彼女を見ればわかることの作品情報・感想・評価

「彼女を見ればわかること」に投稿された感想・評価

紫煙

紫煙の感想・評価

4.2
2000年の新婚時期、寝苦しい夏の夜に、妻とふたりで観た。隣に彼女の気配を感じながら、永遠に繰り返されていくような喪失に、じっと息をひそめていた記憶がある。

予言が告げるものはいつでも、宿命からの逃れなさでしかない。そして、ニーチェの言う永劫回帰を思った。過去と未来を失ってもなお、今を肯定する力について。

けれど、彼女たちはそんな力の中には生きてはいない。何かを肯定していく力など、彼女たちにとっては、少しもリアルではない。

失望と、濃密な死の気配をつなぐ回廊のなかを、彼女たちは静かに歩く。せめて、足元を照らす灯が消えてしまわないように気をつけながら。

私にとっては、妻について思う時、必ず心に浮かべる映画。語ろうとするほどに語り得ないことがあるということを、そっと教えてくれた。タイトルがそれを伝えている。
なんとなく不幸で孤独な女性たち。悲しい時に悲しい曲を聴きたくなるみたいな映画だと思う。がんばれじゃなくて、みんなつらいんだって言われた方が安心することもあると思うな。
shiori

shioriの感想・評価

3.5
好き。 5つの話、微妙に人物がからんでるのが、 しおり好みです。 ハッピーな話ではないけれど、見た後に心にあたたかく残る映画です。ラストが好き。
サリー

サリーの感想・評価

3.5
5つの話から成るオムニバスドラマ。
事情は異なるがみんな孤独な女性。それぞれ感情移入できてかなり涙を誘う。
女優陣も豪華!
ただ結末がよく分からなかったりちょっとスッキリしないところも。
ホリー・ハンターとキャシー・ベイカーの話が特に良かった。
邦題が直訳なのは意外。
〈15〉
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.7
「ラブ・アクチュアリー」の軽さや明るさとは対照的な、静かで地に足のついた、大人なテイストの、恋のオムニバス。個人的には幸せ度の高い「ラブ・~」の方が繰り返し観たくなるんだけど、「ああ」と納得したり、共感できたりしたのはこっち。特にキャシー・ベイツ演じる、息子べったりのママの隣人との話と、キャメロン・ディアスの出てくる最終話が好き。各話のキーパーソンになる女優陣の豪華なこと!
彼女を見ても何もわかりませんでしたm(__)m
話の規模小さ!(笑)
この程度の悩みみんな抱えて生きてるゎ!
映画にする必要性を全く感じませんでした( ^ω^ )
ueno

uenoの感想・評価

4.0
幸せについて考えさせられる。幸せってなんだろう。みたいな笑13
短編オムニバスでちょこちょこ登場人物がつながってる、当時とても惹かれた作品だった。
各エピソードに必ず出てくる女性、てっきりあれが監督なんだと思ってたら、のちにロドリゴガルシアはおっさんだと知ってびっくりした。

キャメロンディアスの表情がすごくうまくて印象的だったけど、いちばん好きだったのはキャシーベイカーのシングルマザーと向かいに越してきた小人症の男性のお話。妙にエロかった。
Sex&TheCityみたいな感じかと思ったが、チャラチャラ感のない5人の女性それぞれが間接的に関わり合う話

淡々とした話は嫌いじゃないけど
やや物足りない

1番の衝撃はシングルマザーの息子が友達と言っていた女の子との関係について
、追究する母に「友達、1回寝ただけ」とさらりと暴露した場面、私の胸もツーンとナイフが刺さった…
男にとって愛の無い性交は単なる生理現象の処理に過ぎないと頭では理解していても、いざ知ると衝撃は半端ない‥
しかも息子の性事情となると更なる衝撃

未婚・未出産なのに辛さを体感した
sayu

sayuの感想・評価

-
日常すぎて私には響いてこなかった。
わざわざ映画で観なくても日常がこの映画みたいなもんだわ。観ていてどんどん暗くなりました(笑)

2015.5.4
>|