チャイムの作品情報・感想・評価

チャイム2024年製作の映画)

製作国:

上映時間:45分

4.3

あらすじ

『チャイム』に投稿された感想・評価

CUREの最後の握りは背中を目標としていたってことだから、文字通り。大人が暴力をふるってしまうとき、その直前の、みえない髄液が鼻の穴からでてくるような変温の仕方という話は古くから聞く体験談として想像…

>>続きを読む
環奈

環奈の感想・評価

4.8

想像の8倍良かった。黒沢清はいつだって最恐

これまでの黒沢清の映画で突如として顕現する魔の空間
今作はそこだけを抽出したような黒沢清好きにはたまらない感じ

包丁の振り方をペットボトルでデモンスト…

>>続きを読む

他人という得体の知れない何かについて、45分。
ある作家がこの世には愛が溢れていて
だからこそ繋がりあえる他人は
素晴らしいと説いたとしても
黒沢清はこの世には不安、恐怖が溢れていて
だからこそ他人…

>>続きを読む

怖かったです。
内容は昔の黒沢清映画みたいな感じなのですが、幽霊は見えない(映らない)で警察の方がぽつんと立っている、人はポンっと刺さされてから死ぬまで時間がかかるししばらく動くというのが、昔の作品…

>>続きを読む
Maru

Maruの感想・評価

4.6

45分の中短編に1万4850円とはかなり高飛車な価格設定だと思ったが、たしかにそんじょそこらの映画10本分が束になっても敵わない傑作である。

ここ15年ほどメロドラマやSF不条理劇への挑戦(必ずし…

>>続きを読む
anapan

anapanの感想・評価

3.8

ライティングもショットも演出も集大成的というか短時間にやれることガンガン詰め込みました!って感じがとても良い。ストーリーは抽象的で不気味なんだけど、もうちょい踏み込んで欲しいとも思う。ファン目線で言…

>>続きを読む
miiiku

miiikuの感想・評価

4.5

光や音で恐怖感を引き出すのはさすがだが、このフィクション感の無さはなんなんだ(感動)。職業柄、登場人物が精神疾患の患者にしか見えず、いつ身近な人が同じような経験をしてもおかしくないと思える。これだか…

>>続きを読む
unko

unkoの感想・評価

4.0

Roadsteadにて、15000円ぐらいで発売されている。昨日から発売して残り700ぐらい余ってる。
まあ劇場でも夏辺りに観ることができるみたいなので、購入しなくても良いのだけど、新サービスを利用…

>>続きを読む
イワシ

イワシの感想・評価

3.5

割と良かった。吉岡睦雄がシャベル片手に橋を渡る場面のロングショットのワンカットが素晴らしい(カット冒頭のガードレール下から道路へのシャベル放擲も)。疲弊した身体を引き摺るように歩く姿が徐々に背筋が伸…

>>続きを読む

不意に表出する“人の手による人の死”の描き方などは、同監督の『CURE』に近い。死のもたらされ方と伝播のされ方はほとんどそのまま。カーテンの使い方なども既存の黒沢作品に見られる部分だったかな。沿線に…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事