ターミネーター4の作品情報・感想・評価・動画配信

ターミネーター42009年製作の映画)

Terminator Salvation

上映日:2009年06月13日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「ターミネーター4」に投稿された感想・評価

ICHIROID

ICHIROIDの感想・評価

4.7
何とも微妙なんだよね

CGのシュワちゃんは
おぉーー!となるけど

何とも微妙なんだよね

このレビューはネタバレを含みます

マジでターミネーターである必要がないというか、シュワちゃんもオマケでしか出てこないし、リンダハミルトンが出るわけでもないし、かといって新キャラに魅力があるわけでもない。

◯良かった点
•まあオマケとはいえT-800が出てきたときは多少なりともテンションは上がった

◯悪かった点
•その他全部
吹替版

3観てすぐこれ観ましたが、さっき見たジョンコナーと違う! ってなるので、少し時間経って記憶が薄れた頃に観るのがお勧めてす。

今回のジョンコナーはただの頑固者です、しかたないのかもしれませんが。
最後の最後だけちょっぴり主人公のマーカスと一緒に助け合って戦っただけで分かりあった気になってます。

アクションシーンは派手ですけど、人との繋がりの描写は希薄です。バランス大事。
久しぶりに見たら面白かった。タイムトラベルのワクワクやターミネーターとの戦いの緊迫感はあんまりなかった。
山桃

山桃の感想・評価

3.0
どうやらターミネーター3をすっ飛ばして観てしまったようです。

とりあえずクリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン、アントン・イェルチンがキャスティングされてるだけで、映画の格が一段アップします。破壊のスケールに驚きながら観てました。
sasurai

sasuraiの感想・評価

2.8
現代版のシーンなし

これまでのターミネーターの世界観とは別物

諸々のお決まりシーンも世界観と合わず
チョイとサブい感じに‥

配役も変わってるし
シュワの出番もナシ

これまでに比べて
逆に未来感が薄れてる気がする
サム・ワーシントン切なすぎるやろー。まさかスカイネットの作戦巧妙過ぎる!加熱からの瞬間冷却とか、ところどころ過去作へのオマージュが散りばめられてて懐かしくなった。
Erin

Erinの感想・評価

4.1
ターミネーターシリーズの時系列がいまいちわからないから、もう一度見てみたもののやっぱり分からない。

映画は安定の面白さ!
くさの

くさのの感想・評価

4.0
めちゃめちゃ評価低いけど、自分的にはターミネーター2の次に好き
ターミネーター1と2の大ファンです。
続編はすべて観ましたがこの作品だけは好きです。

まずターミネーターファンにとって大前提なのが1と2を無意味にしたり、無くてもいい存在にしないこと。
これが大事です。

この作品は1の物語が始まる前の話です。
なので1や2の設定を変えるような内容はありません。
(ジョンがカイルのことを知っているという矛盾がありますが…)
いかにしてジョンが人類のリーダーとなったのか、ジョンとカイルの出会いなどか描かれており
ジョンの顔の傷の由来なんかのエピソードもあるのでターミネーターファンとしてはとっても嬉しい内容です。

さらにファンにとって重要なのはキャラクターのイメージを変えないことです。
カイルといえばマイケルビーン、ジョンといえばエドワードファーロングのイメージなんです。
同じ俳優が使えないのならばせめて雰囲気の似た人を起用して欲しいものです。
その点で3は失敗したと思っています。
5もカイルがゴリラみたいな人になっちゃって受け入れ難かったです。

その点この作品、ジョン役にはクリスチャンベールを起用。
これは文句なしに良い。
そして少年時代のカイルにアントンイェルチン。
少しあどけない感じもあり、ゴツくない感じがカイルにピッタリでした。

この主要キャラ2名だけでもとてもいい感じでしたが
今作で新しいターミネーターキャラが登場します。
このキャラもなかなか良いキャスティングでした。
また、他のキャラクターもそれぞれいい味を出していました。

ストーリーもよくできていると思います。
新ターミネーターの件は後付けではありますが
先にも述べたようにジョンのカリスマ性やカイルがジョンを慕う理由が上手く説明されています。

最後は少し切ないですが良い余韻を残してくれます。
>|