セブンの作品情報・感想・評価・動画配信

セブン1995年製作の映画)

Se7en/Seven

上映日:1996年01月27日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

「セブン」に投稿された感想・評価

最後展開は読めたけどそれでも胸糞悪かった。ブラピがかっこいい

このレビューはネタバレを含みます

「腐った世界に生まれてくる子どもがかわいそう」
って台詞と
「生まれて来る前に死んだ」
っていう事実と
幸せがなんだかわからなくなった
モーガン・フリーマンが大好きなのと、父の「これはトラウマになるよ」という煽りもあって

結論から言うと、恐れていた程トラウマにはならない内容でした。ただ、本当に凄い映画ってポップコーン片手に鑑賞なんて出来ないんだなと。
隙が無く、演技がリアルなので本当に起こっている出来事ではないのかと錯覚してしまいそうでした。例えばミルズ刑事が廊下で椅子に座る際、邪魔な灰皿かポールをどけるシーンは自然過ぎてかえって印象に残りました。あとやっぱりモーガン・フリーマンの笑顔かわいい!
ラストの展開は途中で気づきましたが、観たくない観たくないの一心でしたね。本当に胸糞
やっぱりホラーよりサスペンスのほうが苦手だな

トラウマにはなりませんでしたが、1週間ほどスパゲティ食べれませんでした。
jiyo

jiyoの感想・評価

4.1
主役2人が揃って歩くシーン。正面から人が歩いてきて真ん中を通る。それに邪魔だなと感じながらセリフを喋るブラッドピット。そのシーンだけとっても演技なのに、この映画の中の世界に生きている人のように見える。
サイコパス、狂ったような演技、映画を観るのが好きで、観た時にどれくらい圧倒されたがで映画の満足度が変わってくる。
今回は頭の中の深く考えてきな所が異常的な演技。話し方は至って普通の人ともとれるが事件が異常であった。そういうただ異常的だから目がおかしかったり、暴言を吐きまくるようなパターンでない、一見普通そうな異常性も面白いなと思った。
脚本がとにかく上手い。銀残しという技法。していないパターンを観ていないから分からないが、とにかく淀んだ、何かが起こりそうな雰囲気を醸し出していた。
kio

kioの感想・評価

3.5
ケヴィン・スペイシーが怖い。
理性的で落ち着いた話し方なのに、微笑みから滲み出る狂気が尋常でない。

荒廃していて、常に陰鬱とした空気感の街がゴッサム・シティに見えた。
chappy

chappyの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

世界中のサイコホラー映画マニア達を虜にしてきた名作。
この映画内において起こる事件は七つの大罪を軸としているのだが、キリスト教が唱える"堕落した人間が犯す罪"としてこじつけなどでは無く一つ一つ描かれていたので、心地よく作品に入り込めたのが良かった。
ただ、内容は心地よいという言葉からは最も遠いものである。しかし、この映画の最大の魅力でもあるのがこのような内容の脚本なのである。"映画の終わり方"は例えどんなにその前が良くてもその"オチ"が悪ければ全体的な評価は必ずしもと断言してもいいほど下がってしまう。逆もまた然りである。この観点から見るに、この映画の"終わり方"は観客の期待や思考を良い意味で裏切り、それまで辿ってきたストーリーを埋める最後のピースとしての役割を果たし、そして、どんでん返しによって観客を驚かせ楽しませている。正に最適解なのである。
キャストもブラッド・ピットとモーガン・フリーマンとこの映画に最もふさわしい二人であり、ラストシーンの二人の会話ではとても胸が痛くなった。
サマセットがまだ相棒でいさせてくれって言う朝から、それまで雨だった街が晴れるのに、そこからの展開が晴れとは正反対
まあまあグロいなシーンがあったけど
ラストが衝撃的すぎてしばらく開いた口が塞がらなかった
うん、辛くてキツイ
Kiriko

Kirikoの感想・評価

3.5
Amazonprimeにて視聴。
むっっっなくそ悪い映画だった笑(褒め言葉です)
なんか最初のOPも印象的だった。WOWOWでドラマ観てるんじゃないか?みたいな感覚に襲われた。


高校の世界史の授業でダンテの神曲や、カンタベリー物語とか名前は聞いたことはあったけれど内容までは全然分からんかったから、今回を機に読んでみたい感が出てきた。
やっぱ、全部見終わった後も映画というよりかはなんか殺人ドラマを見ているような感じだったな… ちょっと変な感じ。2時間でこれをどう納めるのかハラハラドキドキしたというよりかはなんだか淡々と見てしまった…(最後以外) おそらく、被害者がほぼ全員なんの人物背景の描写も無く惨殺されていったからだと思う。別にこれは映画の伝えたいことでも無いから、背景描写の不足を非難しているわけではない。あと個人的なキリスト教的「罪」に対する知識不足。

最後の2つの大罪について。正直、ミルズとサマセット二人だけ呼び出す時点で私はこの二人を最後の犠牲者にするんじゃないかと思っていた。だから届けられた箱はなんか2人を殺す爆弾か何かだと思っていた。でも「blood…?」とサマセットが呟いてあぁ、妻かと気づいた。爆弾以上にむごいことするね。そして最後、純粋無垢のミルズが耐えに耐えまくって最後に犯人を撃ったシーンは衝撃的だった。そして一度撃ったらその後に何発も打ち込んでいた。まさに憤怒の大罪を背負った描写はとても印象的だった。


そして、いや、モーガンフリーマン映画出過ぎだろ…wってなった。本当に偶然だけど今月、彼の出ている映画を観るのはおそらく4,5本目くらいになるので。

この映画はまさに“人には理解されにくい結末であるが認めざるを得なくなる”ものでした。
さ

さの感想・評価

4.7
ブラッドピットはめっちゃ若いけど、モーガンフリーマンは今と変わらない……
素晴らしすぎるラストだった
>|