葛城事件の作品情報・感想・評価・動画配信

「葛城事件」に投稿された感想・評価

るふり

るふりの感想・評価

4.0
すっごい良かった!!いや、良くはないんだろうけど笑。

序盤からずーっと不快感が続く感じの映画。一方でギリギリのギリでチャップリンの『人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇』という感じの映画でもある。特にBGMが流れるシーンはフィクション要素が強くなる分、ちょっと笑ってしまったところもある。

とはいえ、少しでも近づくと、まぁー誰に感情移入すれば良いのかも分からないし、一つ一つの演出、演技、撮影技法に至るまで、いやーな感じを凄く的確に表現している。本当に上手いんだと思うし、監督の胆力というか、絵的な派手さがみられない中、良く撮りきったと思う。

全て凄いけど、やっぱり主役の演技および周りの雰囲気は特筆に値する。フルスイングで暴君というわけでは決して無い…が的確に嫌なツボを突いてくるというか笑。テキストで指摘すると、ホント細かいところなんだけど、映画・映像として観ると本当に嫌なツボ。凄いと思う。

内容そのものはカタルシスもないし、好みによっては拷問のような映画だと思う。んだけど、ここまで突き詰められると個人的には賞賛するしかない。海外だけどミヒャエル・ハネケの映画に通じる気がする。

『嫌な気分になる』ことは保証できる。観るか観ないかは自己責任で笑。
Billy

Billyの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

久々の邦画

あー
ウチの事だ、、、

食事。
そうなんだよ。
食事に愛情が無いんだよね。
男尊女卑だし。

アパートに3人で居る時に母さんが1人で喋り始めた時、自分のリアルと重なり過ぎて涙止まんないしw

この家庭に愛を感じれられたら、自分の家族にも愛があったと思えたろうけど…

本当に何なんだろうな。

父親を殺せれば違ったのかな。

リアルにほぼ同じ様な環境で育てられた側から言わせてもらえば、体験したことない奴があれこれ言っても分からないんだよ。一歩間違えたら殺されるかもしれないって。今時代なら…とか関係ないからね。父親はヒグマより怖い存在だから。

みかんの木も見栄で植えたのか?
本当に子供達のことを想って植えたのか?
本人しか知らないが、その木に生かされる。生きて償えと言わんばかりに。

田中麗奈とみかんの木は関連無いんだよね?
初代なっちゃんだからとか?w
実際の事件をベースに作られた話らしい。
最近も猟奇的な事件が増えているが、その加害者の大半は生まれ育った環境とか生い立ちの影響を大きく受けているのだろうかと少し気になった
あ

あの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

全員演技上手すぎて、、、、

最初から最後まで暗い
救いようもない
みんなそれぞれ生き地獄だし狂ってる
生きてれば良いことある〜とかよく聞くしそうだと分かっていても、とりあえずやっぱり死んだ方がましな感じ
でもお父さんはみかんのなる木に死なせてもらえなかったね
自殺未遂した後、何事もなかったかのように食事を再開してエンディングっていう流れが、なんか素敵だったってか理想的な感じだった
ああ父さんの生命活動はまだまだダルっと続いていくんだね、、ころっと死んで逃げられるほど現実は甘くないっぽい
のすけ

のすけの感想・評価

4.0
親ガチャ映画。自分の両親がまともでよかったと心底安心しながらも、親や自分そのものにも共通するやだみがやけにリアル。
自分も何か歯車一つ違えるだけでこうなっていた、あるいはこうなるかもしれないと観てる間常に頭の中を駆け巡りヒヤヒヤする。

頭が固くて思考だけが時代に取り残されてしまったような男権的頑固オヤジお父さん。
言ってることを切り抜けば、その一つ一つは正しかったりもして、だからこそ自分の全体像とその間違いに気付けない。登場人物は多くないのに、ここまで尽く出会う人出会う人を間違え続けて生きてきたんだと、お父さんの人生まで透けてみえてきて悲しくなる。「俺が一体何をしたっ!?」ってセリフがハードパンチすぎる。

