CURE キュアの作品情報・感想・評価

「CURE キュア」に投稿された感想・評価

Shiro

Shiroの感想・評価

3.6
とにかく暗ーいトーンの映画

「クリーピー」はわかりやすい内容だったけど、こちらは結構難解

それって万人に効くの?って疑問が残ります

ただ作品の雰囲気づくりは良かったです

この時から「でんでん」こんな感じやってたんだ

やっぱこんな役合うわー

自分は鑑賞後解説見て理解しましたが、1度見で理解できなくても、2度3度とみてみると新たな発見があるような深い映画でした
あ

あの感想・評価

5.0
詳しい事は多くは語られないけれど感覚で何となく理解したつもり。見る人によって解釈は異なるかも。
mnt

mntの感想・評価

4.2
ぞわぞわする。


生肉を壁にビッターンってするところが好きです(笑
Rosso

Rossoの感想・評価

3.4
萩原聖人の不快感すげえわ。
全編を通して静的なんだが一瞬たりとも気を抜けない緊張感っつうのかな、支配されてまいましたね。ええ。

説明しすぎないことが功を奏してますね、ラストも惨劇は見れなくても十分想像できちまうあたりな。
ん? え? っと一瞬フリーズしたあとぞわぞわぞわっと恐怖が襲ってくる感覚な。
CUREってタイトルも秀逸やろこれ。

俺たちのでんでん氏、1997年の時点で禿げ申してたんすね。
良い味出してたな〜

役者だとしかしながら主演の役所広司さんですね、好きだわ〜
渇き。にそれでもボクは〜 に続き最近視聴機会に恵まれてるが、本当に上手いなあ〜。
これは狐狼の血も期待せざるを得ませんよ。

話を戻してお話ですが所々不明な点も正直ありますね、結果“火”がキーなのか、冒頭の朗読はどこの伏線なのか...
作品を黒沢清を愛してやまない自信ニキに是非とも教えて頂きたく。
kaori

kaoriの感想・評価

4.0
面白い〜!
日本にこんな映画あるんだ。
催眠とか暗示とかチープになりそうだけど、ずっと不気味で先が読めない展開してくれた。

ラストにゾクゾク。
そういう意味なのね。
しっかり役所広司が罠にハマってる。
マインドコントロールにより連続殺人事件を引き起こす男と事件を追う刑事の行方を描いた話。

BGMや余計な演出を排した終始不安な雰囲気の中、説明しすぎないのが功を奏している作品だと思います。
ホラーとしてもサスペンスとしてもミステリーとしても色々考察しながら楽しめそうです。
萩原聖人の頭イっちゃってる感じと、それに翻弄される人たちの脆さも怖かったですけど、振り返ってみると役所広司が冒頭から危うかった気がしますね。
ストーリーは割と分かりやすいと思いますが、意味深な場面がちょくちょく散りばめられていたので、もう一度じっくり観たい。
授業にて鑑賞。

滝浪が熱く語ってたな。


ホラーはあんまり得意じゃないけど、
これは割と好き。
大猩々

大猩々の感想・評価

5.0
最高のホラー。
今まで観たどんなホラーよりも怖かった。
音楽やひとつひとつの音が蝕んでくる感覚で、苦しくなるほどに凄まじい。
家に帰った時の洗濯機のシーンとか恐怖でしかない。後半のうじきつよしの部屋での一幕は息が止まった。
冷静になって振り返ると「あんたは誰だ?」「何でそこにいる?」っていう問いが哲学的で、周りにいる誰よりも本質を突いている間宮。
それに対して警察本部長、登場するあのシーン、薄っぺらさが際立っていて、浅い部分で生きてるんだなと、自分もその一部になりつつあるなと実感。
間宮に自分の本音をぶつける主人公を見ると「CURE」っていう映画のタイトルが腑に落ちた。
何回も観たい気もするし、もう二度と観たくもない気もする、そんな素晴らしい映画でした。
これは何度観ても怖いです((( ;゚Д゚)))

役所広司も、萩原聖人も、そして何の前触れも無く殺人シーンが起こるのも

初めて観た後は頭の中が数分間変な感じになってパニックになりました...
リカオ

リカオの感想・評価

4.1
好き…って感じでした。
美しい萩原さん。美しい。
「あんた、誰?何?」って言われたい。

じめっとした生活感があって、かつ、えもいえぬ気味の悪さ!
「え、ちょっと待って」って感じに、巻き戻し巻き戻し観るのも面白いかも。

私は巻き戻しながら見て、最後はあ〜そうだよね〜って感じでそれも最高だったけど、ふつうに2回観るのも楽しいと思います。
お洋服も家具も可愛かった。役所さんの奥さまオカワ。
たまにグロいかもしれないから苦手な人は目を覆って〜!
>|