ストリングス 〜愛と絆の旅路〜の作品情報・感想・評価

ストリングス 〜愛と絆の旅路〜2004年製作の映画)

STRINGS

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.2

「ストリングス 〜愛と絆の旅路〜」に投稿された感想・評価

糸が命を表してるってほんとその通りやなあ。話自体はよくありそうな感じやけど、死んでしまうことが糸からの解放ってとらえてるとことか素敵。
私はあなた、あなたは私。
人形を動かす際の紐が設定としてそのまま組み込まれている。
単なる人形劇を観るのではなく、私たちの知らない世界、人形たちの世界を覗き観しているような気になる。
頭から伸びる一本の糸は、人形にとって生命の糸で、これを切ると死ぬ。
生命の誕生のシーンは神秘的だった。
Junpei

Junpeiの感想・評価

4.5
幼かった自分には衝撃的で印象的な映画。操り人形の紐も物語の一部というのは面白かった。
ルアン

ルアンの感想・評価

4.4
人形だからずっと同じ表情のはずなのにどの角度から見ても違う表情だった。
人間が演じているように新鮮に見れたのが本当にすごかった。
愛で繋がってるんやな!
人形のクオリティーと設定が面白い。。
内容はなんか普通のファンタジー。
まず設定が面白い。
操り人形の操り糸が設定として組み込まれてる。頭の糸を切れば死ぬ、糸を掴めば動けなくなる、みたいに操り糸が存在する物として描かれていてこれが新鮮。
操り人形であんなに細かく動かせてリアルな表情まで作れる事に驚き。
あと糸を使った演出で面白かったのが、大勢の民衆や軍隊が集まっているシーンを大量の糸を見せる事で表現してる所、人形を沢山見せなくても一発で状況が分かる凄い。
ストーリーはちょっと暗かったかな〜。操り人形を使わないと成立しない映画ってのは面白かった。
柴

柴の感想・評価

3.6
人形の演出が凄い!
角度で切なかったり、悲しかったり、怒りだったり、喜びの表現に感動した。
吹き替えで観たので、なんとなく違和感。字幕版が観たい。
えりみ

えりみの感想・評価

3.5
デンマーク映画。製作費約6億円、4年かけて出来た人形劇映画(ドールムービーっていうの?)。

天上へと続く「糸」が物語・世界観に大きな影響を与えているので、人形劇というよりは独自の世界を描くファンタジーという感じ。マリオネットと雨の取り合わせが斬新で、最初はぐっと見入ってしまった。
・・・んやけど、どうも集中力が長続きしない。
声優陣に違和感。
一見ひとつに見えるマリオネットの表情も光りの具合だったりで変わるんだなぁと思いつつ感情を読み取るのがやっぱり難しく挫けそうになった 何気に声優がマカヴォイで嬉しかった
【人形に感情の変遷を見た】


素晴らしい。 [マリオネット]である強みを最大限に活かし、弱点を逆手に取った世界設定が見事だ。
文字通り人形達の生命線と言える《糸》を《命》とし 命の可視化を行う事で、命の儚さ・脆さを強調し いかに命が尊いものであるかを簡潔にして直截に表象している。 口パクすらしない人形の表情に《感情の変遷》が見える様は驚異だ。 また人形捉えるキャメラも 移動撮影等がハイレベルで、光に照らされ浮かび上がる糸の付いた人形のシルエットは お話の題材と相俟って神話的美を醸し出している。

復讐・王道・生命、そして本当の自由とは…。
多くのテーマを内包しつつもお話として解り易い点も素晴らしい。




《劇場観賞》
>|