ミュージアム(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:132分
    監督
    大友啓史
    原作
    巴亮介
    キャスト
    小栗旬
    尾野真千子
    野村周平
    大森南朋
    市川実日子
    田畑智子
    伊武雅刀
    丸山智己
    松重豊
    妻夫木聡
    あらすじ
    “悪魔のアーティスト・カエル男”が創造する殺人ミュージアム 雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った通称・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次のターゲットとは…。犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。果たして、カエル男の真の目的とは…?

    「ミュージアム」に投稿された感想・評価

    妻夫木くんにはじまり
    みんな演技がうまい、
    最後までハラハラドキドキで観れた。
    家族が拉致られて1人で暴走する小栗と頭おかしい犯人。見応えあった。
    思ったよりは面白かったかな

    イマイチのれなかった理由として(個人的意見ですが)話の内容や細かい設定が「セブン」に似ていることです

    どうしても比べてしまう自分がいました

    「セブン」には存在していた"超嫌な雰囲気"←コレがまた最高! がこの映画では無かったりと、設定がカブっているだけに残念な点が目立ってしまっていました

    蛙男が殺人をしている所を中途半端に見せるのもあんまり好きじゃ無かった

    果たして彼の戦闘能力は高いんでしょうか?最後の最後まで殺人しているシーンは映さないでもっと謎めいたキャラクターにしていた方が良かった気が…

    蛙男を捕まえに行った野村周平を3分くらいで両手手足をしっかり縛ふことができるってことは強いんだろうか…笑

    肉弾戦っぽいことは最後の方チラッとやるけども、野村周平を3分くらいで拘束できる程の強さだとは思わんかったし…

    長くなるので、気になったところはこのくらいで😅

    良かった所は妻夫木聡の演技!
    この映画を見て彼の役者の幅がまた広がりました
    小栗旬は後半情緒不安定すぎて応援する前に少し落ち着いて欲しかったかな笑

    日本のスリラー映画によくある、「妻を助けるか息子を助けるか」にはやられましたね〜
    あの手はずるい!!

    妻夫木聡の狂った演技を見たい方は是非
    _________________________
    [この映画のBest俳優]
    妻夫木聡
    [脚本面]☆☆
    [映像面]☆☆☆
    [ストーリー性]☆☆☆
    [オススメ度]☆☆☆
    前半良かったのに後半ダラダラ。セブンには及ばなかった。ラスト意味深なシーンを盛り込み過ぎ。前半良かっただけに残念。小栗旬は頑張ってたね
    sawにちょっと似たカンジでハラハラした。
    でももう一回観たいとは思わない。それだけ。
    しばらくハンバーガー食べれなかった
    小栗旬や妻夫木聡の見事な演技力に圧巻でした。
    周り役者さんたちもとても良かった。
    野村周平は、何にでも染まるなと感じました。今回のような主張は少ないながらも印象を残すような役柄でもありましたし、好きでした。

    中盤までは、猟奇的な殺人と徐々に謎を突き止めていく沢村の様子が目を見張るようなスピード感のある内容でしたが、その後はやや失速気味。
    〜〜の刑という他にはなかなかない殺人方法ですが、1つ1つ掘り下げるとまではいかずも、何故そう至ったのかや序盤のように殺人のシーンを出しても良かったかもしれない。残酷さ非道さが増して、視聴者の犯人に対する気持ちというのもより強まったかなあ。。

    とはいえ、沢村と犯人との一騎打ちにはドキドキさせられますし、手に汗握る展開でした。
    ラストのモヤモヤ感も今後の家族たちに迫る危険を隠喩してるようで面白かったですが、個人的になんとなーくB級感が漂いました。笑 良いんですけどね!!

    全体的にとても満足のいく出来でしたし、目を離すことができないシーンの連続で良かったです。
    大友監督は素晴らしい才能があるなと改めて感じました。
    猟奇殺人犯とそれを追う刑事という、
    定番のネタなんだが
    いい感じに切羽詰まってて、いい。
    邦画では珍しく
    「陰湿さ」と「凄惨さ」の描写が上手いです。

    小栗旬の殺意剥き出しのシーンが最大の見所。
    尾野真千子の錯乱っぷりもよろし。
    妻夫木の怪演も観る価値アリ、
    なかなかの狂人っぷりです。
    個人的に地味に好きな女優、
    田畑智子の出番は出番は一瞬だけど
    戦慄するいいシーンでした。

    二転三転する展開も素晴らしく
    細かい突っ込みどころもあるけど、
    まぁそこは楽しまなきゃ損ですわ。
    趣味の悪い映画が好きな人は観るべし。
    終盤の必死っぷりを堪能して欲しいので
    ヘッドホンor良い音楽環境で観て欲しいですねー。
    普通にグロくて、リアルで怖かったあ。
    けど、邦画にしては長く感じて映画ぢやなくてもよかったかなーとか思っちやいました!似たような洋画とかあるし、おもしろいシーンはありましたが…。
    >|