ダーティハリーの作品情報・感想・評価

ダーティハリー1971年製作の映画)

DIRTY HARRY

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.7

「ダーティハリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

サンフランシスコ市警で汚れ仕事ばかりさせられる、若干問題児なハリーキャラハン刑部を描いた本作を鑑賞。クリントイーストウッド映画は好きなものが多いが、初レビューかな?

😡『じゃあ法律がおかしいんです!』
本作の面白さはハリーの破天荒さにあり!彼の発する一言一言に効く渋さ、ユーモア、破天荒さを楽しむことができた。

楽しんだのは間違いないが、率直な感想はこうだ。

😐タメが長い !
保身からか、かなり慎重派の上司たち。そのせいで異常者サソリに好き放題ヤラレっぱなしなのでストレスが溜まる。まあそれを解放するのがハリーとの一騎打ち、そして序盤に回帰するあのセリフなのだが…。100分のうち90分はタメで、それがドバッとラスト10分で解放される感じ。故に鑑賞中の体感時間はかなり長く感じちゃう。

以前『プラダを着た悪魔』のレビューに記載したが、フラストレーションを徐々に徐々に汲み取る作品の方が私は好き👗。全く毛色の違う2つの映画であるが、作品を楽しむためのルーツがこの"タメ"にあると考えると、興味深い。

👅吹き替えとBDについて
私が今回鑑賞したのは、ルパンでおなじみの山田康夫さん吹き替えのBDだが、時々勝手にオリジナル音声に切り替わる。決して故障ではなく、テレビ放送等ではカットされたシーンが差し変わっているのだろう。そんなシーンをここにメモしておく。
・序盤、病院で治療をしてもらうシーン
・チコと車で移動し、スーツケースを持った関係ない男を追うシーン
序盤に立て続けに切り替わるため幸先不安になるが、ほとんどは大丈夫。

💣描写も結構ダーティ
痛々しいシーンが多い。子供に暴力も振るう。🎵ランランランラン川下りぃ"ぃ"!!
またお下品なヌードやいたたまれないヌードもあり。街の汚れを見過ぎちまったぜ…。


総評
たまーに観たくなる娯楽映画。色々書いたが、結局イーストウッドに魅了されてるんだろうな。
さて、警察バッヂを捨てる哀愁漂うラストで割と綺麗に終わったのだが…まだまだ続くぞ。週一ペースで観られたらいいな。


あらすじ
🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟
サンフランシスコ市警に異常者サソリから脅迫文が届いた。その事件の担当となったのがなにかとダーティーな仕事ばかり押し付けられる問題児ハリーキャラハン。

彼は新たな相棒チコとともに捜査を続けるも、卑劣な手ばかり使うサソリと、慎重すぎて言いなりばかりになる上層部に振り回され、捜査は難航。

一度は追い詰め、サソリに致命傷を与えるも、なかなか逮捕に至らない。怒り爆発し、辞職も厭わないという覚悟を持ったハリーは、ジャックされたスクールバスでサソリとの決着をつける。
🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟
NFL

NFLの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

汚れ仕事が専門の刑事のヒューマンドラマ。観終わって気付いたが、真昼の死闘の監督なのね。

若き頃のイーストウッド、カッケェっす。
71年なのに非常に古く感じる映画だった。脚本のせいか撮り方のせいか。撮り方(カメラワーク)が微妙で、退屈だった。脚本もテンポは佳いんだけど、王道ものすぎてな。
複数人の脚本は佳くないとエ◯ゲ界隈でも言われてるし。悪役ももっとサイコパスだったら佳かったなぁ。人権だのほざき出して興醒めした。

韓国映画を観ていれば判るが、イーストウッドと相棒以外韓国の警察並みに無能でストレスが溜まる。事件が起きてからじゃ遅いんだよ。法がどうとか知らん。犯罪者は犯罪者に変わりはないのだから。鉄槌を下すのは正しい。
ハリー、アンタの行動は正しかったよ。
アクション映画っぽい胸糞スリラー

悪役がジョーカー並みにおもろい
メモ
やはりクリント・イーストウッドは格好良い。思ったよりも泥臭い暗い雰囲気の映画だった。最後のガンアクションは必見。
mn

mnの感想・評価

-
位置関係の話を聞くとそればかり頭に入ってきて、全て計算されたとか聞くとさらにそれで頭いっぱいで純粋に見られへんかったけど、やっぱり有名なセリフのシーンは釘付けになるしクリントイーストウッドかっこいい、、、、

この映画にとって車ってなんだったんだろう
YOSHIEMON

YOSHIEMONの感想・評価

4.0
1番好きな声優である山田康雄さん目的で観た‼

正直な話山田さんとイーストウッドの声質は全く違うと思う笑 なのにここまでしっくり来るのはちょっと怖い。
ある声優さんが言っていたが当時は今のように事前に映像を見て練習が出来ず、現場で直ぐに収録をするという形になるらしい。それでこの演技は声優から見てもかなり凄いらしい。

勿論ストーリーも面白いです^ ^
myco

mycoの感想・評価

-
イーストウッドの監督デビュー作恐怖のメロディと同じ1971年の作品!

大好きなサンフランシスコが舞台なのと、監督のドンシーゲルが映画の中の看板に、恐怖のメロディの原題「Play Misty For Me」って書いたらしいのを知って鑑賞。
こういう裏話を知ってから観るのも楽しい!
そして犯人のスコルピオのモデルはゾディアックらしく、なるほど納得。

一匹狼な刑事役のイーストウッド、素敵っす!
シリーズ5作コンプリートしよう。
‪孤高の刑事が異常殺人鬼を追うクライムムービー。当時の法に縛られた刑事の生きにくさ、やりきれなさをクリント・イーストウッドが演じた今作は、正義の所在を観客に問い掛けます。寡黙にマグナムで凶悪犯を追い詰める彼の、遠くを見つめる表情が印象的な映画でした。‬
クリントイーストウッドがカッコ良すぎる。ドンシーゲルの撮影方法も特徴的だ。丸い銃のフィルター視点の映像、四角いプール、といった定型的画角も綺麗だ。
ルー

ルーの感想・評価

4.5
最高に面白く、最高の演出.
この時代もだいすき!
ホットドックを口に頬張りながら拳銃向けて名台詞がカッコ良い.
「考えてるな 弾が残っているかどうか 実は俺にも分からないんだ だがこれは特製大型拳銃だ 脳ミソが吹っ飛ぶ」
バーガーショップにはイーストウッド初監督作品「play misty for me」が上映されていてユニークな演出.

自殺願望で騒ぐ男性にもヒニク混じりの救助、スコーピオン相手に立ち向かう姿が一匹狼でカッコ良かった.
>|