ミュージアムの作品情報・感想・評価

ミュージアム2016年製作の映画)

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:132分

3.5

あらすじ

“悪魔のアーティスト・カエル男”が創造する殺人ミュージアム 雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った通称・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次のターゲットとは…。犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。果…

“悪魔のアーティスト・カエル男”が創造する殺人ミュージアム 雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った通称・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次のターゲットとは…。犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。果たして、カエル男の真の目的とは…?

「ミュージアム」に投稿された感想・評価

日本映画でここまで魅せられたのは初めて。
思わず原作を購入…したらほぼ原作まんま。原作漫画の出来が凄まじ過ぎていじりようがないんだこれ。
ただ、屋上のシーンは改悪。あんなん膝曲げれば落ちひんやん。
Hani

Haniの感想・評価

4.0
ずっとずっと観たくてやっと鑑賞できました。
本当に最高ですねこれは。怪奇な殺人事件ばかりで気持ち悪さもいろんな意味の恐怖感も満点です。小栗旬が役どハマりで小栗旬だからいい作品でした。
猟奇的で残虐な犯行。連続する殺人ゲーム。
犯人は何故そうなってしまったのか生い立ちが気になったし、どうしてその殺し方を選んだのかにも興味がある。
けれど、あえて謎なところが良かったかもしれない。
漫画が原作の映画はあまり面白くないイメージだったけれど、ストーリーも演出も良かったし、事件の残虐性も表現されていて、見応えがあった。
ねこは

ねこはの感想・評価

4.1
良かった。
久々にグッときた。
過激な猟奇度、度重なる絶望の淵度合い。なかなかよかった。
キャスト陣の絶望の極みの演技が迫真過ぎてやっぱり凄いなと感じたし小栗旬の絶望プルプル泣きべそシーンがかなり鬼気迫る感じでよかった。
妻夫木聡と尾野真千子と小栗旬のハァハァの大合唱のシーンは観てていちばん「嗚呼、この映画やっべぇ…」てなった。
最後までずっと飽きの来ない良い作品。

よき。
頭文字G

頭文字Gの感想・評価

2.0
途中の中弛み感と、映像?映し方?がとてつもなく私好みではなく途中観るのが面倒になったほど。役者さんは素晴らしいのに、なんか物足りない作品。
Nana

Nanaの感想・評価

3.5
2017/10/11
帰りの飛行機の中で。
結構グロめ。妻夫木くんのサイコパスの演技がうますぎる。
コウ

コウの感想・評価

-
ノワール。あと色々うるさい。最後の後味の悪さは、いいオチかもしれないけど、好きにはなれない。

誰にもオススメしない。
なかなかグロいシーンもあるし、
鳥肌立ったー

小栗旬と妻夫木聡の迫真の演技、
そしてカエルの気持ち悪さ…
伏線もちゃんとしてるし、
なかなか面白かった!!!
セブンもこんな感じだったよね?

最後のシーン…ゾッとした。
繰り返されませんように。。。
Takana

Takanaの感想・評価

3.4
思ったより面白かった、
原作に忠実だと思うけど原作読んでなかった。

妻夫木くんはマジですごい。
お前誰だよ感すごい。

小栗旬はずっと叫んでた。笑
いつマキノって言い出すかヒヤヒヤしてた。

最後の方は無駄な余白みたいなシーンが多くて
いやいやこの時間に打てよ、笑
みたいないつもの時間があったので
もう少し尺縮められたと思うけど
トントンと進んじゃうと狂気が伝わらないんでしょうよ。

最後、息子、、、、、!!!!

奥さん何の罪もないのに人生波乱過ぎ。
この話の原作者はセブン好きそうだよね。
mayu

mayuの感想・評価

3.3
漫画は全て読んで
これをどう映像化するのだろうと
不安があったが
なかなか原作に沿っていて面白かった。
あっという間に時間が過ぎた映画。
漫画読んでても楽しめる
珍しい実写映画だと思う。
>|