子供への愛は間違いなくあるけど一貫して無責任なお母さん。
葛城一家全員に当てはまる言葉が「無責任」だと思うけどこのお母さんはそれが一際飛び抜けてやばい、もはや裁かれないタイプのネグレクトだと思う。クズすぎ。だけどこうなってしまったのも、葛城父の抑圧によって少しずつ壊れてしまった結果なんだろう。
このお母さんは自分の母親と決定的に違うくて、僕の家族が葛城家にならなかったのはお母さんのおかげなんだと、自分の母の強さをしみじみ。






ラストシーン、葛城次男とその妻の面会シーン、動機の件めっちゃムカついた、お前は狂ったイノシシじゃねぇからな!?
だけど最後のセリフだけは、一瞬ほんのちょっとだけもう取り返しのつかないところまで来てしまった自分と向き合って反省してるようにもみえた。どうなんだろう
シロー

シローの感想・評価

3.9
一切家庭料理が出てこなかったなあ。そこから家族間の不和というか亀裂が窺える。

保が吸わないタバコを吸ってポイ捨てして、でもやっぱり拾って。そして自殺する流れが好きだった。彼の精神的気質も思考も表現されているような気がする。根本は優しい人なんだろうなぁ……レシートの裏に書かれた短い遺書も切なかった。
kuzkichi

kuzkichiの感想・評価

3.8
人のその時々を最後と言うのならば、稔だけが望み通りの終わり方をした気がした。オレンジに成熟したみかんが無常にもこの映画を象徴しているようだった。人それぞれの思いや考えが、今にもちぎれそうな糸で歪んみ絡み合っているかと言うことを考えさせられた。
コグゥ

コグゥの感想・評価

3.9
池田小のやつ
心の疲労感えぐめ

高圧的な人アレルギーだから見てるのキツかたなあ
鎌谷

鎌谷の感想・評価

4.0
フォロワーさんの感想で気になって。(気分的に)優先順位低かったけれど、なるほどこれは興味深い話。後味はそんなに悪くない(個人の意見です)
無差別殺傷事件が出てくるので、好みが別れます。ポスターでネタバレしてても、その前後が重要なんで。

『その夜の侍』で堺雅人さんは新境地を開いたと思っているのですが、本作も三浦友和さんのパワハラダメ男っぷりがスゴくてめっちゃ嫌悪感です。本作も脚本をつとめた赤堀監督の手腕ですね(これも舞台だったんですね)

最初、出だしの流れでステレオタイプな犯罪加害者モノだと思っていたのを、反省します。いろいろ変です。しかも静かに歪んでいきます。
でも、回想シーンがそうでもないんだよなぁ。どこから歪み始めたのか…もしかしたら何か分岐点があって、それを誤ってしまったのかな。
意外な所で食べ物がポイントになります。これはきっとわざとだと思います。いつもなんてあり得ない。そこもズレた家族なんだろうな。

『街の上で』好きな方、まさかの若葉くんが裏の主役です。後は見て確かめてみてください、彼の名演技を。あの目は鋭い。本気度を感じる。
こんな不気味な田中麗奈見たことない(褒めてる)かといって私たち観客はその視点で見ることはできないんですけどね。一体貴女は何者ですか…

ハッピーな日には観ない方がいいかな。ニュートラルな気分の時に。ラストシーンまでなかなか感情が追いつかない場面もありますが、それが人間って生き物のように。赤堀監督のセリフは人間臭くて共感できます。あ、犯罪者にほとんど共感できませんが、言ってることは生きた言葉なのが流石だと思いました。うん、力作。
最近Twitterなどで親ガチャという言葉を聞くが、親や家族は選べないし、子供の人生に大きく影響するんだと改めて痛感した

父親も決して子供を愛してなかったわけでも、家庭をおもってなかったわけでもない
母親も何度も父親から子供達を守ろうと頑張ったのだろう
兄も親の期待に応えようと頑張ってきたのだろう
弟も自己否定されながら戦ってきたのだろう

全員問題があるし全員好きでこんな人生歩んだわけでもないと思うから同情する気持ちも少しだけ生まれた

けど、家族は選べないし、育った家庭は人格に影響するけど、良い人生にするかはあとは本人次第だから頑張らないと
>|

あなたにおすすめの記事