チェコスロバキアのおすすめ映画 184作品

チェコスロバキアのおすすめ映画。チェコスロバキア映画には、ヤン・シュヴァンクマイエル監督のアリスや、イヴァナ・カルバノヴァが出演するひなぎく、闇のバイブル 聖少女の詩などの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

ダークテイストの「不思議の国のアリス」です。 ちょっと不気味ですがグロくはありません(イヤ、少しグロイか)。 シュール…

>>続きを読む

て、天才や・・・ なんという完成度の高さ・・・ 不思議な世界観と奇妙な映像美に心躍らされる85分間。 あらすじは皆…

>>続きを読む

ひなぎく

製作国:

上映時間:

75分
3.9

あらすじ

ヴェラ・ヒティロヴァ監督によるチェコ・ヌーヴェルヴァーグの代表作。マリエ1、マリエ2は男に食事をおごらせたり、部屋では牛乳風呂を沸かしたり、自由に生きるが……。実験的な映像や美術、音楽セン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ひえ〜はちゃめちゃ 映像の良さがいいね 超きままに振る舞ってるように見えるふたりだけど、なんだか、「気ままで陽気でイ…

>>続きを読む

No.468[踏み躙られたサラダとアナーキーな悪戯] 80点 チェコ・ヌーヴェルヴァーグで最も有名な作品の一つであり…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「闇のバイブル 聖少女の詩」 冒頭、幻想と蠱惑の狭間。悪魔的宣教師、凡ゆる小動物、揺らめく蝋燭の灯、燃え盛る松明、騒…

>>続きを読む

このガーリィ感は一体? 特集 パンチの効いた子ども達 5 ソフィア・コッポラの監督デビュー作にも共通して感じられ…

>>続きを読む

嘘をつく男

上映日:

2018年11月23日

製作国:

上映時間:

95分
3.5

あらすじ

ナチス傀儡政権下のスロバキア共和国。戦乱にあけくれる小さな村に、レジスタンスの英雄ジャンの親友だと名乗る男が現れる…。ボルヘスの短編「裏切り者と英雄のテーマ」を下敷きに、L・ ピランデッロ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

村で英雄扱いされている男の親友だと名乗る男が、彼の妻や妹を誘惑するお話 今までのロブ・グリエ作品よりかは結構分かりや…

>>続きを読む

<概説> ある時はジャン・ロバン。またある時はボリス・ヴァリサ。自称定まらぬ男が、叙述を二転三転させながら放浪する。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

さぁ、冒険だ! 相変わらず、話はサッパリだけど、世界観は超好きなので困ってしまう・・・。 ただ、"世にも奇妙な物語"…

>>続きを読む

チェコのストップモーション・アニメーション三巨匠の一人であるカレル・ゼマン監督の長編三作目です。ちなみに三巨匠の残り二…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「人間」になりたい! 12月はクリスマス⑧ 貧困で放蕩生活をしている主人公がカラスに誘われやってきた水車小屋は魔術…

>>続きを読む

全財産は(着てる)服と自由さ! カレル・ゼマンのアニメーション。 家も家族も無いクラバート。 ある日喋るカラスに…

>>続きを読む

イカリエ-XB1

製作国:

上映時間:

88分

ジャンル:

3.6

あらすじ

共産主義下のチェコでつくられた初の本格的SF映画にして、その後のSF作品に多大な影響を与えた先駆的作品。22世紀後半、生命探査の旅に出た宇宙船イカリエ‐XB1は、アルファ・ケンタウリ系へと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

70点 U-NEXTで👀 '禁断の惑星' 繋がりで何気なく観始めた 当時、共産主義下にあったチェコスロバキアの作品…

>>続きを読む

1963年、共産圏のチェコスロバキアに この様なSF大作が存在していたとは…!☆ 冒頭、イカれたオッサンが 不安を煽…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

嗚呼、今まで観たシュヴァンクマイエルの中で一番好きかも。 挿し絵が動く 中世の古い書物の挿し絵が!!! ( Tд…

>>続きを読む

短編集をレンタルしたのですが、フィルムマークにはなかったのでこちらにレビューします('∀`) ヤンシュヴァンクマイエ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1人の男性が招かれた家… そこで…見たものは… (…とんでもない所に…来てしまった…と…思ったはず…) ラストの予想…

