クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.3

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

さおり

さおりの感想・評価

3.0
香川照之劇場。チョコレートのくだりで「きたきたー!」ってなります。
目を離した隙にリトル・ミス・サンシャインのようになってましたが、無難に収まってよかったです。
D

Dの感想・評価

2.5
良かった点:
雰囲気が怖いぐらいに不気味…

悪かった点:
主人公周りのキャラクターの無能さ
万能のお薬
多くの謎が解明されないまま終わってしまった
良い意味で終始気味の悪い作品だった。黒沢清監督も随分とメジャーになったと思いながら観賞。
作品を通してバックグランドで流れる低音のサウンドが観客を不安に落としていく。半端なホラーより観続けるのが嫌な気分にさせられた。
ストーリーは前半は特に素晴らしい。主人公の引越し先の隣人がという御都合主義な設定には苦笑したが、ゴールデン・ドゥードゥルのマックスがいつやられるのかドキドキだった。
一方で後半は攻防戦となるが、西島秀俊扮する主人公が知らずに攻め込まれいる展開も警察が阿呆過ぎる様に感じて興醒めしそうになるギリギリの線。最後のオチも唖然。これで良かったのか...。竹内結子の叫びも解放というかネジが外れた感の方強く感じた。
香川照之の演技は過剰加減にしているのがNHKの『昆虫大好き』とダブってしまい困惑。
kanazi

kanaziの感想・評価

2.0
2017.09.21
観なきゃいけないので観ました。
映画はエンタテイメントであるべきと私は思うので、この映画はもうようわかりません。。。
藤野さんよかったな。ポスターも川口さんじゃなくてここ藤野さんでしょって思う。
なんでこんなにもあっさり警察が罠にはまってしまう???
最後に打ったのは偽物だったの?それとも高倉が理性を失わなかっただけ?
あまり評価良くないみたいだけど俺は面白かったなー。サイコパス怖すぎ。
少し説明やら謎の解明やら欲しかったな
yuka

yukaの感想・評価

3.0
久しぶりの邦画になぜこれを選んだんだ、自分。

こわい、気持ち悪い。

この一言に尽きる。
それもこれも、サイコパスを演技で、映像で、音楽で、もう嫌だやめてくれっていう程押し付けられたから。

ほんと、叫びだしたい気分。
lotte16101

lotte16101の感想・評価

2.5
久々の邦画鑑賞。
今年になって3回目という異様な少なさ…(笑)

ウルヴァリン侍といい、ブレードランナーの日本解釈といい、海外の映画で日本のイメージが誤ってつくられていることは多いように感じますが、今回はその逆でした。

導入部分から途中までの香川さんが演じる隣人は、日本の風景も相まって私たちのまわりにもいるんじゃないか…?と感じることができてとてもよかったです。

しかし…。
家の中身が明らかになってからは、どこよここ???感がすごい。隣人宅っていうか、ドラクエのダンジョン。
家かと思ったらダンジョンやないか!ってなんで誰もつっこまないんですか!(笑)
あと、ゲームでも初めて暗いダンジョンっぽいところきたら普通、レベルが20個上で絶対勝てない強いやつとか出てくるじゃないですか。
それ、東出君とか絶対知ってるでしょ!なんで、セーブ…じゃなくて隣の西島さん家にコールしないんですか!!!
行くならコール、もしくは一回行かないのがRPG経験者世代ですよ!!!(笑)

日本という私たちが住んでいる舞台設定で隣人の恐怖を描くのであれば、その身の回りにも起こりうる感を最後まで崩して欲しくなかったです。
殺人場所も普通の日本風の部屋のがもっと怖かったし、死体を入れるポリ袋を家庭用掃除機で吸った方がよかったなあ。

私は映画の中の洋画の世界にすごく憧れているんですが、その世界が現実といかに違うかという点は確認しなければわかりません。SFやアクションなどのジャンルでなくても映画というものには何かしらのフィクション要素があるんだと感じます。だからこそ、日本という設定でフィクションを感じてしまうと違和感を感じざるを得なくなる。映画というファンタジーで違うと感じてしまうと思いました。
邦画を楽しむには、洋画と比べて自分的に弊害がありすぎる〜…と改めて感じました。

舞台が現実であれ、フィクションであれ、その舞台に説得力のある忠実なリアリティって大事だなあ。
A

Aの感想・評価

5.0
あのまま続いて欲しかった。でも続かないというのもいいね。もののあはれというものかな。羨ましい。
オリバ

オリバの感想・評価

3.0
色々説明不足。
いまいちだった。
香川照之だけが良かった。
>|