マーリの作品情報・感想・評価

「マーリ」に投稿された感想・評価

ezu

ezuの感想・評価

4.5
紹介ソングで「心があるのか」など既に散々な言われ様の鳩を愛する極道マーリの爽やかコメディ。
住民からみかじめ料をとってやりたい放題な主人公の非道を上回る非道にだんだん感覚が麻痺してきますね!後味もスッキリ!
この映画が見られず何度もしょぼくれていたので見られて本当によかったです!
かくわ

かくわの感想・評価

3.0
動物好きな人に悪い人はいないとうお話。

『無職の大卒』のダヌシュ主演作。
いかにもうさんくらい口髭が意外と似合う(笑)

正直なところちょっと長いと感じてしまったところもあるけど、歌やダンスもかっこよかった。

--------あらすじ
チェンナイの下町に住むマーリは、身寄りなく育った若者。8年ほど前から土地を仕切る極道として皆に恐れられるようになっている。彼は鳩レースに入れ込んでおり、鳩の前では柔和な一面も見せる。そんな彼の前に、新しく地区の担当になったアルジュン警部とブティック経営者のシュリーが登場し、波乱が起こる。ダヌシュ(無職の大卒)のダンスも見どころ。
IMW公式HPより--------

タミル語
字幕翻訳:加藤豊

2021-221-153

このレビューはネタバレを含みます

IMW2021
ダヌシュのキレッキレダンスが楽しい。
ヒロインの衣装も可愛い。
最後まで善人になりきらずヒロインに靡かないところが良かった。
しかし結局街の秩序が守られてもみかじめ料払わないといけない極道に惚れるヒロインちょっとわからない…
IMWJ2021④
「無職の大卒」のダヌシュ作品!
鳩🕊を愛し鳩🕊に愛された男!マーリ!
無双!ダヌシュ無双!ひたすらダヌシュを堪能する作品。思わず、細っ!って言ってしまいそうな長い手足にキレキレの踊り!メチャクチャカッコイイです😆そして序盤とエンドロールでやってくれる群舞がサイコーだった!定番ながらもコレだからインド作品を観るのやめられないなぁ、と思わせてくれる多幸感!観ていて本当に楽しい!
ただ、ダヌシュさん、ツッコミどころもあって、それは格闘シーンでのフォームのダサさ。ミドルキックとか、本当はそんな風には蹴らないんですよねー(苦笑)これは「無職の大卒」を観ていた時にも感じていたところで、そう言えば、そうだった!って思い出しました😅でもヤラれる雑魚の皆さんのヤラれっぷりがイイ!😆基本身体をクルッとローリングさせて跳んで倒れるとか、ガラス戸や壁に吹っ飛ばされるにしても、イヤイヤ、明らかに自分からそっちに向かって行ってますやん!っていうのがミエミエで笑えてしょうがない😆ラストバトルでの得物の丸太とか、無限に持ち替えて増えていくし!でも、そこがイイ!
内容的には、極道モノ、いわゆるヤ○ザモノなので、街のみんなからみかじめ料を徴収したり、客を脅したり、言うこと聞かないヤツには暴力を振るったりと、あまり気分のイイものではなかったりする。でもマーリのキャラ設定的に偽悪者だったり、男同士でツルむの最高!女なんて要らない!みたいな側面があってジャンプ漫画に出てきそうな不良というか、中二的マインドに溢れていたりする。まぁ何しろ、鳩🕊を殺しては絶対にいけない!っていうこと😳
今作でも劇伴、挿入歌がメチャクチャカッコ良い!イントロからカッコ良くて、かかる度に
キター♪───O(≧∇≦)O────♪
ってなります😆
そして今作でも
♬マーリー!♬マーリー!
ってクセになるメロディを口ずさみながら帰りました😆
まり

まりの感想・評価

3.5
こんなに共感できない主役もめずらしいですが、だんだん好きになってるくるから不思議なもんです。ダヘ!
mewmew

mewmewの感想・評価

3.0
今季いちばん楽しみにしてた一本。

ただのハト好き❤️(な、チンピラ)によるスカッと系。
最後、2羽の鳩を伴って敵陣に乗り込んで行くとこ好き❤️
だけど、ダヌーシュのダンスもうちょっと観たかったな〜。(少なめ)

インディアンムービーウィーク2021 パート2

このレビューはネタバレを含みます

いやいや人情もあるし、恋愛に弱くてかわいい所あるし、人間味は溢れてるけど、みかじめ料しっかり取るし、逆らったら怖いし、結局、極道は極道だよね?

