太陽を掴めの作品情報・感想・評価

太陽を掴め2016年製作の映画)

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:100分

3.1

あらすじ

元子役で現在ミュージシャンとして 活動するヤット(吉村)と、フォトグラファーのタクマ(浅香)、タクマの元恋人であるユミカ(岸井)を中心に、音楽を題材に、それぞれに歯がゆさを感じながらも日々を生きる都会の若者たちを描く青春映画。

「太陽を掴め」に投稿された感想・評価

テアトル新宿

映画のポスターが好きで
グッズ化されていたら、大抵購入するが
これは手が伸びず。
物語が佳境に進むにつれて
購買意欲がみるみる消えて行く。

キャストはいいのに、キャストは。
映画の中も外も薬物に依存しすぎでは。

とても、彼らが太陽を掴めるとは思えない。
このタイトルは皮肉なんでしょうか。
内容薄い
青春×音楽 映画ではない
青春×クスリ 映画
岸井ゆきのはいい
ひろ

ひろの感想・評価

3.8
最近ハマっている吉村界人くんと岸井ゆきのちゃん!これは絶対上がる!、、、と思ったら耳を塞ぎたくなるほど辛かった( i _ i )震えるほどの憤り、辛くて辛くて、ベンチでのヤットのセリフで涙が抑えられんくなった。好きな奴がいて、伝わらんくて、何も上手くいかんくて、絶賛片思いだった(ノ_<)
え

えの感想・評価

2.7
不快な人が多いよう..
安っぽい演出や安っぽいセリフにもはや虚しくなる..
鋭く見せようとして熱さと鬱屈さにやられている感じ
いまいち、売れてるバンドとも思えない、笑
吉村界人のボーカルを見れて満足だが!
ヤットみたいな人に出会いたい、本当を知りたいね


吉村界人目当てで見たが、色んな顔を見せていてすごくよかった、、、、どんどん色んな映画に出てくれ〜
森優作も、もっと色んな役を見てみたい
元子役で現在はミュージシャンとして人気を集めつつあるヤット、彼の写真を撮るフォトグラファーのタクマ、タクマの元恋人ユミカ。
高校時代からの同級生である3人は、それぞれ複雑な思いを抱えながら日々を過ごしていたが……。
青春の象徴ともいえる、ドラッグ、セックス、金に翻弄され、自分の気持ちや未来に光が見えなくなっている若者の姿を描く。


ありったけの感情を全面的に出すヤットの演技、結構魅入ってしまったな。
感情に左右されやすいのは短所だが、相手の不安定さに誰よりも早く気付けることができるのはヤットみたいな人間なのかもしれない。
みんなそれぞれ心に何かを背負っていて、それが愛されることだったり、先の見えない未来だったり、今の生活のままでいいのかとか、いろんな感情を持っていろいろ思うことはあるが、誰にも頼れない辛さや頼る人を間違えると道を踏み外すこともあって、もがきながらも今の精一杯さが伝わってくる青い映画でした。

自分は弱い人間だからってドラッグに手を出すのは間違いだし、場の雰囲気を乱すやノリ悪いという理由でドラッグを断ることを批判するのもおかしい。
でも今の若者にとって、断れない理由の少しはきっとこういう理由であって、たまたまこの作品は音楽が題材とした映画だったが、ドラッグにしてもセックスにしても考え方自体は今の若者たちをそのまま反映しているかのような作品でした。

ドラッグ だめ 絶対!
miki

mikiの感想・評価

2.0
ロックバンドの歌詞に出てくるようなストーリー展開。SEX、ドラック、R&R。
10代~20代前半に観ていれば、感情移入や共感できる部分もあるのかも?
吉村界人くんは、役にハマっていたかな。

後は、柳楽くんの出てる場面だけ雰囲気が変わる。やっぱり圧倒的な存在感が出ていた。
どうしたらこんな作品を世に送り出そうと思えるのでしょうか…?
これは絶対見てられないだろうな。
でも、岸井ゆきの出演作は確認したいし我慢すっか。

獣道、牝猫たち、に出ていた吉村界人が好演。 岸井ゆきのは、見たい役柄ではなかった。

何かに縛られた若者のかけがえのない時間。
タニマチとかガンジャとかタカるダメ兄貴とか。
ダメになるのもブレイクスルーのも自分次第仲間次第。
こんな陳腐なプロットだけでなく、オリジナル脚本のストーリーも台詞にも閉口。

敢えて青臭さを突き詰める意図はありありと分かるので否定はしない。
予想通りの内容だけに、見た者の自己責任。
胡瓜の味にケチつける方が悪い。
お邪魔しました。
S

Sの感想・評価

3.6
青かった、けど熱かった。
青いときこそ輝く熱さを感じた。

吉村界人くん見たさに見たけど、期待以上だった。
これからも化けてって欲しい。

吉村界人×柳楽優弥のツーショットは熱い。
応援したかったけど、おおっぴらにはすすめられない映画だったなぁ。

でも、観た後の、ひどいものを観たなあという感度がすごくて頭がもやもやしたので、そういう意味ではエモかったかも。

監督を追いかけたいという気持ちがあったけど、これを観てしばらくはこの人はいいやと思った。
>|