ドラゴン×マッハ!の作品情報・感想・評価

ドラゴン×マッハ!2015年製作の映画)

殺破狼II/SPL 2:A Time for Consequences

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

香港で闇の臓器売買ビジネスを展開するホン(ルイス・クー)を捕らえるべく、潜入捜査官チーキット(ウー・ジン)はミッションのさなかに正体がばれ、タイの刑務所に監禁されてしまう。潜入捜査の指揮官チャン刑事(サイモン・ヤム)がチーキットの行方を必死に探すなか、臓器売買の拠点である刑務所の所長(マックス・チャン)は邪魔者チーキットを排除しようと執拗に暴行。正義感の強い看守チャイ(トニー・ジャー)は、臓器移…

香港で闇の臓器売買ビジネスを展開するホン(ルイス・クー)を捕らえるべく、潜入捜査官チーキット(ウー・ジン)はミッションのさなかに正体がばれ、タイの刑務所に監禁されてしまう。潜入捜査の指揮官チャン刑事(サイモン・ヤム)がチーキットの行方を必死に探すなか、臓器売買の拠点である刑務所の所長(マックス・チャン)は邪魔者チーキットを排除しようと執拗に暴行。正義感の強い看守チャイ(トニー・ジャー)は、臓器移植が必要な愛娘の入院費を所長に工面してもらっているため、非道な行為を見て見ぬ振りするしかなかった。だがある事実を知り、チーキットを救うことを決意する。“命”をめぐる岐路に立たされた男たちは、熱き拳を交える死闘へと突き進んでいく―!

「ドラゴン×マッハ!」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

邦題は【ドラゴン×マッハ!】という事で中二病丸出しですが、原題は【殺破狼Ⅱ/SPL2】という事で【SPL/狼よ静かに死ね】の10年ぶりの続編!
ウー・ジン(荒木飛呂彦先生ではありません)とサイモン・ヤムの続投以外、前作と直接的な繋がりはありませんが、星の宿命に翻弄される男たちの物語を、カンフーの至宝ウー・ジンとムエタイの神トニー・ジャーのダブル主演で描いたアクションてんこ盛りの一本です!

とにかく、スーツ姿でヤニをガンギメし、ラストバトルではウー・ジンとトニー・ジャーを手玉に取って2対1の闘いを卑怯と思わせないレベチな強さを見せつけ、主演の二人を完全に食ったマックス・チャンの流麗なカンフーは必見!
一階ではウー・ジンとトニー・ジャーが携帯を奪い合い、二階ではマックス・チャンが無双乱舞をキメるワンカットの長回し風に撮影された刑務所での大乱闘も要チェックです!

前作と直接的な繋がりがないので、前作を鑑賞しなくても楽しめるという話をちらほら耳にしますが、ウー・ジンとチャン・チー(眉なしの暗殺者)によるトンファーVSナイフ戦からマックス・チャンに高層ビルから突き落とされるウー・ジンの流れは、前作のドニー・イェンとウー・ジンによる特殊警棒VS長ドス戦からサモ・ハンに高層ビルから突き落とされるドニー・イェンの流れを再現しているので、前作を鑑賞していると、また悲劇が繰り返されるんじゃないかというドキドキを味わえると思います!
それにしても、ルイス・クーがマックス・チャンのネクタイを褒めた伏線がここで回収されるとは…お見事です!

潜入捜査もの、監獄もの、難病ものなど、ジャンルもてんこ盛りな上、タイにいる白血病の娘の下に香港にいる骨髄ドナーが国境を越えてやって来たり、香港の海に落とした携帯で、タイにいる持ち主が国境を越えて通信したり、白血病の娘の余命が半年から3年に伸びたり、偶然が偶然を呼ぶご都合主義全開の展開もてんこ盛りのストーリーですが、これだけのアクションとキャラ立ちを見せ付けられると、ラストバトルの邪魔にしか思えなかった白血病の娘と狼のくだりもルイス・クーと弟のくだりも含め、なんだか全てが凶星(七殺星・破軍星・貪狼星)の仕業に思えて納得できるような気がしてしまいます!
でも、エンディングに流れるアニソンみたいな殺破狼の歌はさすがに過剰サービスでしたね!

