ばしゃ馬さんとビッグマウスの作品情報・感想・評価

ばしゃ馬さんとビッグマウス2013年製作の映画)

上映日:2013年11月02日

製作国:

上映時間:119分

3.4

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」に投稿された感想・評価

吉田恵輔監督特集
@キネカ大森

酔った演技をする麻生久美子は世界で一番可愛いんじゃないか
吉田恵輔監督の自分が不遇でどうしようもなかった頃に観たかった映画を作りたかったっていう言葉とずっとピラミッドの底辺にいるまま散って行く人達に花束をたむけたかったって言葉にグッと来た。

あと劇中、安田章大、麻生久美子、岡田義徳演じる3人それぞれの登場人物が夢追い人の過程を描いてるっていう話もなるほどと思った
「夢を諦めるのってこんなに難しいの?」

コメディーの棚にあったのにな。
めっちゃヒリヒリする話だった。

夢を追って足掻いて夢見て傷つけて出来なくてやれなくて変われなくて、そんな自分がすごくきらい。あーヒリヒリする。

挑戦しつづけるのも諦めるのも、きっとどちらも何も間違いじゃない。
そんな人生を切り取ったような、おはなし。

あ、ヤスが落選して高い声あげて走り抜けるシーン、 あと歌うシーンは、もはやヤスでした。
HONEY

HONEYの感想・評価

3.0
麻生久美子の顔が好きだ。岡田義徳と始まっちゃいそうになったシーンは興奮した。ドキドキしてしまった。エロかった。終盤まで安田章大にずっとイライラしっぱなし。器がデカ過ぎるよ馬淵さん。まさに口だけの男。譲歩する余地なしだ。難しい夢に人生賭けて挑む事というのは本当に大変で、まさにこういう事だと思った。
ひとみ

ひとみの感想・評価

2.9
なにか感じることがあった映画。
麻生久美子さんの肌が綺麗だった。
現実の物語すぎてそこが良く、またそこがなんだかなって感じる作品。
羊男

羊男の感想・評価

2.9
凄く悪い意味でよく出来たストーリー。才能の無い脚本家志望の三十路過ぎの女性が自分をモデルに脚本を書いたらというメタ視点。平凡な日常を凡才が脚本化したらこうなるよね。
ゆん

ゆんの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

馬淵さんの必死さ、わかる気がする、それだけに観ていてとても胸が痛かった。ヒリヒリと。

追う夢があってうらやましいという気持ちもあるけど、そんな甘いものじゃないよね。あきらめる、やめることの難しさ。あきらめることを選んだ馬淵さんの笑顔に泣きたくなった。

最後の天童くんの思いついた「次の企画」にうなずくことも「待ってる」と言うこともできない、それをするには大人になりすぎている馬淵さんが切なかった。あそこで走っていって胸に飛びこむ、なんてことはほんと「ベタすぎ」で、でもまるっきり否定することもできず「さぶ」と笑うことしかできなかった馬淵さん。押しつけられない天童くん。あの土手で決して振り向かない馬淵さんの背中を見送る天童くんはどんなかおをしてたのかな。天童くんは夢を叶えられるかな…。

すごく現実的で、だからこそ胸が締めつけられる映画でした。
とてもいとおしい作品。
あたしにとってこの先何度も観たくなる映画になると思う。
最初は深夜ドラマみたいだな〜って思ったし、ちょいちょいそんな雰囲気を感じたけれど、麻生久美子の残念な感じがリアルすぎて 人ごとじゃないというか、どんどん辛くなっていった、笑。後半はこれ監督の実際の話で成功して終わるんじゃないか?って思ってしまったし。言葉で表しきれないなんとも言えない気持ちになりました〜
mm

mmの感想・評価

5.0
安田章大そのまま生かされてるちょっと切ない恋愛だった
最強に好きーー。
吉田監督も麻生久美子も好きなのだけど、なんだろう演技も設定も終始わざとらしく感じて、自分には合わなかったみたいです。
>|