蝉時⾬の作品情報・感想・評価

「蝉時⾬」に投稿された感想・評価

何故そんなに怒鳴る?怒鳴り声が神経に触った。
同時上映の来夢来人の方が記憶に残ってる。
トークショーが良かった。
意外にも若葉竜也、お客さんへのサービス精神が良かった。
ho7m

ho7mの感想・評価

3.8
全てが自然すぎる。若葉さんの撮る夏好きだな

ハルちゃん好き。かわいいしかっこいい。自分の考えを持ってて、的確な言葉で人に伝えられて、その言葉を受けて誰かがいい方向に進んでいけるの、すごいことだよね
一緒にいるべき人たちだって、ほかの人から思われるようなそういう関係性いいなあ、すてき。
駅までの道であんなこと言われたら、そりゃ好きーてなるよ。わたしも一緒に好きーてなった。

若葉さんがこれからつくるならもう自主映画じゃないかなと言っていた。いつか、若葉竜也監督作品いついつ公開!って情報解禁されるときが訪れて、そのとき、そのときから公開日までのわくわく感とか、その日に映画館に足を運べるのとか、ぜったいたのしい!しあわせじゃん!って若葉監督ファンの一人として超勝手に思っております…
怒鳴る場面が多くて、心臓がドキってなりながら見てた。店長のシーンがなんかなんとも言えず切なかったなあ。
WR

WRの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

好きな仕事を生業にしていく男のロマンとそれを支える女性の存在ってこういうのがお手本ですよね~

サラリーマンが楽という訳でもないけれど、クリエイターの苦労ですよね!何もないところから創っていく大変さと夢があって。うまくいかないと苦しいし、生み出す苦しみはあるけど、突破した瞬間と仲間の絆はかけがえのないものだな〜
演者さんたちの熱量が凄くて惹き込まれた!

彼女目線で見てると、彼氏をとことん信じて、文句を言わずにご機嫌にしながら、いいアシストをする…これは監督の願望なのでは🤭

下北沢映画祭にて初鑑賞♪良かったですよ!!

このレビューはネタバレを含みます

人生しんどい
抜け出せないループ
抜け出すには一生懸命やること
一生懸命になれるかどうか
一生懸命にやってきたから
今の若葉さんがあるんだなと感じた

廊下のカーテンが少し揺れる映像が好きでなぜか1番頭に残っている
k

kの感想・評価

3.3
下北沢映画祭にて。
セリフの圧が強くて、耳を塞ぎたくなる場面も多くて、途中観ているのが辛かった。

でもアフタートークで、大嫌いな人を演出しているのだと知って、あれは少し過剰な演出だったのかなと理解して納得しました。


耳を疑うような言葉を平気で吐く人っていますよね。それをリアルに描きたかったのかな。

夢と現実の才能の間で苦しみながら、必死で生きていく姿は、どこか過去を投影しているのかなとも思ったり。

若葉くんの監督としての色は強く出ている作品でした。
ゐ

ゐの感想・評価

3.3
ツチダ、私も好きじゃないタイプだった
こっちのはるちゃんめちゃくちゃ好き
deco

decoの感想・評価

1.5
ゴイステのTシャツが目に留まる。

はるちゃんと店長がよかった。
こんな41歳は、やっぱりヤダな…
N

Nの感想・評価

3.6
下北沢映画祭で鑑賞。
店長の言葉、プロポーズ、一生懸命に仕事をする、夏、ランニング一枚
鑑賞後のトークショーも面白かった!
みい

みいの感想・評価

3.5
パブで繰り広げられる会話の深さに不覚にも泣きそうになる、今回は世の中いろんな人がいるけど誰のことも突き離さない優しさを感じた、3年前とは全く違う台詞が自分に刺さったりして成長を感じたな、今後も定期的に見て自分と向き合いたくなる作品。そして若葉監督がいまの職業を選んだ決意みたいなものも垣間見えて、なんだか奮い立たされた。。。
>|

あなたにおすすめの記事