クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.3

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

KEI

KEIの感想・評価

3.7
サイコパスの考えてることはわからない。洗脳ってあんな簡単にできるの?娘もいつでもころせるでしょ!笑
とツッコミどころ満載な感じだが、ハラハラさせられる感じは面白い。設定に無理があるが、役者の演技力もすごいので引き込まれる。
思い出の映画!デートに不向き、思いの外、ぐろい。
皆さんがいう通り、設定の細かいところかなり無理がありますが、役者が良いのでなんとかなっています。ホラーとSFも少しずつ混ざっていると思えば、許せちゃうのではないでしょうか。

「サイコパスは、3つに分類できます。FBIが昔よく調べたのです。秩序型、無秩序型、そしてその混合型です。僕が出会ったのは全て混合型でした。」

で?

映画は尺に合わせるためにかなり設定を端折っちゃったみないなので、こんど原作を読んでみたいですね
ミヅキ

ミヅキの感想・評価

3.0
サイコパス映画好きだけど、ツッコミどころが多くて…警察使えなさすぎだし、何なんだあの薬は??
INORI

INORIの感想・評価

3.1
少し前に見た
えええええーー何その薬そんなのないだろうがよーそれに監禁してる部屋のセット最悪でしょーふつうのいえあんな鉄の壁みたいなの改造するのできないしやばいでしょー
っていうジタバタする残念さ
るり

るりの感想・評価

2.0
エンジンのかかるのが遅い映画です
香川照之の演技力でどうにかなってる映画
とにかく香川照之が凄い!
流石だぜ!!
カメラワーク?なのか?
変に歩き回らせて見にくいシーンがあり、こんな見にくいシーン滅多にねえぞ………!となりました。
この映画は設定構成色々練れば、「冷たい熱帯魚」的な良い映画になってたのでは?!
村っち

村っちの感想・評価

1.1
途中までは凄く引き込まれてどうなるんだ!ってなってたけど最後と終わり方が…え?終わり?これで?ってなった。

このレビューはネタバレを含みます

面白気持ち悪い〜
絶妙に噛み合わない会話の気持ち悪さよ。
盗聴されてるのか…?微妙な台詞。
台詞の可能性の幅を感じた。
日常のなかのすこしずつの違和感の積み重ね…
真実を観客に明かすタイミング。
観客優位。➡︎サスペンス。
真実を話しているのに信じてもらえない主人公は観客の同情と共感を誘う。
最後まで犯人の真意が読めない。
だけどラストが、ううん…
薬のルールが曖昧だったしそもそも薬は便利すぎた…
なぜあんなにも家族や妻が操られていて、何度も犯行を重ねられているのか、がこのストーリーのほぼメインと言っていい謎なのに、それがなんの説明もない薬っていうのはちょっと…
見入った、こういう映画って如何に何もないトラップを作るかが肝なのかも

この映画で言うとやたら揺れてるカーテンが目立っていた。

何か来そうだと思わせてくれるものが散りばめられて、 観てるうちに心の進路を支配されてる感じは途中から気持ち悪くなるので嫌悪感持つ人が一定数いるのはわかる、上映期間中そういう感想をよく聞いたのを思い出した。

余白があって良かったです。
Seven

Sevenの感想・評価

-
前半の不穏の雰囲気は良かったんだけど、後半があまりにも非日常に行きすぎちゃってどうにも…あまりにも不自然というか出来過ぎな展開が多くて萎えちゃった。
ただ香川さんの怪演は圧巻。
北九州の事件を思い出して胸クソ悪い
>|