葛城事件の作品情報・感想・評価・動画配信

「葛城事件」に投稿された感想・評価

三浦友和のゲス親父っぷりが見事。その他主要キャストの皆さんの演技も素晴らしいが、決して観て楽しい映画ではない。
モデルになっている実在事件の犯人をなぞった次男のサイコぶりは別格として、私から見て一番怖かったのはゲス親父よりも田中麗奈演じる出自不明の「全力で愛します」女だった。最狂と言っていいのでは。

エンディング、全ての元凶と思われるクズに相応しい空虚なリアルさに、なんとも言い難い救いのなさを感じた。
しんどかった…自分の親を映画にしたみたいだった。家族がいなくて本当によかったし、後世にもこの血は絶対残さないと改めて思えた。
マトモじゃない親の子はどこかしらおかしいんだよ。

葛城一家の役者陣も星野役の田中麗奈も、みんなどこかネジが飛んでてとち狂ってて、凄すぎて疲れた(笑)
Nuuco

Nuucoの感想・評価

2.8
世の中の凶悪犯がなぜ生まれてしまうのか?可能性の一部を見たような気がします。

こういう人(父親)たまにいますよね。
そしてそういう人の奥さんは気が弱いとか、自立してないとか、自分に自信がないとか、そういうタイプの人が多いイメージ。
だから父親余計に調子乗って俺様街道まっしぐら、それ見た子供たちは恐怖と圧力に苦しむ(負のループ)

でもこの作品で1番の狂気は田中麗奈の存在。
KYD

KYDの感想・評価

3.4
父親が全部悪いだろいい加減にしろこの家父長制の権化が!という感想に尽きる。
附属池田小事件という無差別殺傷事件をモデルにした映画である。最初は興味本位で観た映画。だがこの分類(カテゴリー)にされる映画は不定期に観ると良いだろう。家族の演技をしている役者の技巧は分からぬ。宣伝では「狂気の父親」と吹聴されてる本作品。観賞後には本当に「狂気の父親」か?と疑心暗鬼になる。少なくとも自分は「狂気」な人間は父親では無いと感じる。「狂気」と感じたのは次男夫婦だ。まぁ確かに映画comにある父親の性癖の項目には身の毛もよだつ思いだが。ぜひ一度は観てください。
Asuka

Asukaの感想・評価

3.8
配信終了ぎりぎりで見れた、!

自殺に失敗して、再び食事をするシーンで終わってたのは食べる=生きるって意味が込められてる気がした。

苦しくても今までのことを背負って生きていくんだろうな..誰も救われないから何とも言えない気持ちになる
店員にキレる人はみんな嫌い
あーゆー短気なのってやっぱ「俺様」って常に思ってるからだろうな
みのるは父親に似てしまったよね
は

はの感想・評価

3.7
んー…

実際の事件をテーマに扱った映画だが、なんと言うか未完成感がすごい。

胸糞は悪い。
いゆ

いゆの感想・評価

3.5
死なんのかい!
てツッコミたくなりますが
なんか見てて正直自分にもなくは無いかなぁと思ってしまいました。
子供の教育なんて正直意図せず怒ってしまう事もゼロでは無いですしこの父親のようなところを反面教師と見習うべきではありますがついついやってしまうところもあることを考えれば必ずしもこの家族は他人事とは思えないです、いや他人事ではありますが。
でも改めてこういう映画を見させていただいて自分の実の振る舞いや行動や友人付き合い仕事のやり方等と考えさせられる3連休中日のくそ暇な1日になりました。
daruma

darumaの感想・評価

3.8
アマプラ滑り込み。これは…想像以上。以前信頼しているレビュワーさんに良作と聞き観てみたくて。結構理解できるかも…全く救いようがなくお勧めではないが、私は好きです。本当を描いている。うな重が印象的。ワンダーウォールの若葉竜也くん熱演。ホテルローヤルの内田慈さんも出ています。

ほか、キャスティングが絶妙だった…三浦友和さん凄かった。こういう怖い役、初めて見ました。確かドラマ流星の絆でも悪い役だったと思うんですが、また違った感じで。でも回想シーンを見るとこの人しかいないなっていうハマり具合。あと、今となっては、という感じですが、私は新井浩文さんの演技、好きです。どの方も素晴らしい演技でした。

前半は胸焼けするほど胸糞悪いんですが(愚行録系かと思ってドキドキした…)、お母さんが出て行っちゃうあたりから引き込まれました。こんな言い方していいのかわからないけど、誰の気持ちにも共感できる…父親にですら(個人的に完全悪だけにしていないところが良かった。絶対そういう部分はあるはずなので。それが独りよがりだとしても…)。どうしてこうなったのかという過程はすっぽり抜けてるけど、現在の調和の取れた3人のシーンと、マイホームを建てたばかりの頃の回想を入れる事によって、とてもいい感じに補われているというか。嘘のない、ちゃんと生きている人間が描かれていました。ラストが因果応報、絶妙でした。食べるシーンがまた嘘がない感じで良かった…

あと、劇伴の妙に明るいのがマッチしすぎてて最高でした。
(滑稽でも不気味でもなく、うまく言えないんですが…)

これ、実話ベースなんですね…なるほど。
配給ファントム・フィルム、やはり信頼置けます。
>|