CURE キュアの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「CURE キュア」に投稿された感想・評価

risa

risaの感想・評価

4.1
難解、そして観る人にとって色々な結末を迎える映画。
自分も間宮に催眠かけられた気になる。
要所要所に入ってくる日常の雑音と無音。
役所広司と萩原聖人は天才。
恵理子

恵理子の感想・評価

4.5
ばかおもしれえ 映像と音の使い方うますぎてこわいこわいこわいおもしろってなる
うまい、面白い、気味が悪い。

確かにこれは後世に残るわ。
萩原聖人ってこんなに演技うまかったのね。窪塚さんかと思った。
絶大な否定的なものを引き摺った生真面目な人間はCUREに描かれてる。何で俺みたいに真面目なやつがこんな目にあわなけりゃあいけないんだ!
狂った妻の介護に悶え。
TOMA

TOMAの感想・評価

3.8
完璧な所作 表情 テンポ

あんた誰?

映画を見ているこちらでさえ
曖昧になる程

個人的にうじきつよしの
"覚えてないんだよ"
が一番ゾッとする
shuheeeey

shuheeeeyの感想・評価

4.0
観終わってすぐ、繰り返し観たくなる

Jホラーブームが起こったこの頃の映画は映像がザラザラしていて好き
zk

zkの感想・評価

4.3
仕事に憑りつかれ実生活においても悩みを抱え生きていた男がある人物との関わりを経て解放に至る物語。

黒沢清といったらやはりこの作品が思い浮かぶ。個人的には邦画サスペンスの中でもかなりの傑作だと思っている。最近の作品のような大衆志向はあまりなく、良い意味で邦画らしさを感じる映画。
タイトルが元の『伝道師』のままだったらもう少し分かりやすく受け取られていたのかも。
悪役が、今までにない感じの格好良さだった
謎解きを中心に据えるでもなく
アクションを中心に据えるでもなく
ただただ悪役のための映画
ギャス

ギャスの感想・評価

3.4
久しぶりに観たが、やはり素晴らしい。
脚本の素晴らしさと役者たちの演技のハマり具合、音の効果と絵の渋さ。全てが相乗効果で、気味の悪さとオカルティックな興奮をかきたてる。

個人的には「覚えてないんだよ」のセリフの時のうじきつよしが最高の表情だった。あれは怖い。


ネタバレ

役所のミイラ取りがミイラにという展開に、伏線からしてなぜか説得力がある。

萩原聖人に"こちら側の人間"と言わしめる役所広司のチカラとは。
強い善と強い悪を内に抱え、それを自覚しているからか。

蓄音機からの声で、彼は最強の伝道師として覚醒し、その力は最強。
チカラを放ち解放されたあとの(妻をXしたあとの)ラストのファミレスでの落ち着いた物腰、付けたタバコの火を見ただけの人間に、その内なる憎悪を覚醒させてしまうパワー。
これから彼の御業が繰り広げられる美しくも不気味な街の景色に、恐怖と興奮を感じた。
tamaish

tamaishの感想・評価

4.0
サスペンス×オカルト。なんか韓国映画みたいな雰囲気でした。
観る人の神経を逆なでするセリフや演出がただただ不快。
人間は誰しも憎悪を宿しているけど、理性で押さえ込んでる。でも間宮に出会ったら最後、理性はぶっ飛ぶ。
間宮は形を変えて日常生活に潜んでいるのかも。あー怖い怖い。
>|