劇場版 そして、生きるの作品情報・感想・評価

劇場版 そして、生きる2019年製作の映画)

上映日:2019年09月27日

製作国:

上映時間:135分

4.0

あらすじ

「劇場版 そして、生きる」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

なんで言わないの、なんで離婚しないのさって何度も思ったけれど、辛いときに側にいてくれたのは誰?って考えたらそっかって。1番大好きな人とは一緒には居れないけれど自分が決めたことだから後悔しないってカッコいいな。そして別れたことは伝えないんだって思ったけれどそこで伝えたらカッコ悪いもんな。自由でのん気に生きていたもんな。いろいろと考えさせられた映画でした。人生は悲しいことと嬉しいことの連続。
大事なタイミングに、これでもかってくらいに色々ありすぎる。

自分で選んだ道だから今がある。前向きに生きる女の強さに喝をもらいました!
silence

silenceの感想・評価

3.3
ここまでの不幸はそうないがそれでも前向きに生きていく心の強さは凄い。

ドラマを再編集しているので背景が分かりにくいところがあった。
Masa

Masaの感想・評価

3.8
ドラマ版で鑑賞。
キレイに締めくくってる感はあるけど、途中モヤモヤする場面も多々。
有村架純はこうゆう役ハマるなー。
全体的に良かったけど、もうちょっとゆっくり感動したかった。
喜んだり悲しんだりの起伏が多かった。
劇場版で観たらもうちょっとスッキリできたのかも。
kiki

kikiの感想・評価

3.5
ドラマがまずとてもいい。

決してハッピーエンドではないけど生きることに前向きになれる。希望をもてる映画。

有村架純と坂口健太郎がいい。
May

Mayの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

みんな苦労人……
暗すぎず見やすいんだけど次から次へと不幸が続く。
瞳子は女優の夢はもういいの?
売れてなさそうな理髪店の手伝いでこの家どうやって生計立ててるの?
瞳子も清隆もそんなあっさり次に行くの?
後輩くんが逮捕の設定はやりすぎでは…?って
やたら気になってしまったけど岩手がきれいに撮られてたのはよかった!
koma2chan

koma2chanの感想・評価

4.0
ドラマは観てないけど大分端折ってる感有りますが、後半涙無くては見れません。
特に光石研さんと出産のシーンはヤバイです。
最後も終わり方が良いです。
光石研さんの床屋が山田孝之さんの点の床屋と同じ店です。
竹内

竹内の感想・評価

4.8
劇場に観に行って序盤からずっと泣いてた。自分の感じたことをうまく表すことができないけど、残酷で報われなくて悲しくて、悩み続けながら強く生きようとする登場人物たちにすごく感じるものがあったと思う。
悪役が出てこないのに残酷な話ってとことん悲しくてやるせない…

演出とか演技にもすごく拘ったんだろうなってことが伝わってきました。
味玉

味玉の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1つのボタンのかけ違いが大きなドラマを生んでいく作品。タイミングって改めて大事なことだなぁ。

ラストのシーン、清隆がバスから降りて2人が再度結ばれてしまったら、そこら辺に転がるただの恋愛ものに成り下がっていた。お互いが異性としてももちろんだが、人として惹かれていることを、これからの生きる力に変えようとしている事こそが、この作品の強いメッセージと感じる。

途中、あまりに世界観が広がりすぎ、というか盛り込みすぎ感は否めないが、それに余りあるキャストの演技と映像美。
私の生まれ育った岩手をこんなにも美しく撮ってくれたことに感謝。

超個人的だが、10月に子供が生まれる予定だ。出産シーン、気が気で仕方がなかった。どうか無事この世に生まれてきて欲しい。
fuko

fukoの感想・評価

4.5
人間の生命力みたいなのを感じて、私も強く生きたいな、って思えました( .. )凄く良い映画!!
>|