HEROの作品情報・感想・評価

HERO2015年製作の映画)

上映日:2015年07月18日

製作国:

上映時間:135分

3.4

あらすじ

ある日、ネウストリア大使館の裏手の路上で、突然道に飛び出してきたパーティーコンパニオンの女性が車に跳ねられるという事故が起こり、不幸なことに女性は亡くなってしまう。東京地検城西支部の久利生公平検事(41)がその事故の捜査を担当することになる。事務官の麻木千佳(29)と共に事故を起こした車の運転手を取り調べていたところ、かつて久利生とコンビを組んでいた元城西支部事務官・雨宮舞子(38)が現れる。現…

ある日、ネウストリア大使館の裏手の路上で、突然道に飛び出してきたパーティーコンパニオンの女性が車に跳ねられるという事故が起こり、不幸なことに女性は亡くなってしまう。東京地検城西支部の久利生公平検事(41)がその事故の捜査を担当することになる。事務官の麻木千佳(29)と共に事故を起こした車の運転手を取り調べていたところ、かつて久利生とコンビを組んでいた元城西支部事務官・雨宮舞子(38)が現れる。現在、検事になり大阪地検難波支部に勤める雨宮検事は、自身の担当している広域暴力団絡みの恐喝事件の重要な証人が、久利生が担当する交通事故の被害者女性だった為、城西支部を訪れたのだった。久利生の担当する事件は単なる交通事故ではない可能性が出てきたため、久利生と雨宮の因縁の二人による合同捜査になることに。 現場主義の久利生は事故現場を調べると、ネウストリア公国の大使館に行き当たる。 事故当時の状況を知りたいから大使館員に話を聞かせてほしいと頼むが、あっさりと大使館側に断られてしまう。大使館の中には日本の司法が全く及ばない、治外法権という権利が存在しているのだ。しかし、捜査の過程でネウストリア大使館が事件に間接的な関係があるのではと思った久利生は、あきらめずに大使館にアプローチするも、当然の事ながら、大使館は全く応じない。さらには日本とネウストリア公国の外交問題にも影響を及ぼし始め、外務省からの圧力も受けてしまう。さすがの久利生も、立ちはだかる“治外法権の大きな壁”の前になす術なく、捜査が進展せず暗礁に乗り上げてしまう…。 果たして、久利生はその強大な壁の向こうにある真実にたどり着けることが出来るのか?

「HERO」に投稿された感想・評価

hyde

hydeの感想・評価

1.3
大好きなドラマシリーズを映画化!
【土曜9時位にテレビ放送待とう】

わざわざ映画館で観る必要はなかった。
キムタクがカッコいい、HEROのドラマから観ている人にとっては懐かしい描写がある。それくらいの印象。

ドラマのヒットでお金あるので作ってみました感がひどい。

ヒットしたドラマを映画化すると大抵は残念なことになると思っているが今作もそれは避けられなかった…
Ayumi

Ayumiの感想・評価

5.0
そういえば見た。映画館に観に行った。キムタクがかっこよかったな。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.7
正義について改めて考える映画。
今までのHEROを見てるとより楽しめます。
新井浩文との共演を見るとプライドを思い出してちょっと深読みしてしまいました。
KaZuKi

KaZuKiの感想・評価

4.0
飄々とした久利生検事が見せる熱意はシリーズを通して心動かされます。
なお

なおの感想・評価

4.0
これこれ。これですよw

ドラマ第1期はリアルタイムで見ていなかったけれど、再放送で知ってそこからSPも含めて全部見てやっとここまで来たよ。

まあ、ドラマ見た人向けの作品って感じだけれど、十分満足出来ました。
M

Mの感想・評価

3.0
過去記録。
テレビドラマで見てたから見てみようと思って祖母と映画館で見た。

HEROってなんかいつも地上波で放送してる気がしたから見なくてもいいかなって思ってたけど普通に良かった。いつも通りのHEROって感じ(笑)それとキムタクは年中無休でかっこいい。
やっぱり久利生さんはカッコ良いです。雨宮と最後に幸せになって欲しかったけど、そこは二人の性格からすると無理な話なんだろうなぁ…
また二人のコンビが観たい‼️
「司法の及ばない場所、大使館」外交と司法とが絡み合うところ相手に真実を追う久利生さんやばい、カッコよすぎ、ムリ
国際交流って?国境を越えるって?文化の違いを認めるって?
考えさせられる
よね

よねの感想・評価

3.0
映画じゃなくてもいいかなぁ?感が少し残念。

たださすがHERO、面白いです。
ドラマを1度も見たことないけど、
好きな俳優さんばかりだったので面白かった。
>|