エイリアン/ディレクターズ・カットの作品情報・感想・評価

「エイリアン/ディレクターズ・カット」に投稿された感想・評価

これ、そんな古かったのか…

小学生の頃にいきなり2観てオアーーー!ってなり
そのあと3、で1、4、プレデターシリーズ、VS、プロメテウス等々を観てきました(パパと)

ほんとトラウマ。当時めちゃくちゃ怖くてトイレに行けませんでした。
大人になった今も一人では観れませぬ\( ˆoˆ )/

映像、音楽、カメラワーク。
不気味すぎる…。

79年でこのクオリティ…すごひ!
ホラー映画の大傑作。
全ての基盤を築き上げた。
不気味な生物に気持ち悪すぎる卵が最高。
カットも良くて素早く、綺麗で躍動感がある。

あの完全生物の正体は不明のままなのが良いんだよ......コヴェナント.....おい....
あおい

あおいの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』公開の2年後である1979年の作品。

宇宙船とか船内のメカ、そしてもちろんエイリアンのデザインが超かっこいい!もうちょっと後のSF映画の方が安っぽく見えるくらいの感じすらあるなー。
エイリアンがバーンと出てきてドカーンと戦うってシーンも少なくて、『遊星からの物体X』同様、あまり明るいところで全身を写さないようにしたとか。その辺も安っぽくない印象に一役買っているかんじ。
私的にはアンドロイドだったアッシュが破壊されて、胴体と首が離れた状態で喋るシーンがお気に入り。

ラスト、リプリーが宇宙船の本艦から救助艇に逃げ込んで、ほっとしたのも束の間、エイリアンが救助艇に…!という最近の映画でもよく観る二段オチですが、当時は会社から難色を示されたようで、リドリー・スコットが「これまでの定石をひっくり返すエンディングなんだ!」と説得して撮影。ご存知とおりホラー映画の新定番となったとか。

このレビューはネタバレを含みます

1979年。英米。ジョン・ハート追悼で鑑賞。彼は商業宇宙船の副司令官ケイン役で、映画は彼が冷凍睡眠から目覚める場面から始まる。のちにエイリアンも彼の腹の中で目覚めることを考えると示唆的である。序盤は心なしか女性キャラよりも美しくアップが撮られているような気がする(思えばリドリー・スコットは同じような目線を『プロメテウス』でマイケル・ファスビンダーに向けていた)。最後は冷凍睡眠カプセルに入ったリプリーの眠り姫のような顔のアップで終わる。船内のパイプとエイリアンの成体構造が酷似しているのを利用した恐怖映画。
エイリアンVSプレデターを見るために見はじめたが面白かった
何故あの人たち宇宙船に乗ってたのかな?
よくストーリーは分からぬが怖かった。
ロボが怖かった
マイ

マイの感想・評価

4.1
エイリアン早く出てこないかなってワクワクした
男のロマンってのがなんとなくわかる!
240

240の感想・評価

3.1
狭い宇宙船の中で、未知の生命体と追いかけっこする映画。
独特のカメラワーク、BGMでホラーな雰囲気ぷんぷん。
緑のレーザーポインタ出るあのかっこいい銃は次回作からかな
小学校低学年の時に観た。
腹を突き破って生まれてくるシーンは衝撃的で、今も強い印象を持っている。
おもち

おもちの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

2018/9/4鑑賞

初めて見た時はとても怖かったように思ったが、この類のものに見慣れてしまったせいか怖さはなかった

1人しか生き残れないというところにリアリティを感じた。
あの状況で闘う勇気、凄いな…
Ryuji

Ryujiの感想・評価

4.0
ローションがトラウマになり、猫が超可愛い映画
これぞエイリアン
>|