ドラゴン×マッハ!の作品情報・感想・評価

ドラゴン×マッハ!2015年製作の映画)

殺破狼II/SPL 2:A Time for Consequences

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

香港で闇の臓器売買ビジネスを展開するホン(ルイス・クー)を捕らえるべく、潜入捜査官チーキット(ウー・ジン)はミッションのさなかに正体がばれ、タイの刑務所に監禁されてしまう。潜入捜査の指揮官チャン刑事(サイモン・ヤム)がチーキットの行方を必死に探すなか、臓器売買の拠点である刑務所の所長(マックス・チャン)は邪魔者チーキットを排除しようと執拗に暴行。正義感の強い看守チャイ(トニー・ジャー)は、臓器移…

香港で闇の臓器売買ビジネスを展開するホン(ルイス・クー)を捕らえるべく、潜入捜査官チーキット(ウー・ジン)はミッションのさなかに正体がばれ、タイの刑務所に監禁されてしまう。潜入捜査の指揮官チャン刑事(サイモン・ヤム)がチーキットの行方を必死に探すなか、臓器売買の拠点である刑務所の所長(マックス・チャン)は邪魔者チーキットを排除しようと執拗に暴行。正義感の強い看守チャイ(トニー・ジャー)は、臓器移植が必要な愛娘の入院費を所長に工面してもらっているため、非道な行為を見て見ぬ振りするしかなかった。だがある事実を知り、チーキットを救うことを決意する。“命”をめぐる岐路に立たされた男たちは、熱き拳を交える死闘へと突き進んでいく―!

「ドラゴン×マッハ!」に投稿された感想・評価

アクションシーンの見せ方がキングスマンっぽいけど、コッチは役者が動いてる感覚があって良い。照明や場もやたらとカッコ良い。
なべ

なべの感想・評価

3.9
SPL2!見所は前作より遥かにパワーアップした格闘アクションシーン、これに限る!今まで様々な格闘アクション映画を観てきたが、その中でも1.2位を争う面白さだった。前作の《サモ・ハン》vs《ドニー・イェン》も良かったが今作はそれを更に上回る白熱した超人的バトルになっており、前作にも登場した《サイモン・ヤム》《ウー・ジン》は引き続き続投し、加えて《トニー・ジャー》《ルイス・クー》《マックス・チャン》と豪華絢爛な俳優陣が多数出演している。

【作品の見所】

❶流れるような映像に目が釘付けに。映像も綺麗。ノーカット長回しのシーンは圧巻で1秒でさえも惜しく感じた。
❷ドラマ性が深い物語展開。ただ乱闘して傷付け合うのでは無く、誰かしら何かしらの目的の為に色々背負って戦っているという、その戦う動機や理由が如何にも男臭くて格好良かった。
❸三つ巴の超展開。味方も敵も一癖も二癖もある濃い役柄で、一人一人が主役のようだった。演技だけでなくアクションも全部含めてキャラクターの背景が滲み出ていた。
❹ムエタイ✖︎カンフーの極限状態で挑むアクロバティックアクション!現代アクションで他に類を見ない至極の格闘対決ここにあり。


※《マックス・チャン》は実に4ヶ国語を披露し、冷徹無垢な魅力モリモリのヴィランを演じていた。

※ムエタイの神《トニー・ジャー》鬼の形相!最高に良い顔付きは見逃せない。

※カンフーの達人《ウー・ジン》 に関しては長回しのシーンだけで500回以上蹴られたという。その甲斐もあり本編はリアリティに富んだ素晴らしいアクションを観ることが出来た。
いち

いちの感想・評価

3.7
あざ、擦り傷、刺し傷、切り傷
アクション全体がとても痛々しくて、

ストーリーは点と点がうまく繋がったり、すれ違ったり正直あれ?なところもあるけど、やはりこのハードさはSPLシリーズの魅力か

黒幕がシリーズ最新作であの運命辿ると思うとこの世の輪廻をひどく恨んでしまう
M太郎

M太郎の感想・評価

4.0
あんまりな邦題の『SPL』二作目。スッゲー良かったです。主演二人によるスーパーアクションを主体に無闇に絡みまくりガンガン盛り上がるストーリーをトッピング。クライマックスではキャラの愛と怒りが爆発、からの頂上対決!「殺破狼のうた」丸出しなEDまで含めて最高でした。

