極秘部隊シャドウ・ウルフの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「極秘部隊シャドウ・ウルフ」に投稿された感想・評価

ネイティブ・アメリカン兵士による極秘部隊が国を守る戦いに挑むアクション。小型核兵器をアメリカに持ち込み爆破させるテロ計画の阻止を命じられた敏腕エージェントのショー。彼は国境線を守る特殊部隊と共に戦いに赴く。
出演:コディ・ウォーカー/グレアム・グリーン/シボンギル・ミランボ/ルイーズ・ロンバード。

どうしても、極秘部隊とか特殊部隊のタイトルに引かれてしまいます。

ストーリーが訳が分かりません。演出も酷いものです。何故そう言う展開になるのか。どうしてネイティブなのか。全く分かりません。
味方の組織の関連性も説明が無く、全く分かりません。
キャストにも魅了が無く、とっても残念な作品でした!

#1140
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

-
ホッチがハマり役。
お爺ちゃんが職場のお爺ちゃんに見えてしょうがない
ムトゥ

ムトゥの感想・評価

1.5
失敗した連ドラのパイロット版といった感じ。アクション映画にしては戦闘シーンが少なすぎる。
gou

gouの感想・評価

2.5
故ポール・ウォーカーの弟、コーディが主役級。

クリマイのトーマス・ギブソンの秘書がサービスショット要員か。

話はよく分からない。悪役野放しだし。
「クリミナル・マインド」ホッチ役トーマス・ギブソンが出てる!
って借りたら、総出演時間5分も無かったアクション映画

極秘部隊が極秘に頑張る!
という、よくある作品。

キャラクタが個性的ぽいのに、細かく描いてくれないのが惜しい。
イケメンムキムキ上半身裸エプロン料理上手とか最高なのになぁ~( ´∀`)



国家安全保障省のブランソン大佐(トーマス・ギブソン)。

ナバホ族などで構成された男女5人の極秘部隊"シャドウ・ウルフ"に、放射性爆弾によるテロを阻止せよと命じた。

さらに自分の部下も投入して捜査を開始するのだが……



KISS THE COOK !!

上半身裸エプロンとか眼鏡ミニスカとか、無駄なサービスシーンが豊富(笑)

あとはナバホ族の神様か何かがボヤっと出現したりしてましたw

銃撃戦、素手喧嘩もあり。
が、薬莢は微妙。
セミオートでは出るけどフルオートでは出てないのかな?

プロなのに弾切れなのに気付かず、相手に向かってカチカチするシーンがあったのですが…
いやいや、素人か??
ダサいわぁ~ドン引きだわぁ~…

アメリカとイギリスと極秘部隊とISIS。
それらのゴタゴタの繋げ方が下手くそで、いまいちよく分からないのは残念でした。

アクションがこの程度のクオリティならば、せめてキャラクタ1人1人をもっと丁寧に描写して欲しかったです!