ウォーキング・デッド4のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ウォーキング・デッド4」に投稿された感想・評価

ギネス

ギネスの感想・評価

4.0
0
人類最後の敵はウイルスであることを暗示させるシーズン4。どうやって感染を抑えるか。ゾンビの脅威に晒されながら、集団で身を守らなければならないが、それが故に集団感染のリスクも高い。メンバーも入れ替えながら、実に豊富なキャラクターが存在しているにも関わらず、誰が誰とか、多すぎてよく分からないというのが、全くない。うまく新陳代謝を遂げながら飽きさせないようにしているところがこのシリーズの魅力の一つだろう。
じん

じんの感想・評価

4.8
0

このレビューはネタバレを含みます

いや待って待って。本当に良かった。前半はシーズン3を引きずってるから眠すぎて見るの止まってたけど、刑務所を離れてメンバーがバラバラになってからが面白い。どのシーンもとても人間味が溢れてた。大切な人の安否が気になる中で、何日も危険と隣り合わせなんてたまったもんじゃない。このクソッタレな世界に向けて、ダリルとベスが家を燃やして中指立てるシーンがウォーキングデッドの中でいっちばん好き。

タイリースと一緒にいた姉妹の話も凄かった。赤ちゃんの口を思いっきり塞ぐし、ウォーカーにネズミを与えてるし、追いかけっこしてるし、妹殺しちゃうし。リジーの行動には鳥肌が止まらん。一周回ってもドン引き。リジーを撃つキャロルのどうしようもない悲しさが心を抉った。その後、罪を告白するシーンも辛かった。グレンのように絶対に無理だって状況でも見捨てない人になりたい。あと今まであまり魅力を感じられなかったミショーンの過去が知れて良かった。ダリルにとって兄弟と言われることがどんなに嬉しいことか。最後もリックが久々に頼もしい事を言ってくれるからこの後が気になって仕方がない!
Mahonelover

Mahoneloverの感想・評価

4.5
0
🧟🧟🧟
ゾンビ:★★★★★
ダリルが好きすぎる:★★★★★

セリフにhave to がたくさん含まれてた
みんな使命感持って自分の役割に責任持ってたのが凄い伝わってきた

『終着駅』ってゆう共通の目的地に向かって
バラバラになったみんなのそれぞれのオムニバスって感じで個人的に結構好きなシーズン!

12話『本音の杯』好き
ダリルが感情的になってるの初めて見た

ダリルへの愛はシーズン進む毎に強くなる~🤭🤭
ダリルのおんぶ!!羨ましい...
ダリルとカップル繋ぎ!!羨ましい...

カールがどんどん大きくなっていく(n回目)
監督変わったのか知らんけど、
歌多いわポエム多いわで疲れるし、

時系列がしょっちゅう行ったり来たりするのもめんどくさい、、

ハーシェル🥺🥺🥺
yuka

yukaの感想・評価

4.0
0
シーズン1~4までの中では1番よかった
あのリジーの衝撃的な行動、グレンダリル安定のかっこよさ、刑務所での対決諸々ハラハラさせてもらった
早く合流して!!って願いながら見ていた  
N

Nの感想・評価

3.7
0
E14衝撃すぎた。リジーのようにあの環境で育ったら偏った思考になる子がいてもおかしくないな。キャロルもまさか撃っちゃうとは、、
E15ではマギーとグレンの再会に泣いた🫂
E16リックの 首に噛み付いたのはやばすぎだし何度もナイフ刺すしゾンビと同等じゃん。
ミショーンとカールの仲良しはいい♡
そろそろ中弛み期間でシーズン4見終わるのに1年以上かかった😅笑
よしえ

よしえの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

ますますダリルかっこいいわー
一緒にいてたら大丈夫っていうこの安心感よ。
総督まじで悪い奴すぎる。死んでよかった。。
リックが寝てる家に男達が入ってきたときはどうなるかと思った。本当に怖いのはウォーカーではなく人間。
リジーは狂ってるし。殺されたミカがかわいそう。。
そしてリックの身代わりになろうとするなんてやっぱりダリルはいい奴すぎる。
マギーとグレン、リック達とダリルが再開できてよかった。
このドラマに救いはあるのかと思ってたけど、とりあえずはよかった。
dododo

dododoの感想・評価

3.2
0
グレン
→スティーブン・ユアン
ハーシャル
→スコット・ヒルトン
ぼぼぼ

ぼぼぼの感想・評価

4.6
0
いやあ総督がひたすらいい味出してる🤤
やっぱりああいうキャラって必要だよなあ

ベスとダリル好きだ!!!!!
ここら辺がいちばん面白い
刑務所を総督に襲撃されるPart2により、散り散りになった各メンバーが、線路の終着駅を目指して進むシーズン。
これまで目立ってなかったベスがの前向きさにダリルが救われているところが微笑ましい。ダリルは、シーズンを重ねるごとに人間的成長を感じます。この世界の道理である「生きること」を通して、仲間を慈しみ、共存することを日々の生活で知っていく姿に、ファンが多いだろうなーと思います!初期メンバーでも、荒くれ者で厄介者扱いされてたなんて、今では考えられないですね!!コミュニティの中でも強いし、頼りになるし!

タイリースとジュディス少女の姉妹ふたり、キャロルのチームが壮絶すぎた...妹の方を心配してたら、まさか姉の方がガン(病気という意味ではなく)だったなんて...ジュディスが泣いて、口を塞いでるあたりから、あれ?なんか怖いなこの子って思ってたけどあれ伏線だったんですね...キャロルも悲しむわ、そんなん。

身を守るため、生き延びるためなら、ウォーカーだけでなく、コミュニティ内にいると、生活の継続が危うくなりそうな者を殺してしまって追い出されたキャロルだったけど、和解してリックたちと戻れて良かった。身内愛が強いか強くないか、だけど人間を殺す、ことに抵抗を感じる人が死に、そうでない人が生き残る、といった法のないこの世界で人道的とは?自分は人間としてどう生きるか?を登場人物たちが戦い通して常に自問していたように思います。

終着駅にそれぞれ着いたキャラクターたちは食うか、食われるかの次シーズンに繋がっていきます。サンクチュアリは本当にあるのか?旅の終焉はハッピーエンド?バッドエンド? 飽きない洋ドラです!
>|