劇場版 そして、生きるの作品情報・感想・評価

「劇場版 そして、生きる」に投稿された感想・評価

女将

女将の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

息が詰まる。

もう、不幸なこと起きないでね?って思っても、思っても、わんこそばみたいにどんどんきて。

今なんか、お腹?胃かな?キリキリしとるよ。
何作品もの不運な映画を纏めて2時間に編集したみたいな😭

しかも、観てる最中に、雷がずっと鳴っていて⚡️泣

言わない有村架純も嫌だけど、何も知らずに有村架純の友達と付き合ってる坂口健太郎はもっと嫌い😭

岡山天音が唯一の支えと思ったら。。。
でも、うん、いいよ。天音君。

キャスト豪華だけど、これは観る覚悟がいる映画かな🥲もう2度とみません。
me

meの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これでもかってくらい不幸が来るねw
でもまた不幸のオンパレード映画か。とは思わずとても良かったです
がしかし💥
坂口くんがどんなにいいこと言っても
どんなにアンニュイな表情見せても
憂いを見せても
お前付けなかったんだろーーーーー
って思って😑ってなってしまう私がいた
(最近FM999のパリの女がゴム付けないのは犯罪者って歌歌ってたからすごい影響されてる。わかるし)
ただ天音くんが言いたかった事全部言ってくれたからスッキリしたし
最後なんだかんだ
バスから降りて走ってくるか?
走ってくるか????
って思ってたのに
走ってこなかったーーーーーーーー
走ってこないバージョンあったか~🤦‍♀️
やられたぜーーーだった

全体的には坂口くんめっちゃかっこよかったし
爆発巻き込まれるのも誰かを助けたいって思ってもそんな甘い世界じゃないぜ
みたいな展開はそうだよね。って思うし
ストーリーも映像も2人にちょうどピッタリの設定で美しかった

月川監督王道じゃないっすかーーー
トナカイどうにかして下さいよ😭😭
羨ましすぎる
あーーーぁ菅田くんの王道見たかったな

そうそう。
天音くんのプロポーズの所めっちゃ良かったよね。
あの状況でプロポーズの返事してたの。って言うかすみん
こんないい子っぽいけど心の奥底の黒い部分っていうか…
親友と一緒にいる好きな人を見てしまった時の自分のいたたまれなさ
そう言わなければもうそこに立ってられないくらいの自分を唯一救う方法
そこにはプロポーズしてくれた天音くんの気持ちを考える余裕すらない。
天音くんは気付いてる

この2人今後きついだろうな~って思った。
蒲田行進曲のヤスだよね

でもその後の車のやり取りで
天音くんも自分の気持ち吐き出すし
かすみんも謝る
もう1回プロポーズのやり取りする所
とっても良かったです
まい

まいの感想・評価

3.2
大好き同士やけど今の環境に合った人と生きていく
好きだけじゃダメってことなのね

異論認めるって言いよったけんゆーけど瞳子の最初の選択は間違っとるっち思うんやけど
妊娠とか1人の問題やないやん、それを1人で決めて、私が決めたことだからってそれは自分勝手やなってなった。2人の行為の元出来た訳で男関係ないはないな。大いに関係ある。仮に黙ったままにするなら絶対に相手にバレないっていう執念のもと隠せよって思うんよね、墓場まで持ってけ。誰かに告げ口されるようじゃ爪が甘いなって
後々知らされた方がもやもやしそうや、うちの健太郎が困ってた!

映画よりドラマ派や〜
安定に健太郎がイケメンで頭抱える♡
一番大好きな人がそばにいてくれない。そばにいる人が自分を幸せにしてくれる。そんなん妥協じゃんって思ってしまった。それぞれのキスシーンが自然で良かった
ドラマ見てなくて、こちら鑑賞。
6話が2時間に上手くまとめられてました。
ayaetu

ayaetuの感想・評価

4.0
瞳子、強くて素敵な女性だったな。そんな女性を演じた有村架純ちゃんもすんごくかわいかったな。
思い出の作品。
2人の繊細な感情を見事に伝えてくれてた。ただのハッピーエンドじゃない、すごくもどかしい、でもそれが2人の選ぶ道なんだとじわじわ感動した。
最後、坂口健太郎がバスを降りて、
有村架純と抱き合い...その後を匂わせる展開を期待したが。残念、
kiki

kikiの感想・評価

5.0
WOWOW連続ドラマで鑑賞。

岡田惠和の脚本(セリフ)すきすぎる。。

そして、岡田惠和は有村架純を好きすぎる。。

最終回のラストのセリフ全てが素晴らしすぎる。

なんなんじゃーーー(T . T)

最近、お別れするけど前を向いて生きていこう!

てきなハッピーエンドが好き。


知英のハンちゃん役とっても好きな女性



#花束みたいな恋をした
とか
#劇場
とか
#夏の終わり
とか
#ナラタージュ
とかとか
表情を写す時の光が綺麗だった 登場人物が優しい映画は沢山あるけど、優しい言葉遣いや気持ちまでの過程が描かれていて 妙に納得した 
>|