蛇の道の作品情報・感想・評価・動画配信

『蛇の道』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

序盤から単純なリベンジ物とは思えない空気感、徐々にアンダーグラウンドに連れていかれるような感覚が堪らない。

哀川翔の人智を超えているような存在感は唯一無二、香川照之の拭えない小物感と相乗効果を生ん…

>>続きを読む

娘殺しの犯人を捜す宮下。その小物感を見事に演じたのは香川照之。
謎の数式を書き連ねる塾講師新島。献身的と映るほど積極的に宮下の復讐の手助けをする謎の男を演じたのは哀川翔。
昆虫博士とムシキングがタッ…

>>続きを読む

セルフリメイク版観る前に再見。撮影田村正毅。

この時代の黒沢清作品らしく殺伐としている。そんでもって多少のブラックジョーク。シグネチャーの廃墟となった工場等。哀川翔の底の知れなさと香川照之の狂い方…

>>続きを読む
リメイクを先に観て、後にこちらを鑑賞。
こちらの原作人気が根強いが、それぞれに良さがある。
nonsmell

nonsmellの感想・評価

3.7

昨日リメイク版を観て面白かったので鑑賞。
昔VHSで観ていた筈だが話の内容は全然憶えてない。リメイク版観ても思い出せなかったけど、この当時の香川照之の強いんだか弱いんだか正気なのか狂気なのか分からな…

>>続きを読む

時間が短いのもありテンポ良く、不穏な感じも面白かった。
この時の哀川翔さん、淡々とした冷静沈着な役、凄く格好良いわぁ。

20年30年前の映画って、なんか魅力を感じて、たま~に観たくなる。
新島が運…

>>続きを読む
約20年ぶりの再鑑賞。圧倒的な香川照之力。この頃の黒沢清映画の面白さはほんとどうかしてる。
“あんたが一番嫌いだ”
Kanrei

Kanreiの感想・評価

4.1
めちゃめちゃ引き込まれた。
ずっと不穏な雰囲気漂ってて面白かった。
リメイク版も見なければ

リメイク版の前に鑑賞〜

『CURE』の翌年、1998年の本作。
この頃から既にこの世とは思えない、現実離れした空気感や登場人物全員どこかおかしい感じは健全。特に哀川翔演じる新島は人間ではなく死神み…

>>続きを読む
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

3.7

リメイク版を観るために予習。
香川照之や柳ユーレイの怪演がイイ!
前者の舎弟的ヤバさと後者の話通じなさそうなヤバさ。どちらも現実世界にいるよね。
作品全体に荒削りな暴力性が散りばめられている。

あ…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事