トニー・パーカー ファイナルショットの作品情報・感想・評価・動画配信

トニー・パーカー ファイナルショット2021年製作の映画)

Tony Parker: The Final Shot

製作国:

上映時間:98分

3.8

「トニー・パーカー ファイナルショット」に投稿された感想・評価

Hoshi

Hoshiの感想・評価

-
自分がなんでポイントガードの選手ばかり好きなのか改めて理解できた。

コービーが唯一敵意を抱けなかった男。
かっこよすぎ。
ポポビッチとの絆も泣きそうになったし、マヌとダンカンもひっさしぶりに見れてよかった
muscleTI

muscleTIの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ダンカン、パーカー、ジノビリのBIG3は本当にエモい!
2007ファイナルのキレキレクロスオーバーにティアドロップは今でも忘れられない。
※けどこの年のファイナル勝敗は1番興味なかったです!笑
パーカーの代表戦への想いとか永久欠番のポップへのメッセージとか、青春ど真ん中の世代ということもあり、またコービーの笑ってる姿で目頭が熱くなりかけたのですが、最後のパーリーピーポーで一気に冷めました!笑
けど全体的に面白かったです!!!
トニー・パーカー!⛹️‍♂️

常勝スパーズの正PGをずっと務め、
チャンピオンリング4つ持ってて、
ファイナルMVPもとって、
さらには🇫🇷代表でも活躍、
あらためて振り返ると本当に凄い経歴。

ところでこの映画、構成が凝ってて、
NBAトップに駆け上がる栄光の日々と、
怪我や移籍も経験する選手晩年の日々の、
2つの時間軸を行ったり来たりする。

ただちょっと凝り過ぎのような気もして‥ぼうっと観てたら今いつの話してるんだ?って分かんなくなる気もする😅
まあ最後には、2つの時間軸が合わさって、感動のフィナーレとなるわけだが。


そしてこの映画、パーカーを通してスパーズのチームとしての魅力も伝わってくる。

選手の移籍がビジネスライクなNBAにあって、ずっとチームに残ってフランチャイズに愛される選手が多い。出てきて楽しそうに喋る人たちの、長年一緒にやってるファミリー感😊

そしてとにかくずっと強いのが凄い。個人的に思い出すのは、マイアミを破って優勝した時の、あの芸術的と言えるパス回し🏀
Taiga

Taigaの感想・評価

2.0
バスケットボール最高峰NBAで4度のチャンピョン、1度のファイナルMVP、6度のオールスター選出と長年リーグを牽引したポイントガードであるトニー・パーカー
彼とティム・ダンカン、マヌ・ジノビリのBig3が君臨していたスパーズ王朝時代の3人はレギュラーシーズン、プレーオフ共に通算試合数と通算勝利数歴代1位である。
188㎝とNBAとしては小柄なパーカーのミドルレンジからのティアドロップショットは見るものを虜にする鮮やかさがあった。
そんな彼の軌跡を描いた作品。彼のキャリアハイライトと合わせて見てもらいたい。
NBAを見ていない時期の選手なので末期しか知らなかったがフランスの英雄だったのですね!カッコよかった!
最高に冷静で最高にアチィ男、、憧れる、、、

こんなにクールな選手だとは思ってなかった。大好き。

ラストカットが完全に映画のソレだった。
BIGMcLOVIN

BIGMcLOVINの感想・評価

3.6
なぜかこの辺りの年代はNBA観てなくて、、

デビッドロビンソンとティムダンカン捕まえて退屈って言うのはちょっと苦笑(地味っていう意味ですよね)

国際化のはしり。面白かった
おまめ

おまめの感想・評価

4.4
大好きだったトニーパーカーを
更に大好きになれる素晴らしい映画でした。


バスケ選手必見過ぎる。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

4.5
トニーパーカー

NBAチャンピオン×4
NBAオールスター選出×6
NBAファイナルMVP

間違いなく彼は不屈のメンター

ずっとスパーズでプレーをして、ホーネッツに移籍した理由もここで判明する

ドキュメンタリーを通して生前のコービーブライアントにも会えて感無量

NBAとバスケットボールが好きな人は全員見るべき

このレビューはネタバレを含みます

・面白いし興味深く見れたが、編集の問題だと思うがあまりに順風満帆に成功したスターっぽく見えてあんまり見応えがない。。
・パーカーが10代の頃から全然ルックスが変わってない。
>|

似ている作品