ミュージアム(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:132分
    監督
    大友啓史
    原作
    巴亮介
    キャスト
    小栗旬
    尾野真千子
    野村周平
    大森南朋
    市川実日子
    田畑智子
    伊武雅刀
    丸山智己
    松重豊
    妻夫木聡
    あらすじ
    “悪魔のアーティスト・カエル男”が創造する殺人ミュージアム 雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った通称・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次のターゲットとは…。犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。果たして、カエル男の真の目的とは…?

    「ミュージアム」に投稿された感想・評価

    小栗旬や妻夫木聡の見事な演技力に圧巻でした。
    周り役者さんたちもとても良かった。
    野村周平は、何にでも染まるなと感じました。今回のような主張は少ないながらも印象を残すような役柄でもありましたし、好きでした。

    中盤までは、猟奇的な殺人と徐々に謎を突き止めていく沢村の様子が目を見張るようなスピード感のある内容でしたが、その後はやや失速気味。
    〜〜の刑という他にはなかなかない殺人方法ですが、1つ1つ掘り下げるとまではいかずも、何故そう至ったのかや序盤のように殺人のシーンを出しても良かったかもしれない。残酷さ非道さが増して、視聴者の犯人に対する気持ちというのもより強まったかなあ。。

    とはいえ、沢村と犯人との一騎打ちにはドキドキさせられますし、手に汗握る展開でした。
    ラストのモヤモヤ感も今後の家族たちに迫る危険を隠喩してるようで面白かったですが、個人的になんとなーくB級感が漂いました。笑 良いんですけどね!!

    全体的にとても満足のいく出来でしたし、目を離すことができないシーンの連続で良かったです。
    大友監督は素晴らしい才能があるなと改めて感じました。
    猟奇殺人犯とそれを追う刑事という、
    定番のネタなんだが
    いい感じに切羽詰まってて、いい。
    邦画では珍しく
    「陰湿さ」と「凄惨さ」の描写が上手いです。

    小栗旬の殺意剥き出しのシーンが最大の見所。
    尾野真千子の錯乱っぷりもよろし。
    妻夫木の怪演も観る価値アリ、
    なかなかの狂人っぷりです。
    個人的に地味に好きな女優、
    田畑智子の出番は出番は一瞬だけど
    戦慄するいいシーンでした。

    二転三転する展開も素晴らしく
    細かい突っ込みどころもあるけど、
    まぁそこは楽しまなきゃ損ですわ。
    趣味の悪い映画が好きな人は観るべし。
    終盤の必死っぷりを堪能して欲しいので
    ヘッドホンor良い音楽環境で観て欲しいですねー。
    普通にグロくて、リアルで怖かったあ。
    けど、邦画にしては長く感じて映画ぢやなくてもよかったかなーとか思っちやいました!似たような洋画とかあるし、おもしろいシーンはありましたが…。
    割とえぐいシーンあったけど面白かった
    ちょくちょくはらはらした笑
    猟奇殺人犯と刑事が対決する話

    主人公の刑事は何回も殺人犯に出くわすがその度に勝負に負け、逃している
    最後に黒幕がばんと現れるといった
    展開を期待したが、ちょくちょく会うため
    どんでんがえし感がない

    まあ3つ目のエンディングについては
    ゾッとさせるものがありそこは良かった

    全体的に大雑把な映画だった
    刑事サスペンスの小栗旬を味わう作品。
    短髪でもルパンと違ってゴリゴリ系ですが、それはそれでかっこいい。
    でも、作品としては、狂ってる具合、物語の深みでいうと、そこそこです。
    レンタルで見るレベル。
    アンフェアには到底かないません。
    雨のシーンと意味深なラスト

    小栗旬は雨に濡れてもいい男
    >|