Aoiさんの映画レビュー・感想・評価

Aoi

Aoi

映画(244)
ドラマ(10)

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.7

Filmarksオンライン試写会にて。

子役から長きにわたって芝居を続けてきた22歳のオースティンは泥酔事故を起こして更生施設に送られる。
PTSDと診断された彼は治療のために、前科持ちでアルコール
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.8

久々にハラハラするサスペンスを楽しんだ。

警察学校を首席で卒業したなつめは自身が運転する車の事故で高校生の弟を失い、自らも失明。
生きる希望を失っていた彼女はある日、誘拐されている少女に偶然助けを求
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.9

『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』を見て、グレタ・ガーウィグ×シアーシャ・ローナン×ティモシー・シャラメは見なければと思い鑑賞。


閉塞感のある田舎町を出たいと思い、口うるさい母親に反抗してばかりの
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

3.9

毎日姿が変わってしまう男性と彼の内面に惹かれていく女性のラブストーリー

主人公のウジンは目覚める度に別人に変わってしまう男。誰にも理解されない孤独を抱えていたウジンだったが、ある日、イスという女性に
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

-

友達と電話してるときに突然の訃報を知り、最初フェイクニュースかと思った。どうやら事実だと知って、後から悲しみが押し寄せた。

何だか落ち着かず、TV持ってないけれど地上波放送と同じタイミングでアマプラ
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ベン・アフレック監督作品を初鑑賞。

イランのアメリカ大使館で起きた人質事件。脱出した6人のアメリカ人を安全に出国させるため、CIAの人質解放のプロ、トニー・メンデスが考案したのはハリウッド映画製作ス
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

約5ヶ月ぶりに映画館で鑑賞。


ルイーザ・メイ・オルコットの半自伝的小説「若草物語」をグレタ・ガーウィグ監督が映画化。
舞台は19世紀のアメリカ、マサチューセッツ州ボストン。マーチ家の四姉妹、メグ、
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

評判は聞いていたけれど映画館に行けず自宅鑑賞。大画面で爆音で見たかったという気持ちも残る。


世界3大レースのひとつ、ル・マン24時間耐久レースで米国高級車メーカー・フォードが打倒王者フェラーリをか
>>続きを読む

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.1

オンライン試写会にて鑑賞。

14歳の少年トマは、渡り鳥のガンを研究する父を手伝う中で、ある計画に参加することに。
それはノルウェー北極圏のラップランドからフランス南部のカマルグまでガンと一緒に空を飛
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

5.0

25年前の今日、私が生まれる2週間前にこの映画が公開された。大好きだと思える作品に出会えたことをありがたく思う。

いま一度、この作品の魅力について掘り下げてみる。


ーーーーーーーーーーーーーーー
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.7

限りなく現実に起きていそうな問題を取り上げた社会派エンターテイメント。


新聞社に届いた大学新設計画に関する匿名のFAX。日本人の父と韓国人の母を持つ新聞記者・吉岡と内閣情報調査室(内調)の官僚・杉
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

3.9

「これずっと気になってたんだよね〜」と思って借りたら見たことあった。どうやら私もブラックアウトを起こしたらしい。


幼少期から記憶喪失(ブラックアウト)をよく起こしてきたエヴァン。大学生になったある
>>続きを読む

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

超平和バスターズ作品、3作目。

高校2年生のあおいは、13年前に両親を亡くし、姉のあかねとふたり暮らし。あおいは自分を育てるために、全てを犠牲にしてきた姉に負い目を感じていた。

ある日、あおいの前
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.8

ウェス・アンダーソン監督作品、初鑑賞。

ヨーロッパ随一の高級ホテル、グランド・ブダペスト・ホテル。伝説のコンシェルジュ・グスタヴとその忠実なベルボーイ・ゼロが、ある常連客の殺人事件と遺産争いに巻き込
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

公開されてすぐか1年後くらいにこの映画を見ていたらもっと高評価をしていただろう。


価値観というのは個人の中でも社会の中でも日々変わりゆくものだ。

自粛期間中、映画を見ていて登場人物の距離が近いと
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.9

1回目は話題になってからしばらく経った後の機内鑑賞。
機内で見る映画は良さが0.8倍になるという持論をことごとく破ってくれた名作。


ヴィブラニウムという特殊な鉱物により急速に発展したワカンダ王国。
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

地上波で何となく見たけど2回目鑑賞。

天才外科医から魔術師に転身したマーベルの異色ヒーロー“ドクター・ストレンジ”の始まりの物語。


アストラル次元に幽体離脱したり、アガモットの眼(タイムストーン
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.8

アン・ハサウェイを初めて認知したであろう作品。


ジャーナリストを目指すアンディは、地味で冴えない服装にも関わらず、一流ファッション雑誌RUNWAYのアシスタントに採用されることに。

しかし、上司
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

4.0

初クロサワ監督作品鑑賞。

村を襲いに来る野武士たちを倒すため七人の侍が立ち上がる伝説的名作。


百姓の利吉が浪人の勘兵衛に頼み込み、勘兵衛が七人の侍を集める前半、
百姓と侍たちの交流を通して一致団
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.8

