ダーティハリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ダーティハリー1971年製作の映画)

Dirty Harry

上映日:1972年02月26日

製作国:

上映時間:103分

3.7

「ダーティハリー」に投稿された感想・評価

Nakao

Nakaoの感想・評価

3.7
アメリカンニューシネマの傑作。

犯人の面構えがマジでクソ野郎な人相なのでキャラハン刑事の気持ちも納得。
午後ロードなのであまり期待してませんでした(笑)が、意外と面白かったです。

悪役を追うシーンは基本緊張感がありました。

悪役も結構脅威的でした。結構サイコな発想が多かったです。

主人公のハリーのキャラも好きでした。
かなり毒舌だけどカッコいい(笑)。

まあそれ以外のキャラクターは弱いけど、すごい面白いのでオススメです!

配点:8/10
志麻凛

志麻凛の感想・評価

3.6
新しいバディと共に突き進め

~Memo~
午後ローにて録画視聴

□率直な感想□
イーストウッドさんの演技
やっぱり好き!

□内容□
・『ペイルライダー』では西部劇に馴染み、『ルーキー』ではバディとの連携っぷりが炸裂していて、今作の『ダーティハリー』では自分自身で目の前の敵に向かおうとする姿が見られて、多分だけどどのような作品でも馴染みそうですね

・ナイフを脚に粘着テープで括り付けるシーン、今はそのようなものの為に専用の器具的な物があるが1971年辺りには多分無かったのかな?その代わりに、今作であったような方法を採る事でより良い印象を見ている側に与えていました。

□最後に□
イーストウッドさんの映画をもっと見たいと思いました!運び屋や夕陽のガンマンなど
こういう話、アメリカでも人気になるんやな。クリント・イーストウッドさんの若かりし頃初めてみた気がする。イケメン。
あんなに黒って皆分かってても逮捕できないもんなんだな...。
最後、なんかもやっと感が残った。
ニック

ニックの感想・評価

3.5
自分にとってクリント・イーストウッドといえばダーティハリー。古い映画なので、全編暗め。時代を感じる。この映画で44マグナム知ったんだよな
サンフランシスコ市警殺人課のハリー・キャラハン刑事と精神異常の連続殺人犯"スコーピオン(さそり)"との対決を描いたアクション映画。
クリント・イーストウッドをスーパースターに押し上げた「ダーティハリー」シリーズ第1弾で、ドン・シーゲル監督の代表作。
原題: Dirty Harry

プールで女性が屋上から狙撃され死亡する事件が発生。
"スコーピオン"と名乗る犯人(アンディ・ロビンソン)は、「10万ドルを支払わなければ、次の犠牲者を出す」とニューヨーク市に警告する。
殺人課の刑事ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)と相棒チコが捜査にあたるが、第2の殺人、少女の誘拐、バスジャックと立て続けに事件が……。 

凶悪犯人なのに、法に従わないと逮捕できないという法の不備に我慢できないハリーは、最後……。

「考えてるな?撃ったのは6発?
まだ5発?よく考えろ。
……
賭けてみるか"今日はツイてるか?"どうなんだクソ野郎!」
"I know what you're thinking. Did he fire six or only five ?
……
you've got to ask one question:"do I feel lucky ? " Well, do ya, punk ?"

"ダーティー"な(汚い)仕事ばかり振られ、犯人逮捕のためには上司の命令も法律も無視し暴力も辞さない"ダーティー・ヒーロー"、「フレンチコネクション」でジーン・ハックマンが演じたポパイ刑事とは違うアンチ・ヒーローの誕生。
john

johnの感想・評価

2.9
過去鑑賞

えっ? 50年も前?
お金の受け渡しに公衆電話をあちこちとか、スポットがスタジアム(日本のドラマはだいたい野球場だが)とか、よく見かけるヤツ。
ぜんぜんダーティに思えず、周りの方が余程ダーティ

だけど、ラストはカッコいい。

「you've got to ask yourself one question "Do I feel lucky?" Well do ya, punk!」
「賭けてみるか、“今日はツイてるか?”どうなんだクソ野郎!」
テレビの見たよ📺☺️🍄
時代を感じるね
なんか映画てより刑事ドラマて感じでなんかよく分からなかった🛌😷
朝田

朝田の感想・評価

-
何度見ても完璧な映画。ショットがこんなに美しい刑事映画は中々無い。ラストの複雑なロケーションを生かした銃撃戦は何度見てもブチ上がる。
ぎぎぎ

ぎぎぎの感想・評価

2.0
グラン・トリノと同じくらいノレなかったんだった。今観たら違うだろうか
>|