HEROの作品情報・感想・評価

HERO2015年製作の映画)

上映日:2015年07月18日

製作国:

上映時間:135分

3.4

あらすじ

ある日、ネウストリア大使館の裏手の路上で、突然道に飛び出してきたパーティーコンパニオンの女性が車に跳ねられるという事故が起こり、不幸なことに女性は亡くなってしまう。東京地検城西支部の久利生公平検事(41)がその事故の捜査を担当することになる。事務官の麻木千佳(29)と共に事故を起こした車の運転手を取り調べていたところ、かつて久利生とコンビを組んでいた元城西支部事務官・雨宮舞子(38)が現れる。現…

ある日、ネウストリア大使館の裏手の路上で、突然道に飛び出してきたパーティーコンパニオンの女性が車に跳ねられるという事故が起こり、不幸なことに女性は亡くなってしまう。東京地検城西支部の久利生公平検事(41)がその事故の捜査を担当することになる。事務官の麻木千佳(29)と共に事故を起こした車の運転手を取り調べていたところ、かつて久利生とコンビを組んでいた元城西支部事務官・雨宮舞子(38)が現れる。現在、検事になり大阪地検難波支部に勤める雨宮検事は、自身の担当している広域暴力団絡みの恐喝事件の重要な証人が、久利生が担当する交通事故の被害者女性だった為、城西支部を訪れたのだった。久利生の担当する事件は単なる交通事故ではない可能性が出てきたため、久利生と雨宮の因縁の二人による合同捜査になることに。 現場主義の久利生は事故現場を調べると、ネウストリア公国の大使館に行き当たる。 事故当時の状況を知りたいから大使館員に話を聞かせてほしいと頼むが、あっさりと大使館側に断られてしまう。大使館の中には日本の司法が全く及ばない、治外法権という権利が存在しているのだ。しかし、捜査の過程でネウストリア大使館が事件に間接的な関係があるのではと思った久利生は、あきらめずに大使館にアプローチするも、当然の事ながら、大使館は全く応じない。さらには日本とネウストリア公国の外交問題にも影響を及ぼし始め、外務省からの圧力も受けてしまう。さすがの久利生も、立ちはだかる“治外法権の大きな壁”の前になす術なく、捜査が進展せず暗礁に乗り上げてしまう…。 果たして、久利生はその強大な壁の向こうにある真実にたどり着けることが出来るのか?

「HERO」に投稿された感想・評価

nago19

nago19の感想・評価

3.5
キムタクはまり役。松たか子と結婚して欲しかったなぁ。現実で。はるながどこに出ていたのか他の人のコメントで分かった。
ほ

ほの感想・評価

3.8
やっぱり雨宮さん大好きだ〜〜〜〜😍
コミカルなところもたくさんあって、クスッと笑える内容も充実してたけど、法律とか外交問題に踏み込んだシーンもたくさんあったから、その辺の知識をしっかり持っていたら、より楽しめたのかなぁ。。。
様々な知識や学びに精通する、賢い人間になりたい、、、


あと、大きいソーセージとビールが美味しそうだった😌😌
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.0
初めてHEROというものをちゃんと観た(笑)

笑えたりスッキリする部分も多いし、おうちでのんびり観るのにいいなぁ、と思います。

脇がよかったなぁ~。
ドラマ観てない人でも楽しめると思います!
「仁義なき戦い」のナレーション風にお読み下さい。

蛇尼伊豆(じゃにぃず)組からの圧力によりキムタクがカッコをつける舞台が整えられた。それが本作、HEROだ。TVシリーズ、映画と用意され、キムタクが栄華を極めたのだ。

主人公であるキムタク演じる久利生検事は、刑事さながらの行動で型破りにカッコをつける。どんなに難しい事件でも未解決はありえない。巨悪な連中も久利生にひれ伏すのだ。

キムタクのために用意されたHERO。栄枯盛衰とおごる平家は久しからず。キムタクの栄華と野望は本作を頂点とし、徐々に勢いを失い、はかなく散っていったのであった。
話的にはそんなに深くもないんだけれど、普通程度には面白い。
ネウストリア人の集まるバーのシーンが特に面白かった。
ドラマ、スペシャル、映画と全作見てきてファンからすると終わりか〜って感じです。音楽を聞くだけで昔のことを思い出す本当に懐かしい。
自分の中の信念を貫き、徹底的に調べ上げる。男の生き様は本当にかっこいい!
kenji77760

kenji77760の感想・評価

3.6
よい!キムタクももちろん良いけど北川景子も素晴らしい。脇役がみんな豪華すぎるよな。松たか子、もちろん良いけど、和服姿のとき、わー、歳とったなって感じだよ。
検事仲間みんなで助け合うありがたさに気付いた松たか子のことをもう少し強調すればよかったかな。
それにしても音楽がいいなぁ。
いやぁ面白かった!
wowow連続視聴。
トランスフォーマー観るつもりが、流れで観てしまった・・・。

ちょっとあり得ない展開ではあるが、映画的には面白い。

外交官特権の壁をメインに話が進む。

前作からの流れから出演者にも入れ替わりがあり、楽しめる部分と楽しめない部分がある。北川景子が非常にかっこ良くそして綺麗である。
濱田岳のおちゃめっぷりも映画のめりはりに不可欠である。

個人的に鍋島次席こと児玉清さんが出演されていないことが寂しくそして移り行く時代を感じる・・・。

その反面名バイプレイヤー達が活躍しているのもこれまた時代か・・・。
kurasaki

kurasakiの感想・評価

3.7
メンバーがなんか地味に豪華になってた
パーツを各自集めて巨大な壁を乗り越える
ってのはやっぱズルいよね
そゆの好き(*´꒳`*)
まぁもうちょっと欲しい感は否めないけど
テーマ曲ほんとかっこよす
映画で見るまでもないドラマでいいです。大使館とのやり取りだけであとは何もない
>|