羊たちの沈黙の作品情報・感想・評価

羊たちの沈黙1990年製作の映画)

THE SILENCE OF THE LAMBS

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

「羊たちの沈黙」に投稿された感想・評価

上映当時ににも観てるけど、今観ても相当に震撼させられるサスペンスだなあ。
クレスタ博士の怪演が恐ろしい。
吹替えだからチラ見でいいかと思って観始めたけど、目が離せずガッツリ観てしまった。
グロいし怖すぎる〜
yo

yoの感想・評価

4.0
カメラワークとアンソニーホプキンスの演技に度肝を抜かれた。レクター博士の顔のアップは、表情が気持ち悪いくらいわかって怖いし、どうでもいい悪趣味な話をブッ込んでくるあたり、見ている側をイライラさせる天才である。とにかく不気味だしイライラするし、恐怖を感じた。
一寸先は闇の中のジョディフォスターの演技には感銘を受けた。
アンソニーホプキンスのレクター博士が最強
まるで自分と話してるかのようなカメラワーク
洗脳されそう
精神科医というものは怖い
一瞬の洞察力とハッタリとマインドコントロール
見習いたい
顔の皮を剥いでカポッとしてたのはヤラレタ
人間はどこまで異常になれるのか
カニバリズム
aya

ayaの感想・評価

4.8
公開当時はまだ子どもで意味がわからず、囚人がガヤる卑猥な言葉とか蛾から出る汁に身の毛がよだっていたことを鮮明に思い出した。
覚えている箇所とそうではない箇所がくっきりとわかれていて、「なぜこんな大事なところを覚えていない?」と自分で自分を不思議に思ったり、ぼんやりとしていた作品の記憶が穴埋めされていくようでとてもおもしろかった。

とにかくレクター博士に惹かれてやまない。
殺人を平然とやってのける凶悪人なのに、殺される人はみなゲスい人間として描くことで悪人どころか必殺仕事人くらいに思わせる演出はうまいよなあ。

タイトルにある「羊たち」は、クラリスだけじゃなくてレクター博士も、バッファロー・ビルも羊だ。
そして羊たちの「沈黙」とあるけど、この沈黙はレクター博士の言う「鳴き止む」とイコールなんだろうか?
沈黙と鳴き止む(=克服)は全然違うように思うのは私だけ?
沈黙と聞くと「神の思惑」であったり「意志薄弱」を感じさせられてしまうので檻を開けてやっても逃げようとしない羊たちのままに思えてしまうんだよなあ。。。
だからこそ羊たちの沈黙なのか。=羊たちは沈黙したまま=誰も克服できていない

続編を見ないと。
顔のアップが多い!

でもそれが
レクター博士の不気味な強さを
より加速させてる。

アンソニーホプキンスの
演技すごいな~。
よく、頭をずらして
手の甲を前に見せた立ち方を
考え付いたもんだ。。


レクター博士の
饒舌さと心理テクニックも面白い、
あれは相手に勝てる。
NAOKI

NAOKIの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2017笑ってはいけないで板尾がレクターやってましたね~😁

息子に説明するのが面倒なのでとにかくこの映画を観ろ…と。

自分でも見直したけどやはり問答無用の傑作だなぁ…。レクターの脱走劇のトリックはあっと声をあげたのを覚えてます💦

一番好きなシーンはレクターに会いに来たクラリスに資料を格子越しに渡すときに小指で小指を撫でるシーンです。見たこともない愛でありセックスなんだと思いました😁
せい

せいの感想・評価

4.0
数多くの賞をとった作品。あまりにも、有名なこともあり、観るのを避けていた。
数十年前の作品ということもあり、斬新さはない。この作品を起点に、女性主人公の活躍やどこかグロテスクなサスペンス作品が増えすぎたかもしれない。何よりも、人間の心の闇の深さを思い知らされる現実が物語っている。
ただ、それでも名作は名作。主役二人の圧倒的な存在感や、脚本、演出に目を奪われてしまう。
少しでも気になっているのなら、観てほしい。
さき

さきの感想・評価

4.0
レクター博士の頭脳の良さがより狂気をはらんでた。おもしろい。
C

Cの感想・評価

3.5
時代を感じる映像やレクターのサイコっぷりがサイコーでした。このギャグおもしろい
Naomi

Naomiの感想・評価

4.5
観始めたときは眠かったのだけど、進んでいくうちに目もぱっちり。
やっぱり長く観続けられている映画っておもしろい訳があるのね。

ジョディ・フォスターかわいい!
>|