ダーティハリーの作品情報・感想・評価

ダーティハリー1971年製作の映画)

DIRTY HARRY

製作国:

上映時間:103分

ジャンル:

3.8

「ダーティハリー」に投稿された感想・評価

40年以上も前なのにすでにイーストウッドはイカしたおじさま。

でも彼の走る姿ってそんなにカッコいいもんじゃない。いつもはよく当たる銃のウデが今回はそうでないように、結構みっともなかったりする。
他にも浮浪者に難癖つけられて殴られたりと...変わったフェチをお持ちな部分が、イーストウッド監督作品に似ていることに気づく。

ドンシーゲルさん
怪物を生み出してくれてありがとう。
Qota

Qotaの感想・評価

3.8
Uh uh. I know what you're thinking. "Did he fire six shots or only five?" Well to tell you the truth in all this excitement I kinda lost track myself. But being this is a .44 Magnum, the most powerful handgun in the world and would blow your head clean off, you've gotta ask yourself one question: "Do I feel lucky?" Well, do ya, punk?
最近は、悪人様にも事情が~的な作品が増えたが、ハリー・キャラハンは、理不尽な悪にはマグナムでズキューン。かっこいいね!!!

1回山田康雄氏の吹き替えで、見たい。

尺的にもスッキリしてて、素晴らしい作品だが、今だと大人の事情で作れないだろうなこういう作品。
しゅう

しゅうの感想・評価

4.1
昔から刑事ドラマ好きだったけど、これがその作品たちの原点かな?!と思った
飽きることなくのめり込んで観てしまった
散々子供の頃TVでやってたのにが親が観てた横でチラ見してたレベルでやっとちゃんと観た。これは子供の頃観てたら地味すぎて退屈だったろうな。超ハードボイルド。
粉雪

粉雪の感想・評価

4.0
マカロニウェスタンの次のクリントイーストウッドのイメージがハリー。マグナム44をぶっ放す型破りの刑事が半端なくかっこいい。シリーズが続くにつれ、惰性でつまらなくなっていった感があるので、初登場が1番ってことで。
クリント・イーストウッドがかなりカッコいい

セリフ一つ一つ言うことがカッコいい主役

今も昔もこのようなダーティーなヒーローに憧れるんですよ

本当にカッコいい

他の続編も楽しみです

2018/88
これぞダーティーハリー!名台詞のオンパレード!
吹き替えでも楽しめる作品
Michihiro

Michihiroの感想・評価

3.7
どこに向かってるのかが、わからないところがあったためか、スッキリ爽快って感じじゃない映画。それにしても警察の人員が少なすぎる気がする。
ああ良かったーちゃんとカッコよくて…。
今初めて観て、ダサく感じてしまったらどうしようかと思った。
自分はまだかろうじて決めゼリフの世代なんだなあと思った、シンボリックなカッコ良さってやっぱあるからね。

というかそういう事以前に普通に面白かったわ。

サンフランシスコを舞台に、ベトナム帰還兵の連続殺人犯とハリー・キャラハン刑事との攻防を描くアクション映画。

組織や規則の枠組みから外れたやり方で我が道を行くイーストウッド演じるハリー・キャラハン刑事がまさにダーティーなヒーロー。


全編にわたってラロ・シフリンの音楽が弾けてて作品に気分も乗って、すごい良かった。

ダーティーなヒーローとしての落とし前をつけるラストシーンの哀愁がすごい良かったんだけど、あれ?でもこれ続編あるんだよね?と思って若干困惑した。
だけど、まあ何か上手いこと繋げるんでしょうね。
>|