クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.2

あらすじ

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

メ

メの感想・評価

2.2
キャストは豪華ですが、低脳な妻(言い方悪くてごめんなさい…)
1人で乗り込む刑事にイライラしてしまいました
YangYang

YangYangの感想・評価

3.2
creepyを表現するために、無理矢理なplotが多すぎるぅ。演者さんたちはとても素晴らしいが、plotはもうちょっとな。でも松竹はやはりいい映画作る姿勢あるな。TOHOにはないな。
やばい。これも原作がある、ということですが、これは「ケモノの城/誉田哲也」と一緒です。映像化絶対できないと思ってましたけど、こういう形でできるとは。救いようのない、洗脳と連鎖。怖くて怖くて⋯。でも最後は連鎖が止まって良かった⋯。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.5
香川照之に気味の悪い男をやらせたら毎度ピカイチ
普段の香川さんは違うはずだけど、こういう役柄の彼を観た後はしばらく引きずってしまって、テレビで見るのさえ嫌だ。ほんと気持ち悪い。

引っ越した先の。奇妙な隣人に取り込まれてどんどん心を支配されていくという類の話はよくあるけど、この種類の鬼畜はタチが悪い。
常識をある程度認識したサイコパス、普通と異常の共存ってあるのかな?

どんどん精神を壊していく竹内結子と、とっくに壊れてしまった藤野涼子の演技は割と不可解な部分もあって、感情移入出来なかったし、同情には至らなかったけれど自分だったらもう死にたくなるのだと思う。
まぁ、ちょっと第一印象怪しいと思ったら深入りしちゃいけないね。
家買ってあれとかもう最悪でしょ。

前半は繊細に展開していくのに後半は崩壊しかけてくる。
ある意味キヨシクロサワらしいとも言える。
相変わらず、暗すぎるからほんと見た後気持ちドヨーンってするよね。
しばらくは、香川照之恐怖症ゾーンに入ります。
香川照之の異常さ。
もっと犯人の人間性とか犯行のトリックとか解明とかあってほしかったな。ただ殺すんじゃなくて。
警察がクズ過ぎて、ムカついた。
ともも

とももの感想・評価

3.0
2度目の鑑賞。
初めて観たときはハラハラドキドキが止まらなかったが、改めてオチを知った上で冷静になって観たら、ちょっと強引すぎるんだよなぁ。警察バカすぎるし…。
香川照之の演技に助けられたな!
なにも会話せずに『なんかあった?』って相手の変化に気付く夫婦関係って素敵。
h

hの感想・評価

3.0
ずっと不気味でぞわぞわした。後味が悪くて検索をかけて色々見て腑に落ちた
香川照之の怪演っぷりに圧巻。
サイコホラーなのにホラーを見ているような緊張感。それにも増してこのMOZUペアは、事件しか起こさないな。
ゴ

ゴの感想・評価

1.6

このレビューはネタバレを含みます

役者を活かしきれない脚本と映像がいけないんだ……
最後らへんは予算使い切った?って感じのチープさで悲しかった…………
saki

sakiの感想・評価

3.6
引っ越しの挨拶に手作りのチョコレート...笑
そして嫌がられたのに次の日めげずに余りのシチューをお裾分けに行く奥さんのメンタル...笑
>|