
チャン・ドンゴン関連

彼は危ない奴の目の演技が上手いと
この作品でも思った。

少年時代の絆作りの過去に

>>続きを読む
john

johnの感想・評価

3.0
「遠くへ来すぎたよ、早く戻ろう」

戻れるものなら、戻りたい
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

2.9

 釜山の4人の子どもが成長する中で悲劇が襲う。

 背景には90年代の犯罪との戦争がある。名作と名高いらしいが、10年代の今見るとそんなに特別面白くない。
 むきだしの暴力、犯罪の中にいる人々の心の…

>>続きを読む

友愛と人情が最優先される演出で、ヤクザ映画の雰囲気は薄めだったのが幸い。
むしろ前半に登場する暴力教師の方が、極悪に見える。
大ヒットも頷けるわかりやすい脚本だが保守的な作風でなく、撮影は軽快。
ま…

>>続きを読む
し

しの感想・評価

4.0
友情とは、友とは何かと考えさせられた。
この時代の韓国についても調べたくなった👀
サガン

サガンの感想・評価

3.9

◆快進撃する韓国映画の黎明期◆
名作との記事を読んだので。
2001年の作品で、この頃から韓国映画の快進撃がスタートしたよう。

70年代、釜山の少年4人組の人生。
少年時代~青春時代の屈託のない仲…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事