打って良し極めて良し跳んで良しな織田裕二似の笑顔が眩しいナイスパパ、トニー・ジャー。肩の傷は殴り合ってるうちに治ったぜ!人の愛見て我が傷治す(禁断症状も治る)ウー・ジンの主演二人。アクションは勿論最高ですが、通訳アプリのやり取りから運命的な共闘への昇華なんかも素敵。

敵キャラなんか皆好きです。怪しい眼鏡&杖が素敵過ぎる黒幕に、彼に忠誠を誓うカンフー+スーツが最高な美丈夫。突然登場して味方皆殺しがインパクト大で決戦でも素晴らしいバトルを見せてくれた眉無しナイフ使い。トボけたやり取りが微笑ましいトニー・ジャー犬に食わせ隊。皆キャラ濃いな〜。

基本的に濃いめのキャラとスーパーアクションで満足ですが、難点を挙げるとすればやはり話回し。視点が時間的にも場所的にも移動しまくるし、主人公の目的も長い事宙ぶらりんなので、中々ドラマが走り出さない印象。また話が入り組んでいる割には語り方がたどたどしいのでサスペンス色を出し切れてない印象。アクションまでの待ち時間、は言い過ぎでしょうか。
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

4.1
2018.9.13
SPLみたいな刃物振り回すキャラまたいた。
fkr

fkrの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

@ツタヤ配信 面白いとは言い難いが、いい話ではあった。アクションシーンは控えめだが濃厚。チェーンとネクタイの思わぬ使い方が面白い。
 サーとチーキットが出会うシーンはこれはこれで良いが、もっとすれ違いを伸ばしても良かったような気もする。
 「SPL/狼よ静かに死ね」の続編だが繋がりは全くないとのこと。
mal

malの感想・評価

2.0
そんなに複雑ではない話なのにどうも頭が混乱してしまうのはなぜでしょう。

登場人物の関係が結構入り組んでいるせいかもしれません。

話の内容が思ったよりも暗く、大きなカタルシスもないので、想像と違ったことは否めません。

それでもアクションはやっぱり凄くて、特にナイフ使いが次々と警察を倒していく様は、非常に印象的なシーン!

また、ビシッと決めたスーツ姿で激しいアクションをクールにこなしていく敵ボスはかっこいい!

でもやっぱり私は頭空っぽにして見られるハリウッドなアクション映画の方が好きかなぁ…。
nori007

nori007の感想・評価

3.0
前作SPLは、大変衝撃的な作品であった。しかし今作では前作とはほとんど繋がりはない。
そこから拍子抜けなのだが、今作では、娘を助けたいトニー・ジャー、潜入香港刑事、弟の臓器がほしい兄貴。この3つのストーリーラインが同時進行する。なので少々鈍重で交通整理もうまくない。
それとトニー・ジャーを出すために無理やりタイと香港の話にした感じもある。そこに何故か韓国人もかかわっているのだが、韓国での臓器売買はわりと有名な話なのだ。
それと落とした携帯電話を偶然拾うことで娘と刑事が結びつくのもかなり無理矢理である。

したがって1作めのようなドラマチックな重厚さは失われてしまったもののラストのバトルは最高だ。敵役のマックス・チャンはスーツ姿でめちゃくちゃ強い。トニー・ジャーとウー・ジンのアクションも素晴らしい。しかしラストにもかかわらずまたまた3つのストーリーラインを絡めてくるのがムカつく。兄と弟は明らかに必要なかったな。最後の衝撃度も前作を上回れずといったところか。
つってもラストのバトルを見るだけでもこの映画を見る価値はあるけどね。
良い!!期待通りだよ!!
当たり前にかっこいい。アクション以外の演出も良い(思わず笑ってしまうようなシーンもあるけど)。まあバカみたいなワイヤーアクションには違いないんですよ。で、そのバカみたいなワイヤーアクションのくせに、小さな伏線をちゃんと回収したり、そのくせ結構重要な要素をぶっ飛ばしたり、アホだな〜でもかっこいいな〜って感じで。敵の坂本龍一みたいな病弱ボスのために頑張るサチモスのヨンスみたいな最強アジアン紳士がカッコいい!
ザン

ザンの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

両国のアクションスター共演にしては、臓器売買が根底にある設定内容が重い。スマホや絵文字顔文字を駆使して翻訳にあてるのは強引。白血病の娘を病弱に見せるためだろうが、白塗りが過ぎる時があった。アクションシーンは流石のクオリティ。痛かろう。
>|