太陽を掴めの作品情報・感想・評価

太陽を掴め2016年製作の映画)

上映日:2016年12月24日

製作国:

上映時間:100分

3.2

あらすじ

元子役で現在ミュージシャンとして 活動するヤット(吉村)と、フォトグラファーのタクマ(浅香)、タクマの元恋人であるユミカ(岸井)を中心に、音楽を題材に、それぞれに歯がゆさを感じながらも日々を生きる都会の若者たちを描く青春映画。

「太陽を掴め」に投稿された感想・評価

Ryou

Ryouの感想・評価

3.2
こーゆー若者たちの青春映画は好きなんだけど
別に音楽を題材にしなくてもよかったような気がするし
内容もちょっと薄いかな
あといくつかセリフが聞き取りづらいシーンもあった

吉村界人 浅香航大 岸井ゆきの 古館寛治など
良い役者ばかりが揃う中
やっぱり柳楽優弥の存在感は凄いのと
森優作の狂ってる演技も良かった
岸井ゆきの 可愛い
やっぱ吉村界人
見れてよかった
はやくやりたい
me

meの感想・評価

3.3
記録
milagros

milagrosの感想・評価

3.5
ヤットくんのことは思っていたよりも好きになったが、どこまでも抽象的で感傷的に頼ることしかしない描写なので、厳しい。人間かくの難しい。

中村さんのねちっこい語りをもっと見たかった。
あのセリフをラストにもってくるのはどう考えてもダメだと思う。
な

なの感想・評価

3.0
東学祭にて 特別招待作品
yu

yuの感想・評価

2.5
記録
猫

猫の感想・評価

2.9
スミマセン。数回、寝落ちしました。
なので正確な感想ではないかもしれません。
何が描きたかったのかイマイチ解りませんでした。
画面、暗すぎ。声も聞き取りにくい&口の動きと合ってなくて違和感、不快感が強かったです。
録音の音も単調でした。
そういう技術的な面で、もっと頑張って欲しかった、と思った映画です。
 2016.12.24 シネマスコーレにて鑑賞
miyabi

miyabiの感想・評価

3.0
いやー、たった二人の観客なのに、上映後、監督と脚本家?舞台挨拶。事前に聞いてなかったから、感想も質問も準備も無くて何も話せない。
一応、告知しておこうよ、ヒカリ座さん。

さて、映画の感想。
パンク?ロックじゃないんだね?吉村界人、歌上手いんだか下手なんか、解らない。めっちゃヘタ?あの歌は感動出来ない、ご免なさい。
この時代、いつの時代も一緒か?若者達、自分の気持ち感情、ぶつけるところがなく、変なクスリ?葉っぱ?大麻?に 走り。主人公の吉村界人、幼馴染の岸井ゆきのに、告白も出来ず、それでも、自分は葉っぱに手は出さず、でも、オバサンのパトロンに囲われ、仕事もお金もセックスも不自由せず。
こういう気持ち感情、誰でも抱えている問題。それがストレスになり、爆発し、でも、何にぶつければいいのか解らない。だから、若者は病んでいる。
太陽掴めなさそう
>|