トム・ハンクス出てる映画だいたい「トムはこんな大変な思いをしてるのに、自分の悩みなんてちっぽけだな〜がんばろ」と前向きになれるので、人生行き詰まってんなって感じるときに見ると間違いないと思ってる節あり>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.1

見る前から「絶対好き」と確信できる作品に久々に出会った〜

中国系アメリカ人のエリー・チュウは成績優秀な女子高生。特に文学の才能に優れ、レポートの代筆で稼いでいた。エリーはある日、アメフト男子のポール
>>続きを読む

トールガール(2019年製作の映画)

3.7

久々に鑑賞した新しい映画は王道ラブコメ

身長187cmのジョディは高身長がコンプレックス。心を許せるファリーダとジャックがいるものの、友人や恋愛関係にうまくいかず、ミスコン常連の姉とは対照的で親にも
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前作キングスマンと合わせて久々の鑑賞。
初回は確かイギリスへ向かう飛行機の中で見た。
おかげでイントロのハイドパークのシーンとか激アツだった記憶あり。


ヴァレンタインの陰謀計画を阻止してから1年後
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

3.8

バーレスク:有名な作品を滑稽に描く文学・戯曲・音楽のジャンル。

田舎娘のアリがロサンゼルスのクラブ「バーレスク」で歌姫として登り詰めるお話。


勝手に過激なストリップみたいなのを想像してた(確かに
>>続きを読む

メリーに首ったけ(1998年製作の映画)

3.5

『グリーンブック』のピーター・ファレリー監督つながりで鑑賞。

キャメロン・ディアス演じるメリーのことが13年経っても忘れられないテッド。同じくメリーの魅力に狂った男たちが彼女をめぐって争うラブコメデ
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.9

ムロさんがインスタライブでオーディオコメンタリーというか実況?やってたので久々に見ました。

夏のある日、「SF研究会」に所属する大学生がタイムマシンを見つけて起きるドタバタ劇。

好きな青春映画ベス
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.8

話題になっているときに見れなかったのでやっとレンタルして鑑賞。

グリーンブック:黒人が安全に旅行するための旅行ガイド

イタリア系用心棒トニーと天才黒人ピアニストのシャーリーがまだ黒人差別が色濃く残
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

人間が創り出したものが発端で世界は激変し、
人類を脅かす脅威となり得る
(最近はすごく実感できる話だな…)


ジュラシック・ワールドで起きた惨劇から3年経ったイスラ・ヌブラル島。大噴火寸前の島から恐
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

弱肉強食の世界

これは映画館で見ときたかったやつ。
知人が7回くらい観に行ったと聞いてずっと気になっておりました。

イスラ・ヌブラル島でリニューアルオープンした「ジュラシック・ワールド」で繰り広げ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

  MY HOUSE
  MY RULES
  MY COFFEE

ナイブズ・アウト(Knives Out)
-複数のナイフ(刃)が出た状態。
うーん確かにこれを訳すのは難しいかも…

世界的有名な
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.0

車椅子のユマの青春ロードムービー。

先天性の脳性麻痺で車椅子が欠かせない23歳のユマは、過保護すぎる母親と2人暮らしながら、友達の少女漫画のゴーストライターとして働く。彼女は自分の描いたマンガをアダ
>>続きを読む

静かな雨(2020年製作の映画)

3.7

宮下奈都さんの原作を読んでから試写会にて鑑賞。

生まれつき足に障害を持つユキさんこと行助。
たいやき屋のこよみさんに惹かれ、あしげく通ううち、ふとしたきっかけで距離が縮まる。
行助が喜んだのも束の間
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.7

『静かな雨』の前に中川龍太郎監督の作品を予習。同監督作品は鑑賞済みの『わたしは光をにぎっている』に続いて今作が2作目。

3年前に恋人を亡くした27才の主人公・初海は、アルバイトしていた蕎麦屋が閉店す
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2020年初映画館2本立ての2本目。

半地下に住む貧困層の家族が高級住宅地の一家に寄生し乗っ取っていく悲喜劇。

一度乗ったら降りれないジェットコースターのようで、前半はまだ笑って見ていられるけど、
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2020年初映画館はこの1本。

ジョジョはナチスに傾倒する10歳の少年。空想上のヒトラーを友達として青少年ヒトラーユーゲントに入り訓練に励む。しかし一人で靴紐は結べないし、ウサギを殺すことができず、
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.8

MCU制覇するぞと一念発起し鑑賞1本目。
(道のりはまだまだ長い…)

偉大な発明家を父に持つトニー・スタークは自身も発明の才能を遺憾なく発揮し、軍事兵器製造で億万長者に。しかし新型兵器を披露するため
>>続きを読む

>|