クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価・動画配信

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

3.2

あらすじ

『クリーピー 偽りの隣人』に投稿された感想・評価

みあね

みあねの感想・評価

3.0
前川裕の小説が原作。人怖系ミステリー映画。

元刑事の高倉はある事件を切欠に退職し、大学で犯罪心理学を教える道に進む。心機一転、新居にも引っ越し妻との生活に充実感を得ていた。
しかし、隣家への挨拶で不快な思いが続き、夫婦共に違和感を覚えていた。
ある日、同僚との世間話から6年前に起こった未解決の“日野市一家失踪事件”に興味を持つ。同僚は好奇心から高倉を事件現場に誘う。思うところがあった高倉は同僚と共に足を運ぶが…

近隣トラブル怖い(´・ω・`)
ありそうで、なさそうな展開は観る者を選ぶ作品。原作とはだいぶ変えてるぽいね。中盤まで良かったのに…との感想(´・ω・`)
でも香川照之の演技はやはり凄いね!

※犬さんは死にません!無事です。
タク

タクの感想・評価

3.9
サイコパス映画。不気味なあまり人には進んで紹介はできないけれど、香川照之さんの俳優としての天才性が光るような映画。

あの背筋が凍るような恐ろしい芝居は香川さんにしかできない。
悪質なホラー。心に余裕があるときにみるものだし、そもそも観なくてもいい映画だった。むずむずする。サイコパス。
HANA

HANAの感想・評価

-
西島秀俊×竹内結子×香川照之だから、面白いだろうと何となしに見始めてしまい、香川照之の演技の気持ち悪さに恐ろしくなった。見劣りしない藤野涼子ちゃんすごいな。
shakai

shakaiの感想・評価

2.5
シンプルな構成だけど大筋だけでなく個々人の人間模様も見どころ。隣に住んでる香川照之がやばいというだけで二時間引っ張るのはキツくて、本筋を控えめにしてその人間模様の部分をもっと照射すべきだったと思う。監督の魅力はサスペンス要素ではなく心理描写にあるので。
KanaKato

KanaKatoの感想・評価

3.4
ひゃー!

後半は恐ろしくて、ここまでする必要あります?!ってなった…

前半のクリーピーな人の演技すごかったです。本当にこんなおかしい人いるいる…
ueri

ueriの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

「他の観ればよかった」と思いました
ドキドキ、怖いシーンはあったから見てる時はすごく良かった
けど、終わりに近づくにつれ、残念感が強くなる
これ映画館で見たひとどんな気持ちなんだろ…(笑)
一番面白かったのは、西島秀俊が川口春奈のおばあちゃんを押し戻すシーン
moka

mokaの感想・評価

4.5
無料公開で飛びついてみた記憶。

高校の時友達におすすめされて借りた小説。
めちゃくちゃ面白かった。
その世界観が映画に上手く投影されててほんとに怖かった。

でもやっぱり小説が好き。
まず皆、原作読んで欲しい。

黒沢清監督は良映画です。
いい意味でめちゃくちゃ怖いです。
人間が怖くなる。
あああ

あああの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読です。

日本の住宅地で起こるには有り得ねぇ設定すぎて、最初からずっとえぇ?って思いながら見ていました。
2時間ドラマとか、サスペンス劇場とかで家族と予想したりしながら見たらトンデモ設定も楽しめたと思います。よし!映画観るぞって気合いいれて集中して見たらガッカリしました。映画館で2000円近く払って見ていたら超ガッカリすると思う。見に行かなくて良かったです。

主人公&警視庁のお偉いさんがバカすぎてずっとイライラ。サイコパスの怖さよりそっちの方が気になってしまった。
隣人への手土産に手作りチョコとか昨日の残り物シチューとか隣人以前に奥さんもかなりキモい。
犯人も犯人で人里離れた大農場とかでやらないと成立しないような殺人設備作ってて有り得ねえ〜って感じでした。
リアリティだけが映画の全てじゃないって言われたらそれまでだけど…

香川照之の気持ち悪い殺人鬼を楽しめた点のみよかったです。
引っ越しの挨拶に手作りチョコはない....
今時あまりもののおかず隣人に持って行く?警察ポンコツすぎん?木造?鉄筋?こんな家あるん?
サイコパス自体非現実的な話だから、それ以外はしっかりリアルにして欲しい。途中まではサスペンスっぽくてワクワクして見てたのに途中からの失速感...
香川照之と竹内結子だけ良かった。
西島さん棒読み...?笑
>|

あなたにおすすめの記事