いのちの停車場の作品情報・感想・評価

「いのちの停車場」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

-
安楽死について改めて考えさせられる機会。
どうすることが正解なのか、
人生の終わり方を考えていくべきだと思う。
くちゃ

くちゃの感想・評価

4.8
心温まるとともに切なさややるせなさが上手く表現されていて、素晴らしかったです。

登場人物の台詞一つ一つが深くて、胸に沁みてきました。少しですが、クスッと笑える部分もあり、登場人物一人ひとりが抱えるトラウマや苦しさがとても大切に描かれていて、とても面白かったです。

吉永小百合さんはこの作品で今年のアカデミー賞に出ると思います。予想ですが…。

ルックも価値観も平成の初めごろに置いてけぼりみたいな印象

最先端をいく企業はあんな風じゃないだろうし、いくら地方とはいえ今の女子中学生はあんな風じゃないと思う

生と死を描けば深い映画になるって訳じゃないでしょう
きな

きなの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

この作品は在宅医療がメインだけど、
描きたい、届けたいのは

「人生を全うする」とはどういうことか

ということなのだろうと思いました。

医療行為シーンも少なく、
ある意味で突っ込みたくなるような場面も
あまりなかったのが見ていてよかったです。

スポットライトを当てたい患者が多くいたからなのか、
患者と医療スタッフの関係性が薄くなってしまうのが勿体なかったな。

それでも良い芝居でした。
優しい気持ちになれる、
丁寧で繊細な芝居が掛け算されていたなあ
と私は感じます。


医療ってなんだろうね。
患者に寄り添った医療とは、
何が正しいのだろう。
正しさとは存在しないのかもしれないな。

とも思います。

それでも「生きたい」と思うし
「生きていてほしい」と願ってしまう。

吉永小百合さんはもちろんのこと、
松坂桃李さん広瀬すずさんのお芝居がとてもよかった。

すずちゃんは感情を爆発させる芝居をするイメージがあったので
静かに感情を表す芝居が印象深かったです。
金沢の景色が綺麗でいきたくなった
内容は盛りだくさんだったから、小説を読むといいのかも
泣けたー
0w0

0w0の感想・評価

3.0
走り続けた人生の中で一度立ち止まり、心を休めたり、自分を見つめ直したり、いのちの終い方を考えたり。
まほろば診療所は何も言わず、ただそこに停車場としてあり続け、降りてくる人を迎え入れ、去る人を送り出す。

このレビューはネタバレを含みます

テーマ自体は良いように思いますし、観に行って良かったとは思うのですが。

セリフが全て説明くさい、交通事故起こりすぎ、展開分かりやすすぎ、登場人物の描き方浅め、主題以外のことを詰め込みすぎ等々、色々なところが気になりました。期待値が高すぎたのかな…?

また、ちょっとここはどうなの!?と譲れないところが…。

プロ棋士が亡くなった直後、吉永小百合に西田敏行は「癌がなくなると人間の寿命は20年延びるそうだ。そうすると地球上から食糧が無くなって、人類は飢え死にしてしまう」的なことを言います(正確では無いです、ごめんなさい)。

なんだかとても正しいことを言っているように思えるんだけど、ていうか論理的には正しいことなのかもしれないけど、これ、「誰かが生きるということは誰かが死ぬということだ」というメッセージではないですか。
このメッセージは映画の趣旨に反するし、多分、作り手側が伝えたいことではないでしょう。しかし、・西田敏行のセリフであること ・涙を誘うようなシーンであること も相まって、強めのメッセージになってしまっている。本来の意図とは違うであろうメッセージが付け加わってしまっている。

観てから数日経った今も、そこが引っかかっています。
とし坊

とし坊の感想・評価

4.1
吉永小百合さんは幾つになっても綺麗!広瀬すずさんも綺麗だし見終わってほっこりする映画
nmovie

nmovieの感想・評価

3.7
☻大事な時が訪れる瞬間まで温もりや息遣いを感じてあげてください☻
Su

Suの感想・評価

5.0
ひとつも要らない命なんてないと思える映画。
最後まで一人一人の想い、思い出がある。
>|

あなたにおすすめの記事