太陽を掴めの作品情報・感想・評価・動画配信

「太陽を掴め」に投稿された感想・評価

riekon

riekonの感想・評価

1.0
初めの歌からダメだった💦
嫌な男ばかり出てくる…
好きじゃない😅
劇中で流れる音楽もカッコ悪いし
yumena

yumenaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

岸井ゆきのさんの演技はいつも引き込まれる。
最後らへんはイマイチわからなかったなぁ。
ハッピーエンドってことなのかな。
俳優としての中村祐太郎はよく知っているが監督作はこれがお初。長編デビュー作。
ストーリーは目新しいわけでなく、全体的に粗っぽいんだが、ヒリつく感じが青春映画だ。私としては褒め言葉のB級映画はこーでなくちゃ的一本。

①ボキャブラリーが圧倒的に不足しているが、優しく不器用な暑苦しいバカを吉村界人が熱演。歌も頑張ってた。
②のちに「愛がなんだ」のテルちゃんをやる岸井ゆきのは、やはり面倒な女をやらせたらピカイチ!ハードなキスシーンはちゃーんとエロかった。
③一番スマートで賢くやってるつもりだが、一番愛に飢えているカメラマンを演技巧者、浅香航大がきっちりこなしている。
④大好きな松浦祐也のクズっぷりが最高である!
⑤「野火」で見つけた森優作、幅広い役者になってるが今回は凡庸で、もったいない

一つ文句言いたいのは、押し入れに二人が入って………のところで、なんだあの星空は!ヒリヒリが台無し!ガン下がり!
しみず

しみずの感想・評価

3.8
この映画なんか好きだな
ストーリー正直あんまわからんかったけど(笑)なんか好きだな
この映画全体が醸し出してる泥臭さが好き!
ヤマダ

ヤマダの感想・評価

3.0
どこが青春映画やねん

手抜き脚本、共感できない登場人物、そもそも人物像が見えてこない演出、クサい台詞、どこかで見たことあるようなシーン、予想がつく展開
映画的な、急に音デカくなる演奏シーンにもイラっときてしまう
唯一良かったのは、浅香航大と岸井ゆきのの生々しいキスシーンぐらい

自分が「生きてるだけで、愛」を主観的に好んでいることに気づけた。人物像が浮かび上がってこない感じが似てる気がする。「タロウのバカ」とかにも

「チワワちゃん」の浅野忠信と吉田詩織が裸で向かい合うシーンは、この映画から影響受けたのかと思うぐらい似たシーンがあった。自分が知らないだけで、有名な撮り方なのかもしれないが

吉村界人の演技がいい意味でも悪い意味でもねちっこかった。他で見たことないから計算なのか素なのか全く分からないが。「寝ても覚めても」の唐田えりかみたいな感じ

今泉力哉
トリコ

トリコの感想・評価

3.0
誰しもが少なからず孤独を抱えて生きている筈で、でもその孤独は他の人には伝わらないんだよな。皆んな自分自身の孤独から目を逸らすことで精一杯で人に目を向けてる余裕なんかないから。

愛されたいんだよ。
ただ愛してくれるだけでいいんだよ。
愛って別に恋愛が全てじゃないから、親からでも、友人からでも、もう誰からでもいいんだけど兎に角愛されたいんだよ、必要とされたいんだよ、そうでもなきゃやってらんないんだよ。人間ってそういうもんだろ多分。


そして岸井ゆきのと浅香航大のグッチョグチョのキスシーンが最高にエロくて最高でした。
fullp

fullpの感想・評価

3.5
吉村界人くんの不器用さがカッコいい。。
大声で叫ぶシーン、一緒に叫びたくなった。
saki

sakiの感想・評価

3.5
嫌いじゃないんだけど、
終始イライラしてしまった
岸井ゆきの嫌いになりそうだった
みんなクズすぎる
見たことあると思ったら
大森だった!わを!
なんか、わかる気もするようなしないような。
1999

1999の感想・評価

-
わーーー本当に気持ち悪くて嫌な映画を撮るなあ、最高です。
人間くさいよ〜だいすきだ
Tatsuya

Tatsuyaの感想・評価

3.9
ベランダから外を眺めさせたい女優部門No.1岸井ゆきの

情けないほど強がりな、切ないほど真っ直ぐ
立ってることが、呼吸をしてることがふと不思議になるくらいに夢中だった瞬間

地面に寝そべったことのある人間にしかわからない地面の固さや無慈悲な冷たさに本当に自分が情けなった深夜

ただそんな葛藤が苦しくなるくらい愛おしい

何でみんな靴綺麗なん?
何で俺の靴だけ汚れてるん?
>|