骨を配信している動画配信サービス

『骨』の
動画配信サービス情報をご紹介!視聴する方法はある?

骨
動画配信は2024年5月時点の情報です。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。
本ページには動画配信サービスのプロモーションが含まれています。
目次

骨が配信されているサービス一覧

『骨』が配信されているサービスは見つかりませんでした。
代わりに似ている作品として5件の配信作品が見つかりました。

骨が配信されていないサービス一覧

Prime Video
U-NEXT
DMM TV
Rakuten TV
FOD
TELASA
Lemino
ABEMA
dアニメストア
Hulu
Netflix
クランクイン!ビデオ
JAIHO
ザ・シネマメンバーズ
スターチャンネルEX
みるアジア
WOWOWオンデマンド

骨の作品紹介

骨のあらすじ

2023年、美術館建設に伴う調査で、ある映像が発掘された。それは、少女が人間の死体を使って謎の儀式を行っているもので……。1901年に制作された世界初のストップモーション・アニメーション(という設定)。

骨の監督

原題
Los Huesos/The Bones
製作年
2021年
製作国
チリ
上映時間
14分
ジャンル
アニメショートフィルム・短編

『骨』に投稿された感想・評価

OSHO

OSHOの感想・評価

4.1
あまりの気持ち悪さと意味不明さに爆笑でした。
14分のストップモーションのショートムービーだけど、
始まって5分くらいからはずっと笑いっぱなしだった。
制作した人は笑われるように作ったのではないかも知れないけど^^;

ここまで途切れず笑った映画は久しぶり!

少女が人体の骨を持って教会へ。少女が魔法の火で、骨を燃やすと肉体が現れて、次に魔法で服を着せて、最後に心臓を入れると、人間に戻る。
すでに教会にいるし、そのまま、少女と生き返った人間は結婚するも、
結婚届を破棄し、生き返った人間を再び燃やし、骨にする…というストーリー。

やっぱり気持ち悪くて、意味不明な映画でした。

※『オオカミの家』(74分)と同時上映
「オオカミの家」併映の短篇作品。
2023年、美術館建設に伴う調査で発掘された、1901年制作の作者不明の世界初のストップモーション・アニメ(という設定)。
「オオカミの家」を鑑賞する上でのウォーミングアップ的な位置付けとして捉えた。
音飛びの感じとか、非常に「っぽい」なぁ…という印象。
アリ・アスターがエグゼクティブプロデューサーに就いているが故か、“骨”をあんな風に扱う狂いっぷりや衣装等々に「ミッドサマー」的な雰囲気をビンビンに感じた。
fujisan

fujisanの感想・評価

3.1
「オオカミの家」同時上映のショートムービー

映画館では「オオカミの家」に先立って上映されますが、作られたのはこちらの方が最近。「ミッドサマー」のアリ・アスター監督がオオカミ~を気に入り、エグゼクティブ・プロデューサーとして参加して本作「骨」が作られたようです。

同じストップモーションアニメですが、「オオカミの家」はカラーでこちらはモノクロ。テーマも同じチリ内の問題を扱っているようですが、「オオカミの家」の方はコロニア・ディグニダを扱い、こちらはチリの憲法改正が背景(だと思います)。

本作、雰囲気的には美術館の暗がりで上映されているアート映像のようで、意味を深掘りする意味があるかは?ですが、”入場料払ってるんだから分かった気にはなりたい”という貧乏性の私としては、整理だけはしておきたいのです😑



まず冒頭、『1901年に制作された世界初のストップモーションアニメ・・』云々の説明がありますが、これはフェイク。ただ、1901年というところには意味はありそうです。

■ 映像の流れ
少女が人骨を使った儀式で2つの人体を再生

結婚式のような儀式

蘇らせた人体を再び破壊


■ 蘇らせた人体、および少女
少女が儀式によって蘇らせる2つの人体。共通しているのは、チリの独裁政権の基礎を作った人間ということです。

一つは、ハイメ・ホルヘ・グスマン。1900年代後半のチリ軍事独裁政権下で憲法を作った人(まずこの時点で、1901年に制作されたフィルムというのがおかしいんですが・・)

もう一つは、ディエゴ・ポルタレス。1800年前後の政治家であり事業家。チリが後の右派軍事政権へと流れていく政治思想を作り、主導した人。

そして、少女の名はコンスタンサ・ノルデンフリーツ。ポルタレスの愛人であり、子どもを三人もうけるものの、ポルタレスとの結婚は叶わなかった。


■ 考察
本作の2つのテーマ。

一つは、チリの憲法改正。現在の憲法はピノチェト軍事政権下でグスマンらによって作られた、いわゆる『1980年憲法』。

この映画が作られた2021年当時は、この憲法を改正する機運が高まっていた時期であり、制作側は本作に何らかのメッセージを込めたかったのでは。

もう一つは、少女の夢。愛していた人を骨から儀式で蘇らせ、結婚するも、最後は再び葬り、婚姻届から名前が消えていく演出まである。

過去を抹消したいほどの復讐劇なのか、彼を操っていたのは実は自分だということなのか、はたまた今でも愛しているということなのか、深い意味は不明です。

1837年に暗殺されたポルタレス。行方不明だった遺体はその後2005年メトロポリタン大聖堂改修工事中に骨が発見されて大変話題になったそうですが、おそらくこれが本作の着想になったのではと思います。

、、という感じですが、間違っていたらごめんなさい。

「オオカミの家」もそうですが、こういった作品を通じて学びが得られたことは良かったです。ただ、映画としては、面白くはなかったですね・・・😓


■ 余談
「オオカミの家」のパンフレットを買うと、本作「骨」のポスターが付いてくるのですが、その裏にぎっしりと時代背景などの情報が掲載されています。

配給元のザジフィルムズさんがブログサイトnoteに転載してくれていますので、コメント欄にアドレスを貼っておきます(比較しましたが、内容同じです)

さて、本編「オオカミの家」のレビューについてはまた後日・・・




2023年 Mark!した映画:272本
うち、4以上を付けたのは30本 → プロフィールに書きました
参考にした情報はコメントに書きました

『骨』に似ている作品

アリス

上映日:

1989年07月23日

製作国:

上映時間:

86分

ジャンル:

配給:

  • ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
3.8

あらすじ

ある日、雑然とモノが散らばった部屋の中で少女のアリスが退屈していると、彼女の目の前で人形の白ウサギがふと生気を帯びて動き出し、ガラスケースをハサミで打ち壊して外に飛び出していく。驚きながら…

>>続きを読む

伯爵

製作国:

上映時間:

110分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「伯爵」は、チリの近代史に着想を得た異世界を舞台に描く、ダークなホラーコメディ映画です。本作の主人公は、独裁政権の象徴アウグスト・ピノチェト。彼は、寒々しい大陸南端にある廃墟のような邸宅で…

>>続きを読む

私の20世紀

上映日:

2019年03月30日

製作国:

上映時間:

102分

ジャンル:

3.6

あらすじ

エジソンが発明した電球のお披露目に沸き立つ1880年、ハンガリー・ブダペストで双子の姉妹が誕生した。リリ、ドーラと名付けられた双子は孤児となり幼くして生き別れる。1900年の大晦日、気弱な…

>>続きを読む

関連記事

【2023年8月】公開予定の映画一覧(洋画編)