彼女を見ればわかることの作品情報・感想・評価

「彼女を見ればわかること」に投稿された感想・評価

なにわ

なにわの感想・評価

3.0
キャメロン・ディアスが良い!
自分の中ではやかましいアホ女のイメージが強かっただけに。
別々の話だけど少しずつつながってる。銀行の支店長とホームレスの、上下関係の無い純粋に女同士の会話が良かった。
ロサンゼルスに住む女性5人の日常+プチ事件オムニバス。

リアルかつ叙情的なセリフと表情が印象的。
自業自得と言うにはあまりに厳しい、満たされない女性たちのお話。
『女には事情があるの』

ブエノスアイレスで数時間暇つぶしをしないといけなくて、うろうろしてたら通りかかった映画館でちょうど上映時間が合ったのがこの映画だった。

「この脚本を選んだ女優である」という事実のみで、彼女たちのお仕事選びに全幅の信頼を寄せてしまってるとこある。
XenaAyako

XenaAyakoの感想・評価

3.0
女性たちの短編ストーリー5話。
それぞれテーマが重く観終わった後もスッキリしなかった。
コロンビアのノーベル賞作家、ガルシア・マルケスの息子、ロドリゴ・ガルシアの初監督作品。今のところ、これが最高傑作。

預言は宿命の逃れられなさを告げるのみ。何かを失ったのではなく〝自らが〟失われた存在でしかないことを、彼女たちは知っている。

親父の作品もそうだけど、息子の作品にも流れる、呼吸すらままならない濃密な空気感と、冴えた諦観がたまらなく好き。

喪失の宿命を描きながら、安っぽいニヒリズムにもオプティミズムにも流されず、格調高い眼差しを感じさせる素晴らしい作品。
初)みんなそれぞれの事情を抱えて他人に関わっていきているんだなとしみじみと考えさせられる作品。終始静かなテンポで物語が進むんだけど見入ってしまった。静かな展開・演技の中盲目美女役Cディアスが一番光ってたなぁ~
ちゅん

ちゅんの感想・評価

3.8
wowowでたまたま見てて引き込まれた映画。女優さんが素晴らしいのか、監督の撮り方が上手いのか、両方か。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2008/2/27鑑賞(鑑賞メーターより転載)
話は淡々と複数のストーリーが進むのみだが、芸達者な女優陣がうまく見せている。
ロスアンゼルスに住む女性たちの人生を描いた五つの短編物語。

その五つの短編ストーリーがどこかでつながるわけではなく、
(皆、ロス在住なので、他作品への登場はワザとらしくありますが)
それぞれの痛み、悩み、孤独感、哀しみなどをかかえ、
それでも生きていかなければならない人間模様を描いており、
どのストーリーにも共感させられるものでした。

印象的なものは〜
1作目のグレン・クローズ、アルバート氏の人生でオッさん役をやった人です。
サスガに上手でしたね♪

あと、3作目の、
お向かいに引っ越してきた住人が気になってしょうがない主婦の話も面白かったかな〜
^_^
>|