ターニング・ポイントの作品情報・感想・評価・動画配信

「ターニング・ポイント」に投稿された感想・評価

泥棒と引きこもり漫画家の友情。とはいえ、犯罪組織の追手(かなり狂気に蝕まれた奴ら)が迫りつつあるヤバさの中で育まれる友情物語。
良かったです。
凸凹コンビの友情物語。

映画では繰り返し使われるモチーフ故に、どんな感じか観てみた。

アメリカンニューシネマの傑作「スケアクロウ」や「真夜中のカーボーイ」を薄味にした感じ。

良くも悪くもおセンチでイタリアンなラストも微笑ましい。

でも、もうちょいチャーミングな2人であってほしかった。ルックス的に。
美醜の問題ではない。
ほれ。ジーン・ハックマンなんてハンサムでもないのにめちゃ可愛げあるがや。

あと直裁的な表現じゃなくていいからゲイの香りも少しほしかった。
まったく異なる環境で生きてきた2人の男が数日間いっしょにいる事でどうなっていくか。みたいな映画。
「あ、このパターンね」と思いながら観始めたんだけど、割りとコンパクトにまとまっていて観やすくて面白かった。
舞台となる街の裏社会で色々ありそうな匂わせはありつつ、今回の本編には関係ないからかあんまり詳細な描写はない。それも世界観に奥行きが出てよかった。
ラストが何ともいえない後味。複雑な気持ちだけど映画の終わり方としては好き。
人生の転換点

漫画家志望の青年のもとにやってきた1人の男。彼はギャングから大金を奪ってきて、しばらく居座ろうとする。そんな正反対の2人だったが、意外にも意気投合するのだが…

イタリア発のクライムもの。
後半、徐々に殺し屋の魔の手が迫る展開はベタだけどハラハラする
2人のキャラクターも魅力的
Netflixものだけど、個人的には当たりの作品だと思います。
hasisi

hasisiの感想・評価

3.5
「お前は誘拐犯に恋しただけさ」

イタリア。ローマ・ガルバテッラ地区。
アパートで一人暮らしのルドヴィコは、すねかじりの大学生で漫画家志望。
ある夜、ゴミを捨てるために通りに出ると、銃を持った男に脅され、部屋まで案内するよう命じられた。
男の名はジャック。マフィアから現金を強奪して来たらしく、捜索の手が緩むまで、しばらく居座る気らしい。

監督は、リカルド・アントナローニ。
脚本は、ロベルト・チンパネリとガブリエレ・スカーフォンの共著。
2022年にNetflixで公開されたクライム・ドラマです。

【主な登場人物】🏢🧑🏻‍🤝‍🧑🏼
[アマンダ]スペインからの学生交流。
[カイノ]ボス。薄毛オールバック。
[マリオ]くせ毛。
[ジャック]強盗。まつ毛が長い。ピアス。💍
[ジュリア]マリオの奥さん。
[スパルタコ]捜索者。七三分け。
[ブセッティ]眠そう。髭が濃い。緑のビニール袋。
[マルツィオ]捜索者。髭。茶色の革ジャン。
[ルドヴィコ]ニット帽の漫画家。🖊️
[レベッカ]上の階の住人。

【感想】🥂🚬
うつ病になって引き籠っていると、親戚のお兄ちゃんがやって来て育ててくれるような話し。

だらだらしている。男2人の戯れを眺める映画。ほんわかした世界。
昔の映画を観ているような懐かしさと安心感がある。

泥棒と引き籠り。偶然出会った2人の青年は一見すると正反対のようだが、孤独という点で共通している。

2人が友情を育んでゆく様は微笑ましくて癒されるが、アパートからの脱出という、いずれ訪れる別れを考えると切なくもなる。

1962年公開のイタリア映画『追い越し野郎』が下敷きになっている。
(大写しになるポスターと、劇中で起こっていることが一致している)
オープニングから、キャラクターの設定、話しの流れ、期間限定の友情まで同じなので、ある意味、マフィアを絡めて現代版にリメイクしたようなところがある。
結末が印象的なのだが、本家で成し遂げられなかった思いを、成仏させるために作られた映画のようでもある。

面倒な理屈抜きにしても、ずっと映っている主演のアンドレア・ラッタンツィが色っぽいので、彼が目当てでも充分楽しめます。
(Netflixのドラマ『サマータイム』にもダリオ役で出演している)

アパートから出ないバディものという、現代的なワンシチュエーション。
ドライブも海水浴もありませんが、今のイタリアを感じられる作品です。

【映画に登場する用語集】🏝️
『Carl Brave - La Svolta』🎤😎🎵
最初と終わりに流れるテーマ曲。ローマ出身のラッパーの柔らかな声が心地いい。

[アルヴァーロ・ヴィタリ]👨🏻
イタリアの俳優。本編に登場するルドヴィコのような役を得意にしていた。

[シャロン・ストーン]📺🪑🚬
アメリカの女優。『氷の微笑』で椅子に座って生脚を組み替える人。

[ディノ・リージ]📣
イタリアのコメディ映画監督。

[マール・ド・パライーゾ]🏨🏖️
日本語に訳すと、楽園の海。南大西洋に面したブラジルのホテル。

[トランティニャン]🔫😑🏔️
銃を扱っている場面での台詞から。
ジャン=ルイ・トランティニャン。
フランスの俳優。マカロニウエスタン『殺しが静かにやって来る』で殺し屋を演じている。落ちが印象的な映画なので、おそらく本作の落ちを想像させるために名前を出したと思われる。

