HEROの作品情報・感想・評価

HERO2015年製作の映画)

上映日:2015年07月18日

製作国:

上映時間:135分

3.4

あらすじ

ある日、ネウストリア大使館の裏手の路上で、突然道に飛び出してきたパーティーコンパニオンの女性が車に跳ねられるという事故が起こり、不幸なことに女性は亡くなってしまう。東京地検城西支部の久利生公平検事(41)がその事故の捜査を担当することになる。事務官の麻木千佳(29)と共に事故を起こした車の運転手を取り調べていたところ、かつて久利生とコンビを組んでいた元城西支部事務官・雨宮舞子(38)が現れる。現…

ある日、ネウストリア大使館の裏手の路上で、突然道に飛び出してきたパーティーコンパニオンの女性が車に跳ねられるという事故が起こり、不幸なことに女性は亡くなってしまう。東京地検城西支部の久利生公平検事(41)がその事故の捜査を担当することになる。事務官の麻木千佳(29)と共に事故を起こした車の運転手を取り調べていたところ、かつて久利生とコンビを組んでいた元城西支部事務官・雨宮舞子(38)が現れる。現在、検事になり大阪地検難波支部に勤める雨宮検事は、自身の担当している広域暴力団絡みの恐喝事件の重要な証人が、久利生が担当する交通事故の被害者女性だった為、城西支部を訪れたのだった。久利生の担当する事件は単なる交通事故ではない可能性が出てきたため、久利生と雨宮の因縁の二人による合同捜査になることに。 現場主義の久利生は事故現場を調べると、ネウストリア公国の大使館に行き当たる。 事故当時の状況を知りたいから大使館員に話を聞かせてほしいと頼むが、あっさりと大使館側に断られてしまう。大使館の中には日本の司法が全く及ばない、治外法権という権利が存在しているのだ。しかし、捜査の過程でネウストリア大使館が事件に間接的な関係があるのではと思った久利生は、あきらめずに大使館にアプローチするも、当然の事ながら、大使館は全く応じない。さらには日本とネウストリア公国の外交問題にも影響を及ぼし始め、外務省からの圧力も受けてしまう。さすがの久利生も、立ちはだかる“治外法権の大きな壁”の前になす術なく、捜査が進展せず暗礁に乗り上げてしまう…。 果たして、久利生はその強大な壁の向こうにある真実にたどり着けることが出来るのか?

「HERO」に投稿された感想・評価

アキラ

アキラの感想・評価

1.0
ネウストリア国大使館事件。松たか子と再会。テレビ版2は今週もテレビの再放送を一式見直す程好きだが、この映画は内容が薄い。
kummy

kummyの感想・評価

3.0
テレビの頃から、楽しく拝見してました。
今回は…それほどインパクトはありませんでした。多くのシーンが、以前に見たことあるような感じでした。

キムタクの髪型、heroだからだと思うけど、もう歳なんだし、ただの痛いチャラおじさんな感じでした笑
ふく

ふくの感想・評価

3.5
妹が北川景子好きで一緒に観に行った記憶がある

面白くて映画館で笑ったな〜
HEROは全部おもしろいし、みんな検察官なりたいって1回は思っちゃうと思う🤔
hirokeeen

hirokeeenの感想・評価

4.0
個性あふれる演技派俳優陣が検察官に扮し、城西支部で繰り広げられる人間模様を描き出す。ミステリーだけでなく日本人のツボを押さえた巧みな笑いが秀逸。終始笑いの絶えない映画でした。近年の邦画は人気ドラマの映画化というマンネリ手法がよく用いられている気がするけれど、「HERO」に関しては(個人的に)ドラマそのものが面白いから、今回の映画化に異論はありませんでした。
あすか

あすかの感想・評価

3.5
久利生と雨宮のコンビやっぱりいいな〜。見ていてニヤニヤしてしまう。

テンポの良い会話のやり取りは見ていて面白い。面白くてあっという間に終わってしまった。

食べ物が多く出てきて美味しそうだったな。ソーセージ、おでん、ラーメン、焼きそば!

最後の久利生と雨宮のシーンは煮え切らないけどそれが2人の良さなのかな。雨宮の気持ちは分かったし。

2017#334
drago

dragoの感想・評価

3.0

いつもの愉快な仲間たちが、愚直に頑張るクリュウ検事を助けてくれる。
松たか子はオバサン化、吉田羊と北川景子はさすがにキレイ。

予定調和が心地よく、安心して観られる映画だけど、御都合主義でいかにも陳腐。
これってワザワザ映画にしないで、スペシャルドラマで十分なんじゃない?

☆☆☆★★
2017年10月20日
WOWOWシネマにて鑑賞。
ネウストリア公国大使館の裏通りで発生した交通事故。
交通事故の検事となった東京地検城西支部の久利生公平検事。
外交官特権のあるネウストリア公国大使館が関係していると思われる交通事故に久利生公平と大阪地検難波支部検事で久利生の元事務官雨宮舞子、東京地検城西支部の面々が真相解決の為の捜査を描いた作品。
あまりにも雑でモヤモヤ感が残った事件の結末、ちょっとそれで良いのと思わされたエンディングと上映時間の長さもかなり残念。
雨女

雨女の感想・評価

3.1
・ドラマとかなにも見てなくて突然映画だけ見たのに面白かった。
・掛け合いがゆるっとした面白さですごく好き。
・台詞無いときに端っこで椅子譲ってあげてたり、画面のすみでチラチラみえる動きのお芝居が可愛かった。
・アップの映像がほんとに近い。
eri

eriの感想・評価

-
城西支部のメンバーの掛け合い本当おもしろい。
私はずっと春菜待ちでした
>|