ペルセポネーの泪の作品情報・感想・評価

「ペルセポネーの泪」に投稿された感想・評価

まさす

まさすの感想・評価

3.8
劇のようなシナリオ
馴染みのあるロケーションを見てるだけでも面白い
永遠に続くギリシャ神話が信州の温泉街でくり広げられる。
信州ののどかな自然の風景を眺めながらマタ〜りとした時間を楽しめます。
不思議な世界に引き込まれ、
意味を理解した時には感動し泣きました。
自分好みですごく面白かったです。
舞台挨拶で地元に来てくれてありがとうございました。

このレビューはネタバレを含みます

舞台挨拶を観てきました。剛力彩芽さんがとても可愛らしく素敵でした。
本編の2人乗りの自転車の走るシーンが印象的でずっと長く見ていたくなるシーンでした。
あえて酷評します。
映画は脚本が命と言うことが素人でも判る映画でした。
かなりのシーンのセリフが俳優のアドリブによるものと聞いてなるほどと思いました。全てのセリフが場面限りの演技となり、ストーリー上での必然性のないセリフのやり取りで上滑りをしています。
借金取りの大袈裟な行動も理解できないし、怪しすぎる男にあっさりと指輪を譲る主人公の心情も理解できません。
感情移入できる登場人物が一人もいませんでした。
長野県人として長野県を舞台にメジャーな俳優さんに出演いただいたのに残念でなりません。悔しいです。

あなたにおすすめの記事