クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.2

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

映画館で予告編を見て気になっていた作品。

原作はもっと緻密にストーリーが運ばれるんでしょうか。

こちらの映画ですと、【そんなわけ、ないじゃん】という場面がたくさん出てきます。
最後の方は、ちょっと馬鹿らしくなります。

こういったサイコパスが相手を支配するようなストーリーで一番見たいのは
「だれが、いつ、どこで、なにを、どうする」という部分です。
そこが一切ない。まったくありません。

ただ、なぜかサイコパスに支配されている、よくわからない人たちの話。

正直、ミステリ・サスペンスファンの方や、連続殺人事件、サイコパス等の造詣が深い方はおすすめしません。
なか

なかの感想・評価

3.1
設定や配役はとても好き。

致命的な点として、リアリティのバランスが取れてない
香川さんのいわぬる「マジでいそうなサイコパス感」とは逆な、東出君の謎行動やら、奥さんのアホっぷりやら、西島さんの緊迫感のない演技やら、何でもさせられる魔法の薬やら、容疑者をすぐ帰らせちゃったり歳とったお偉いさんが1人で現場に出向く無能警察のせいで、観る側としても何に怖がればいいのかよく分からなくなってしまった結果、落とし穴に落ちるシーンが1番ビビった。
今まで見た映画の中で一番恐怖を感じた。これはもはやホラーだ。香川さんの偽りのいい人感がすごい。
衝撃なシーン連発だけど好きな映画ではないけど内容は面白かったから友達と見れてよかった。一人じゃたぶん最後まで見れなかった笑
最後の竹内結子の叫びにいろんな感情を感じた
膝痛

膝痛の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気はあるし香川照之の演技は不気味さが出て良かったけど脚本が中途半端に感じた。
サイコパスを描きたいのかなと思ったけど、康子が西野に心を開いていく過程の描写がちょっと微妙なように感じたしいつのまにかヤク中みたいにされてるしサイコパスな描写は人に責任があると断定して人にやらせる部分とか罪悪感がないとかそのあたりくらいしか感じなかった。
康子が西野に薬を打たせるまで心を開いているのは主人公との心の距離があってそうしてしまって、でもなんだかんだあって絆を取り戻す、というのを見せたい訳でもなく。
1人残された少女の殺された家族もどういういきさつなのかわからないし、写真見せても思い出さないし、警察は無能に見えるし、ラストは殺して終わりだし、澪はマックスとどっか行くし、結局事件的にはどう解決したの!?
今までの描写を情緒に寄せてないのだから事件としての解決をキチンと見せてくれ〜

原作の小説のあらすじ見たら違う印象を持ったし、あいつの親類が関わってたの!?とか意外性もあって描きたいテーマもはっきりあるように感じた。原作を描ききれば大分面白かったのでは…。
なんとなく設定持ってきて隣人がサイコパスで不気味な映画作りたかったのかな…
kynka

kynkaの感想・評価

3.1
香川照之の演技がもうこわすぎてゾクゾクしてた。

不気味なお隣さんからどんどん怖くなっていくからラスト期待しすぎたら裏切られた。見おわっても疑問ばかり。
悪人が死ねばいいんってもんじゃないぞーー
わたしがオチを考えてあげたい。
わこ

わこの感想・評価

2.8
設定が細かい割に内容が中途半端で謎だけが残る、ただただモヤモヤする。
最後に全てが明らかになると思って見たら拍子抜けするので期待しない方が良い。

香川照之の演技は本当にすごい、常識外れな狂気じみた行動にイライラさせられた、それ程リアルだった。
香川照之がサイコパスなんだけど、
歩き方とか手の出し方から違和感を
感じさせるのがビクってなった。








犬が殺されなくて本当良かった(´;_;`)
まい

まいの感想・評価

2.6
【ストーリー】
刑事から犯罪心理学者に転身した高倉はある日、以前の同僚野上から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれる。だが、たった一人の生存者である長女の早紀の記憶の糸をたぐっても、依然事件の真相は謎に包まれていた。一方、高倉が妻と一緒に転居した先の隣人は、どこか捉えどころがなく……。



私の大好きなサイコパス作品!!
まず、終始不気味な雰囲気漂ってて気味悪い。隣人の香川照之との会話もすごく違和感を感じます。でも初対面から変な人だと分かっていてなぜ関わるのか理解できない。「あの人お父さんじゃありません。全然知らない人です」って怯えながら伝えられたら震えるけどな🤔
東出昌大演じる警察官も、普通1人であんな行動する?しかも西島秀俊の隣人が本人じゃないと分かったのに「手柄は俺のものだぜ」と言わんばかりに怪しい人の家に入っていくじゃん。これじゃ日本の警官が無能だと世界に教えてるようなもの。
逃げるチャンスはいくらでもあったはずなのに逃げないのもまた不思議。謎の薬物を注入されたくらいで従うものなのか?
結局、香川照之は何者なのか、川口春奈はなぜ生き残ったのか、あの夫婦はなんで生かされてたのか謎のまま。サイコパスが死んでもスッキリしないのが残念。よくこの脚本でサイコパス映画を作ろうと思ったな。
やはりサイコパスは韓国が1番だ!!!!
ラスト、竹内結子の魂の叫びはお見事。
Tak

Takの感想・評価

3.7
こわい!こわい!ただひたすら香川照之がこわい。

引っ越して来た若い夫婦の隣に住む少し風変わりな家族。
過去に起きた未解決一家失踪事件との共通点が見えてくる。

香川照之のサイコパスぶりがハマりすぎ!
竹内結子、西島秀俊の影が薄くなってしまったような…。

コワイけど前のめりになって観てしまった。
K

Kの感想・評価

3.0
役者の演技が光っています。
ストーリーの軸は読めるけど演技が感情に訴えてくるので退屈しないです。
>|