個人的には、【酔拳2】ではジャッキー・チェンを蹴りまくり、【スペシャルID 特殊身分】ではドニー・イェンを蹴りまくったロー・ワイコンの蹴りをもっと見たかったです…
去年観てたら、多分その年のベスト3に入れているぐらい傑作。まさかSPL/狼よ静かに死ねの続編とは思っておらず、SPLの音楽が流れ出した瞬間驚いてしまった(続編だがストーリーの繋がりはない)。SPLの続編ということから御察しの通り、この邦題は本当に作品のイメージとは合わず、人身売買をテーマにしたかなりシリアスな刑事ドラマになっている。アクションの質も素晴らしいが、演出やストーリーも王道ながら隙がない。ウェットすぎる終盤の展開に好みが分かれるかもしれないが、とりあえず私は雰囲気と乖離した甘い歌謡曲が流れるシーンが大好きなので、そこがあったのが大分加点になった。
さとう

さとうの感想・評価

4.3
最高かよ…!

豪華スターが魅せるキレキレのアクションとなかなか凝ったストーリー。
二郎系ラーメンと牛丼を一緒に食ったようなパンチの効いた映画。最高。

“ムエタイの神”トニー・ジャーVS“カンフーの至宝”ウー・ジン
という字面だけでもパワーワードな2人の戦い然り、
圧倒的な強キャラ感を放っていたマックス・チャンとの2対1の戦いもかなり見応えがあった。

そして最後は殺破狼をみんなで歌おう!!

熱くなるためにある映画。

圧倒的なアクションに大興奮するのはもちろんのこと、ストーリー展開が胸熱すぎる。大勢の登場人物たちを血湧き肉躍る運命へと導く秀逸な筋書き。

アドレナリンが出まくって、気づいたら涙が出ている。

トニー・ジャー×ウー・ジン×マックス・チャン。みんなかっこよすぎる。
ラストには少々「?」な感じがするけど、なかなか一級品の映画
ダサい邦題つけたヤツにトニー・ジャーのヒザ蹴りを。
アクションスゴすぎ!刑務所内での乱闘も細部までキチンと暴れてるし、空港のダイブも「マジかっ!」って思わず叫んだ。補聴器付けた殺し屋もカッコよかったし、マックス・チャンのスーツもステキ~

娘も可愛いくて、手に点滴針を刺してあるトコを見ただけで泣けちゃいました。この娘懸命に生きてるなぁ、って

このコンビでまた観たい
展開もアクションも全てにおいてアツい!
細かいところまで作りこまれた殺陣は必見!
Annu

Annuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

トニー・ジャーの膝蹴りの贅沢使い
マックス・チャンのキメッキメなスーツ姿でキレッキレなアクションがかっこよすぎて、ひえー!!素敵ー!!って声に出た。めちゃくちゃ強いのに動きが美しいのよ、、どうなってんのあれ…ずっと見てられる。刑務所から始まってクライマックスまで悪役を応援してしまった…
パンフレット出てないのが残念(/ _ ; )
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
アクション映画と言えば次見たものは凄過ぎる!本当は前作の前も話になるはずだったが、途中で新しいストーリーになり、タイのアクションスター、トニー・ジャーと香港のウー・ジンのダブル主演。内容話すまえに今年発の邦題付けの愚痴でちょっと付き合って下さい。トニー・ジャーが出るだけで「マッハ!」をつけるのは本当にやめてほしい。邦題がダサすぎて誰がそういうの観るかボケと言いたい。はい、残念でつまらない邦題は「ドラゴンxマッハ!」。もっと良い邦題が考えられないならその業界を辞めてしまえ!はい、愚痴終了!って、アクション大作だわ。香港の潜入捜査官がタイの刑務所に入れられ、そこで働いてる警官(ジャー)と出会い。ジャーはその後、刑務所の看守が人を拉致して監禁して、臓器売買をしてると知り、香港の警官と一緒悪党どもを戦う。や~、ハラハラドキドキのシーン満点。アクション映画好きなら必見。
アクションがSUGOI!!!!!!!
パシリム2長官役だった俳優さんがカッコいいと好評だったので観たんですが…悪役として強すぎでは…髪も衣服も乱れずただただスマートに主人公達を打ちのめす姿、美しい……ありがとうございました。
アクションも本当にかっこよかったけど、お話も良かった。主人公の娘がめちゃ可愛いので削除シーンは必見。というか削除シーンに重要なやりとりもあって必見すぎる…
個人的に香港の漁師めちゃくちゃ良いキャラだと思う。写真ありがとう…香港の漁師…
>|