[アマトリチャーナ]🍅🍝🧀
素朴なトマトベースのスパゲティ。劇中ではトマトの酸味にハムの塩気、チーズで風味をつけてコクのある仕上がりになっている。
ルドヴィコが「パルメザンか?」と聞かれて「ペコリーノです」と答えている。ペコリーノは酸味や塩気が強く、アマトリチャーナと相性がいい。
Netflix イタリア映画 『ターニング・ポイント』四コマ映画
https://note.com/fukuihiroshi/n/na9331fb0f712


****


話はわかりやすいし
キャラクターもいいし
映像もいいし
何より演技が良かったです。

特に引きこもりの漫画家志望のルドヴィコを演じたブランド・パシット。
目の演技が素晴らしくて、ブランド・パシットの顔が写ってるだけのシーンも結構多い。
彼の表情を見ているだけで何が起きているのか、どんな状況なのかがわかるってのは、相当な技能だと思いますよ。

子役としてキャリアをスタートしてイタリアではドラマで人気の俳優さんのようです。
ルックスもいいですし、小柄で子犬のような可愛らしさは世界的にも人気が出そうです。



***

BL(的なもの)ですよね。

僕はBLについて詳しくはないのですが
おそらくこの映画は「BL的」というカテゴリーに入る作品だと思われます。

マフィアから大金を盗んだ窃盗犯の男ジャックと
ほぼ引きこもりの漫画家志望の男ルドヴィコの愛の数日間ですよ。


***


窃盗犯ジャックがマフィアから追われて逃げる途中で、ルドヴィコを見つけて、彼のアパートで潜伏生活を始める、という導入。

「ジャック→ルドヴィコ」という支配関係が結ばれなきゃいけないはずなんです。

ルドヴィコが隙を見て警察かマフィアに通報してジャックを売り渡すこともできるし、
ルドヴィコとしてはそれで解決だし
ジャックはそれをやられたらめちゃくちゃ困る。

なのに「ジャック→ルドヴィコ」という支配関係はないんですよ。
2人の間に緊張感もない。

一目惚れです。
2人同時に一目惚れをしてほっこり温かな同棲生活を始めるんですよ。

そうじゃないと説明がつかない。

なんなのあのイチャつき。
す〜ぐイチャつきはじめるんよ。
ボディタッチが多い。

身長差萌え向け作品
身長差もあるし、
わざわざ身長差があることをセリフで言うし、
身長差がわかりやすいカメラの画角も多い。


****


一応、同じアパートにルドヴィコが好きな美女がいる、という設定だけど、女性キャラはことごとく存在感が弱い。

ほぼなんの意味もない。

本当はお互いに向けたい性愛の気持ちを近所の美女に向けてるだけってな感じ。


****


マフィアの怖さはかなり強調されて描かれてはいます。
手下とかすぐ殺しちゃうから。

(でもあんなにすぐ手下を殺したら組織運営できなくなるよね…)

マフィアパートで怖さとか緊張感を演出しているんだけど
ジャック♡ルドヴィコパートがこんな緊迫した状況なのにひたすらにほっこりし続ける。。。

マフィアに見つかったら殺される!っていう緊張感がそんなにないんですよね。。

水道局に扮したマフィアがルドヴィコの部屋を調査に来る、とかのシーンもあって
そう言うシーンはハラハラドキドキしますよ。
(そりゃそういうシーンだもん)

映画全体を通したピリッとした緊張感。
「どちらかが裏切るかもしれない」的な緊張感。
そういうのが必要な映画だと思うんですけど、ない。

でもしょうがない。
ジャック♡ルドヴィコは愛し合っちゃってるから。


****


なので、
とにかくジャック♡ルドヴィコのほのぼの感を楽しむしかないし、

ジャック♡ルドヴィコのほのぼの感だけを楽しみたい方は、映画終わる10分くらいで停止して一生観ない方がいいと思います。




ラストネタバレはコメント欄に。
孤独に生きるルドヴィコの部屋に暗殺者に狙われるジャックが逃げ込む。

性格の違う二人がマリファナも手伝っていたが、徐々に打ち解ける様子が良かった。

殺し屋の魔の手が迫るところはドキドキする。
見終わったあとの一言感想。やるせなさすぎる〜!
引きこもり男性が、泥棒と関わることで自信を取り戻していく。二人の間に芽生える友情。ただ結末があまりにも悲しい。
泥棒は人生を語る。その一言一言に重みがある。
2人の友情が深まるストーリーが薄いのと隣人と恋仲になるストーリーも弱い
シリアスなのにラストも中途半端
主軸2人をメインにブラックコメディにしたら面白くなりそうなシチュエーションな気がするから残念
鬱で引きこもりの男と犯罪者の友情物語。
なぜ彼女が彼に惹かれたのかがよく分からなかった。
単にストーリー上の都合としか…。
>|

あなたにおすすめの記事