美しい人の作品情報・感想・評価・動画配信

「美しい人」に投稿された感想・評価

2020/06/27鑑賞
9人の女性の短編物語です。どこかで9人が繋がるんだろうと真剣に観たんですが…つながりはなかったです。そしてこのショートフィルム的な物語に説明はほぼありません。なぜに女性たちが感情を爆発させてるのか自分で想像するしかないのでちょっと難しかったかなぁ。その表情などは感心しましたけどね。
①サンドラ:刑務所で娘と面会する話
②ダイアナ:妊娠中の女性がスーパーで元カレに会う
③ホリー:父との確執を持っている子が家に突然帰ってくる
④ソニア:友人宅に招かれて夫婦がひたすら喧嘩する
⑤サマンサ:父親の介護の為進学をあきらめようとする娘
⑥ローナ:元旦那のお嫁さんの葬式に参加する
⑦ルース:モーテルで不倫中、別部屋に警察が来る
⑧カミール:乳がんの手術を控えた女性
⑨マギー:小さい子とお墓でピクニック
アマンダちゃんとダコタちゃんが出るって事で鑑賞しました。それぞれの女性の緊迫した演技は素晴らしいのですが何せ説明がないので何があってこうなったのか、詳しく知りたいとは思いました。ちなみに私は想像がつきやすかった最後の話が好きです。
どうやら全編それぞれがワンカットらしいのですが、常日頃から「ワンカットで撮る必要がある?」と思ってしまう人間なものでそこに関しては今回も「ん~」っと言う感想です。
どうしてこのチョイスなのか、共通点は何か。考えながらみた。父娘、母娘、姉妹、妊婦、、、家族がテーマか? 幸せな人は誰もいない。満たされない日々をもがきながら生きている。
SHIORI

SHIORIの感想・評価

-
当時小学生だった自分にはあんまり理解できなかった。また観てみないと。
anguish

anguishの感想・評価

2.2
ワンカット・オムニバス・ムービー

☆女性の名前を冠した9のショートストーリーで構成されている女性が主演で女性目線の話。刑務所や葬式、病院などから始まり登場人物の会話から読み取っていくスタイル。元恋人との再会、親子であったりと。話との直接の繋がりはないが「あの人看護師だったんだ」などの別の話の人が出てきたりします。ごく身近な話なので盛り上がりは無く、とても集中力はいるけど心に何かしら響く作品でした。

20180708
69shuji

69shujiの感想・評価

3.4
鑑賞記録。
若い頃、劇場で鑑賞。
ロビン・ライトの美しさに息をのむ。
9人の女性の人生。それぞれ短いエピソード、説明なしなので想像の余地が多分にある映画。

イニャリトゥがプロデュースと知ったのは観たあとだった。
豪華キャストオムニバス。それぞれに関わりがほんの少しあるけど、群像劇が1つに集束していくようなものではなく、あくまでそれぞれの人生。

キャストのファンならいいかもしれない。
kaito

kaitoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

イニャリトゥ製作のロドリゴ・ガルシア短編集シリーズ。

一話目がワンカットでずーっと続いて凄いなーって思って観ていたら、そのまま一話目が終わって、同様に全てのストーリーがワンカットで描かれていて、ビックリした。

一流どころの役者を使いながらも、まるでダルデンヌ兄弟の映画みたいに超絶自然で、人生の一瞬が切り取られたような作りからはリチャード・リンクレーターの映画を連想したりもした。

恐らくかわいさの絶頂期であるアマンダちゃんが観られるので、それだけでも観る価値があると思う。おっぱいでけー。
MIZUKI

MIZUKIの感想・評価

3.8
わかってたけど好きだった〜こういうの夜中に見るの最高なんだよ〜〜!!!!!!
lily

lilyの感想・評価

5.0
ダコタファニングすき。
ロドリゴガルシアのみさきに。
20200115
サラ

サラの感想・評価

3.7
『彼女を見ればわかること』同様オムニバスの短編ドラマ。。。 
9つのエピーソードを描いています。1つの物語が ワンカットで撮影されているのが見所のひとつです😃
>|