劇場版ラジエーションハウスの作品情報・感想・評価

「劇場版ラジエーションハウス」に投稿された感想・評価

ゆゆ

ゆゆの感想・評価

-
五十嵐さんを筆頭にラジエーションハウスの面々がパワーアップしてかえってきてくれてて嬉しかった!!
22ーAー24
甘春先生への愛が止まらない感じが良いですね。
辞表を出してみんな行くところが漫画的ですが、、、
nanako

nanakoの感想・評価

-
どんなときでも甘春先生1番な五十嵐くんが愛おしい。最後は報われたかな?♡
飲酒運転で大切な人を奪われる、かつ決めがたい選択をする場面は涙とまらなかった。
あ

あの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ版、スペシャルドラマ全話視聴済み。待ってましたの劇場版。好きな作品なので激甘。

『救える系医療ドラマ』のラジハにしては、助けられる命と助けられない命がはっきりと描かれている。助けられないで諦めるんじゃなくて、助けられないからこそ当人の気持ちをなんとか汲み取りたいと葛藤する唯織のひたむきさに胸が熱くなった。その方法が非現実的だったというのはさておき「雨だよ」で脳に色がつく演出は泣けた。
のに…後半の元院長の死から離島に残った杏と謎の病気との闘い…のくだりが…匂わせまくりで前半の涙を引っ込ませた。
台風来てるニュースといい、離島残る判断といい、井戸水のアップといい、井戸水飲むくだりといい…もう原因それですよね感。ミステリーだったら逆張りかなっておもうけど、ラジハだしな…ただの匂わせで残念。
その中でも離島の古い設備でなんとか投影させるために電話で指示する描写や、感染症が蔓延してるかもしれない島に行くなら病院辞めなさいからのラジハメンバーみんなパス置いて島に向かう描写にほっこり。

個人的には本田翼の賛否両論棒読み演技がクセになるドラマ版から打って変わって、めっちゃ演技上手くなってるし可愛いしでとってもよかった。顔面最強杏ちゃんが最強ヒロイン。ラストのキスシーンで胸がキュンってなった!やっとっすね!!!!!!!
あ

あの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

翼が可愛すぎたし、演技上手になってた

いろんな出来事があって個人的には脳死の奥さんの話。
旦那さんも、犯人はピンピンしてるのに奥さんは脳死でしかも、子供を取り出す出さないと2人とも死ぬって、辛すぎるよ。
でも、この先医療が発展して脳死の人とも声を通じて会話できるようになれば良いなとおもう。

離島の話は序盤から水かーって感じだったし、
ライフライン断たれたら人間は生きていけないよなー。
あ

あの感想・評価

3.7
みんなが観れる事を第一条件に、家族で観る映画として作られていると感じた
話は都合よく進むのだけど、それもまた易しさをかんじた
ドラマとは違うスケールの大きさと、cgや構図映画館用の音の演出
劇場版としてとても良かったとおもう。
なつ

なつの感想・評価

-
映画に詰め込みました!って感じ。
ドラマの1時間とはまた違った。
続編の2hSPドラマくらいを定期的にみたいな。
Ryoma

Ryomaの感想・評価

4.3
久しぶりの邦画視聴。ドラマ愛聴者としては、安定の面白さだった。うるっときて泣いたシーンもあった。

ラジエーションハウスのメンバー同士での他愛ない会話劇をはじめとしたほっこりするパートと産婦人科医の奮闘を描いた『コウノドリ』を彷彿とさせる“命の尊さ“をテーマに描かれた感動的パートのバランスが絶妙だった。

命の重さや尊さは、だれもが等しく平等だと教えられるけど、実際に自分の大切な人が自分の身近でない無関係な人と天秤にかけられたとき、果たしてどちらも隔たりなく同等なものとして扱えるのだろうか。やはり、世の中には冷静に理性的・合理的に処理しきれない物事も確かにあり、感情に訴えなければどうしようもないこともあるんだと心の底からそう感じた。命に関することならなおさらだと思う。

不慮の事故や病気など様々な要因により、死を迎えた人のまわりの残された側の苦しみは言葉では表現できぬほどに計り知れないと思うけど、先に逝ってしまった人の気持ちを汲んで、その先の人生がもう少しあれば残りの人生で何がしたかったのかを考え、その気持ちを自分のものとして大切にして生きていくことこそが、残された側が前に進んでいく上で大切だと感じたし、旅立ってしまった人にとってもなによりの幸せなんじゃないかなと思った。

主題歌のマンウィズもやはりいい。ドラマ版の【Remember Me】と同様に映画版の【More Than Words】も、不条理な世の中だけど力強く生きていこうという前向きなメッセージが込められた作品に合った楽曲でとてもよかった♩
tacky

tackyの感想・評価

3.8
ドラマ版のファンである私としては、「ラジエーションハウス」の8人のそれぞれのキャラを丁寧に描いてあり、サブキャラの鏑木先生や院長なども、もれなく参加していてとても満足した。
特にゲストの山崎育三郎は素晴らしかったし、感動するエピソードばかりで、楽しく観られたと思う。

しかし、本筋の大切な物語が二つ重なり同時進行なので、気持ち集中できなかった、
交通事故のエピソードなんて、なんの解決もしていないし、島のエピソードは、偶然の奇跡が起こって、トントン拍子に解決した感じで、どっちつかずで、掘り下げの浅い物語になってしまった。残念。

2時間の映画で見せるなら、甘春先生が絡んでいるので、島のエピソードだけにすべきだったと思う。
が、いつも通り甘春先生は、なんの役にもたたないので、2時間引っ張るのは辛かったのかもしれない。
結局、五十嵐や技師たち頼りで、何が「世界一の医者」なんだろう?????

ラストシーンって何なんだ。みんな告白しまくって、今までのお約束破られて悔しい。しかも最後…広瀬さん(役名の方です)可哀想じゃないか。

どうもこれで最後ではない終わり方なので、これからも続けるのなら、甘春先生、どうかひとり立ちしてください。(本田翼の演技力も。)
ドラマ未視聴だけど急遽👨‍⚕️
話詰め込みすぎ島美しすぎ窪田顔小さすぎ🤦‍♂️
>|

あなたにおすすめの記事