なーんて思ったりもしたけど、そこはインド映画。

細かい事考えたらダメだっ。
って事でひたすら楽しみました。

なによりもダヌシュのダンスがいい。

ヴィジャイの映画でもそうだけど、ダヌシュの映画も振付が変に欧米要素が入ってたりしなくて、ザ!タミル振付!という感じで見ていると興奮する。

タミル映画があのテイストのダンスを絶対に失って欲しくないなぁ。

ダヌシュを満喫できた映画でした!

#IMW2021パート2 にて鑑賞。
sasha2021

sasha2021の感想・評価

4.0
平和の象徴鳩を愛する極道マーリ🕶🕊🐦✨マーリの登場歌かっこよすぎる!ボリウッドの名だたるヒーローたちの登場歌で一番好きかも。鬱も吹き飛ぶ破壊力💪ダヘッダベッだだだだだっだーマーリ!🔥ダヌーシュがかっこよくてグラサンかけたらジョニーデップに見える!ただ悪人警部と顔似すぎてて時々混乱😂
中身も男前すぎる😂女はいらねぇ、鳩と酒と仲間が居れば充分的なスタンスめっちゃ好き!
悪人警部動物の命を奪うのは反則すぎる😠やり方もめっちゃ卑怯だし、マーリ可哀想やった。。最後の丸太を片手にありえないくらいのぶっ飛ばし方が爽快!やりすぎくらいのオーバーアクションが素敵💕
鳩レース好きの親分の元で、鳩飼育係として働くマーリ。
鳩を殺したということで、その時のシマのトップを殺したという黒い噂がある。
その時から、そのシマを牛耳る極道としての頭角を表し、今では逆らうものがいないほど。
そこに、新たに赴任してきた警官が現れ、波乱が巻き起こる。



春のIMWで観られなかったので、この機会に鑑賞。
飛ぶ鳥とを落とす勢いのダヌシュということで、観るほか無い。


ダヌシュ演じる極道がめちゃくちゃ悪くて、暴力も振るうし、みかじめ料もとるし、あげく店の共同経営者として客を脅す始末。
マジでクソ野郎なのだが、
不良が雨に濡れた子犬を助けていると、良いやつに見えてくる理論をふんだんに使って視聴者の心を揺さぶってくる。

あれ、良い奴なんじゃね??
という締めになりますが、私は普通にクソ野郎だと思います笑笑。


ただ、踊りもすごいし、南インド的なバイオレンスたっぷりの感じ。
音楽もノリが良いという、なんだかんだで良い映画に仕上がってるのが素晴らしい。
alabama

alabamaの感想・評価

3.7
鳩を愛し鳩に愛される”男”マーリ!
細身なポキポキした感じでベロ出し&シャツの裾チラチラダンス(ムキムキインド映画の中で新鮮)。初端から、このダンスで心を鷲づかみされます。細身にサングラスのワルってのがチンピラ感ありますね。
そんな彼には、紫煙と登場の度に流れるデスメタル的なテーマがとても似合う、というか、この音使いで違和感を感じさせないインド映画の凄さよ。
ボスのもと彼が仕切る町に、ブティック(あくまでも服屋では無くオシャレ呼名で)を開く美女が転入してきたことと、マーリの過去の殺人疑惑を追及する警部アルジュンが現れたことで話は大きく展開して行きます。
ワルだけど、話が進むに連れて彼の良い意味での裏の顔として、義理人情のある下町のヒーロー(?)マーリが現れてきます。(とガキ大将の子分的なキャラ2人との仲良しコンビがいい)。
でも、やってる事はワルですが。
鳩への怒りが爆発する、ラストの木材アクションは必見ですね。

明日からは、ベランダにやって来る鳩と仲良くやれそうな気がします。
>|

あなたにおすすめの記事