殺人の追憶の作品情報・感想・評価・動画配信

殺人の追憶2003年製作の映画)

살인의 추억/MEMORIES OF MURDER

上映日:2004年03月27日

製作国:

上映時間:130分

3.9

「殺人の追憶」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

どうやら世間一般の評価は高いらしい

未解決事件なので犯人がわからぬまま終わるのはしょうがないとはいえ、そこに至るまでに刑事たちがやってきたのは拷問まがいの取り調べのみ

知略を巡らせるとか、機転を利かせるとかなく、ただただ事件に翻弄されるさまを見せつけられるだけ
ミステリーとかサスペンスだと思い、緻密な展開を期待していたけれど、全くそういった側面はなし

飛び蹴りしまくってた刑事が足切断の憂き目に遭うのが因果応報的なメッセージなのかもしれんけど、罪の確定していない容疑者ボコボコにして挙句の果てに銃ぶっ放す刑事には特に描写なにもなし

ラストシーンが余韻があって良いような評価もあるようだが、『は?なにそれ!?』というなんとも中途半端な取ってつけたような締め方だった

グエムルにしてもそうだったが、色々と伝えたいメッセージがあるのであればもっと直接的に映画を作ればいいのにモンスターや刑事もののジャンルを借りてくるからチグハグになると思うんだよなあ
ポン・ジュノ監督作は、『パラサイト』と『母なる証明』以来の鑑賞。
ずっとずっと前から観ようと思いながら、ここまで引っ張ってしまった。

実際の未解決事件をモチーフに脚色した作品だけあって、もの凄いリアリティを感じた。
とにかく犯行が卑劣で残虐的。
犯人は人の心を持っていない。

この事件を追う警察が、熱血漢パク刑事(ソン・ガンホ)、冷静沈着ソ刑事(キム・サンギョン)という相対する性格なのも、本作の見どころの1つだった。

手荒い捜査や自白強要など警察も大概やり過ぎだが、今回ばかりはそうなってしまう気持ちも分かるから観ていて辛い。
あの冷静なソ刑事がどんどん理性を失っていく様こそ、この事件のもどかしさを象徴していた。

とにかくこの作品、後半からどんどん引き込まれます。
特にラスト5分が圧巻。
他の作品もそうだったけど、この後半からラストまでの完成度がポン・ジュノ。

公開時、事件はまだ解決しておらず、時効後にある人物が犯人だと特定されます。
別事件で無期懲役中だったその犯人は、獄中でこの映画を観たらしい。
この事実にゾッとした。


『そこにハチミツ塗ってあるんか!』
『ナイキじゃなくてナイス…』
この2箇所だけは笑った。
kb

kbの感想・評価

2.5
未解決事件って興味引かれる
日本も未解決事件モノを忠実にもっと作ればいいのに
オナ

オナの感想・評価

3.7
なんだろ、
すごく残虐な話なんだけど
ふっとしたヌケ感というか
クギ付けで最後まで持っていかれる。

見終わって、あ~「母なる証明」を
もう一度見たいなぁと思ったら
ら、ら、ら、あら、
同じ監督だったのねー★

ヌケ感が、あのダンスへと
繋がるんだなぁ。
yumiko

yumikoの感想・評価

3.6
1986年、ソウル郊外の農村で起こった連続殺人事件のお話。犯人を追う刑事は容疑者を何人か尋問していたが、決定的な証拠はなく、拷問のような行為で自白を取ろうとしていた。

40年近く前の韓国の郊外の雰囲気に興味津々。デモが行われていたり、なんの避難訓練?ミサイル?

かなり頼りない捜査で、容疑者に自白を強要する中、ソウルから1人の刑事が赴任してくる。そこから少しずつ進展するが….

雨の日、赤い服を着た若い女性が、無惨な姿で殺される。そして、決まってラジオでは同じ曲が流れることに気づき、そのリクエストハガキをたどる。

雨の中、泥にまみれる感じ。尋問室も暗く地下。エグい描写も多い。次々と起こる同じ手口の殺人。この世界観…なんの情報も入れずに観たら、あ、ポン・ジュノ監督作品だった。なるほど。

容疑者の尋問の際痛めつけても傷がつかないように、専用の靴カバーまであるし…

最後まで目が離せず、あっという間に終わっちゃった。面白かった!実際の事件をもとにしてるんだって。

過去録画作品、絶賛して消化中。
Yuta

Yutaの感想・評価

4.5
重いテーマをエンタメにしあげる韓国映画、そのものの作品。見応えありました。登場人物それぞれが、とても個性的でリアル、俳優人、うまいです。
まきこ

まきこの感想・評価

3.3
これが実話だってことが恐ろしすぎます
そしてこういう映画観る度に思うのですが、韓国の警察のガラの悪さがすごい

ちょっとネタバレになるのですが、1986年 の事件なのにこの犯人が分かったのって映画が公開されてからだいぶ経った2019年なのです
その事実も相まって本当にゾッとしました


2022年 181本目
話長い。韓国映画の後味悪い系で検索すると必ず高評価で上がってくるのがこの映画。しかし、わたしにはあまり良さが分からなかった。ある一定の時期?越えて映像が古くなるとあんまり引き込まれないんだよなぁ。
小鳥遊

小鳥遊の感想・評価

4.1
ソン・ガンホなら間違いないはずとなんの情報も無しで観たのでラスト
うそでしょ?ってなった
面白かった

このレビューはネタバレを含みます

パラサイト見た人とかは是非見てほしい
少し怖いがこれは本当にあった話らしく、一人ひとりの変化や、思いがしっかりしすぎてる。
演技も最高峰だと思う。
最後のソンガンホの目線。
障害者役で出てきてたパクシノクは最高であった。
見てハズレなしです
>|

あなたにおすすめの記事