>>続きを読む

なんで人が柵代わりなん? 許せない、直ちに全ての人間の解放を命ずる!と言いたくなるぐらいでした。 そのわりに、じっとし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ヤン・シュヴァンクマイエル監督の「音」にフォーカスを当てた二作目の短編作品です。 本作のモチーフはタイトルともなって…

>>続きを読む

世間はジョーカーで沸いてるようですが、何故か我が家はシュヴァンクマイエルです。 アパートの螺旋階段を一人の男が上って…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「火事だよ!カワイ子ちゃん」 冒頭、とある田舎町。消防署長の退任を記念したダンスパーティー。最大のイベントはミス消防…

>>続きを読む

傑作『アマデウス』のミロス・フォアマンによるドタバタコメディ☆ カワイ子ちゃんが一人も出て来ない時点で草 こんなヨ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ブロンドの恋」 冒頭、1人の弾き語りの娘が歌う。女工の退職、工場の決断、兵士達の歓迎パーティー、3対3のテーブルで…

>>続きを読む

『カッコーの巣の上で』(1972)と『アマデウス』(1984)で二度オスカーに輝いたミロス・フォアマンの監督デビュー作…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「手」によって指示されるおはなし。 これでもかと「手」による栄光の軌跡を見せられ、器など作らず上を見ろ・向上せよと…

>>続きを読む

人形男は、植木鉢を作っていたいのに、 窓から戸から「手」が侵入してきたり、新聞やテレビや電話から「手」を作ることを強要…

>>続きを読む

シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック

製作国:

上映時間:

12分
3.6

おすすめの感想・評価

ヤン・シュヴァンクマイエル監督の最初の映像作品です。二人のマジシャンによる奇術対決を描いた作品です。デビュー作ですでに…

>>続きを読む

舞台に立った二人のマジシャンが、自分の持ち味を活かしたマジックを交互に披露していく。 シュールレアリズムの王様ヤン・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「エドガーランポー」だけは読めた…(笑) 16分間…全く分からない言葉…(字幕なし) 原作は知らないけれど… 「家」…

>>続きを読む

なんだー! 眠り姫より先に、人が出てこない映画ってあるんじゃん、しかもシュヴァンクマイエル! みたいな感想。 眠り姫も…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

めっちゃ面白い。音が良い。ピコピコとしたゲーム音やガショーンガショーンなど。音が全く違ったら飽きてしまったりここまで楽…

>>続きを読む

1回観ただけでは分からなくて…(笑) 少し時間をあけて観たのだけれど… 「物語」は…ないように…思う…(笑) ただ……

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

屋根にとまったコウノトリのショットからカメラが緩やかに動いて人々で賑わう市内を俯瞰で映し出し、タイトルバックが入るとシ…

>>続きを読む

ヤーン・カダール&エルマル・クロス監督作品。 チェコスロヴァキア・ヌーヴェルヴァーグ期の映画ですが、終盤重く、後を引く…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

りょーこさんレヴでビビビビビビンバッ! ときて、即ポチッとな。 『幻想の魔術師 カレル・ゼマン  コレクターズBOX…

>>続きを読む

1970年 チェコ カレル・ゼマン監督 原作はジュール・ヴェルヌ『彗星飛行』 テヘラン国際児童映画祭グランプリ、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

自転車のチェーンの「ギコギコ音」で始まった本作… あとは…骸骨、人骨、カタツムリ… …「わ〜〜汗」…って…途中で視聴…

>>続きを読む

チェコ留学中、春にクトナー・ホラへ一人で旅しに行ったのを思い出しました。 実際にこの納骨堂にも行きました。 春の日差し…

>>続きを読む

クリスマスの夢

製作国:

上映時間:

11分
3.6

おすすめの感想・評価

チェコ共和国を代表する先駆者的監督、カレル・ゼマンの処女作。 聖なる夜、命を吹き込まれた人形が少女の部屋でさまざまな…

>>続きを読む

「くるみ割り人形」のような世界観…♡ 「トイ・ストーリー」も…頭をよぎった… ポイっと捨てられた人形が… 一所懸命…

>>続きを読む
>|