マトリックス レボリューションズの作品情報・感想・評価・動画配信

マトリックス レボリューションズ2003年製作の映画)

The Matrix Revolutions

上映日:2003年11月05日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「マトリックス レボリューションズ」に投稿された感想・評価

The war is over

パシリむミフネ!
嵐の中でのドラゴンボール!
ラストはコンスタンティン?!

バイオレンス描写が増え、キズメイクもなかなかグロくて良質な3作目☆

モーフィアスがちょっとヤバくなり始めてますねw
もっちり感は良いけど、なんか不健康そうで心配よ。。。

セラフの雰囲気ってTAK∴さんぽいな♪
新作でキャスティングして欲しい!
イコやヤヤンみたいにマシンをゼロレンジコンバットでボコってるの観たい(笑)

ミフネはこちらで活躍してたのね(〃∇〃)
パシリムなガションゴションで雄叫びは熱かったぁ!!!

マシンの造形がスカイラインぽくて、彼等もこれの影響受けてるのかな?とか思ったり。

さてさてこれにて復習終わり。

新作はどうなるのでしょうね?

CG等も発達した今、キアヌもムキムキイケオジキャラを確立した中、どんな展開になるのか楽しみっ!
シリーズ3作目!
今のところの最終話!
ん〜難しいですね。これはどうなんだろう。面白かったのかな?(笑)

回を重ねるごとに1作目にあった『マトリックス』らしさが消えていってる気がしてなんだか寂しい感じでした。僕は「人間としては特別強い訳ではないネオが仮想現実であるマトリックス内では最強」という設定が好きだったし、その設定があるからこそゴリゴリなSF世界観にリアルさを感じることができていたので、その救世主的な力が現実世界にまで及んでしまったのがどうしても納得いきませんでした。『リローデッド』でスミスが現実世界に侵入してきた辺りから不穏な空気はあったので、それが助長された感じですかね。僕のこの感想には『リローデッド』の理解が完璧でないことや、コンピュータ世界の常識がよく分かってないことなど、色々な原因が考えられます。いつか理解できたら印象がガラッと変わるかもしれません。

さて、前2作でも深掘りしてきたアクション面についてです。今回は現実世界と仮想世界に分けて深掘りします。

まずは現実世界について。今作は全体的に前2作であまり描かれていなかった現実世界での戦闘シーンがメインに置かれていました。そのため僕の思う『マトリックス』らしさが少なくなった反面、SF描写が飛躍的に増えたのでSF好きの人にはより好まれる作品になっていたと思います。しかし、個人的にあの戦いは人間の勝ち目が無さすぎて観るのが辛くなってしまいましたね…。

続いて仮想世界、つまりマトリックス内での戦闘シーンについて。こちらは序盤のネオ救出シーンとラストのネオVSスミスの2回が目立ちましたね。ネオ救出シーンは見て分かる通り1作目のモーフィアス救出シーンの焼き直しでした。焼き直しとは言うもののこれこそ僕の思う『マトリックス』らしいアクションなので、もう一度見れて嬉しかったです。それにモーフィアス&トリニティのコンビに加えて、『リローデッド』で存在感を見せつけつつも力を出し切っていなかったセラフも登場。楽しい大混戦を見せてくれました。ラストのネオVSスミスのバトルは完全にスーパーマンでした(笑)。目からビームが出ないだけで完全にスーパーマンです。それに尽きます。『マン・オブ・スティール』は見づらくした『レボリューションズ』ですね。そのくらいスーパーマンです(笑)。

と言うわけで全体的に煮え切らない1作となりました。やはり『マトリックス』3部作の中だと1作目が圧倒的に面白かったと思います。まあ1作目で大きな風呂敷を広げるだけ広げておいて、その回収を任された2作目と3作目がもっと複雑な畳み方をした感じなので仕方がないとは思いますが…。

大学生になって久々に鑑賞し直した本作ですが、やっぱり難しかったですね。前観た時は小学生だったので難しいことにすら気付いていなかったと思います。最近になって『マトリックス4』の製作も決まったので、公開する頃にもう一度復習して今度こそ深く理解できるように頑張ります!
タイチ

タイチの感想・評価

3.2
個人的には、現実世界での機械との戦いよりもマトリックスでのスミスとの戦いのほうが好き。
本作は前者の割合がかなり大きく、無理ゲー感が凄くて退屈に感じてしまった。
正直オラクルが何をしたのか、ネオがなんで最後スミスを倒せたのか、人類が結局どうなったのかのとか、あんまりよく理解できてないです。。
これは1人で見たかな。1人やったけど、最終的にはモーフィアスのメガネ欲しい。
SF感満載、三部作の最終章
難しくて見応えあると観終わった後に達成感やら疲れやらでどっと来るね

ワイヤー感溢れるアクションすきです
三部作の最後なだけあってCGを駆使した壮大なスケール

サティは一体何者...
続編楽しみです!!!!
Karen

Karenの感想・評価

3.9
後半から面白い前半はほとんど機関銃戦
1、2作目のアクションが好きだからこれは....
4作目ほんとに出るの....?しかもキャストがキャストだしどんな内容なんだろ、、
Mycroft

Mycroftの感想・評価

3.8
前作は1作目とは違った趣向のアクションを次々と繰り出して見どころがあったが、3作目は不発に終わった。

トランスフォーマーばりの、生物もどきの機械センティネルの大軍団との戦闘シーンがハイライトとなるが、どうもサスペンスとか爽快感が感じられなかった。

やはりサングラスにブラックコートのキアヌリーブスのスタイリッシュな独創的アクションがマトリックスの売り。
前作までと全く違う、暗く重たい雰囲気とアクションシーンの少なさ、難しさも相まって、最初は微妙に感じたラスト。何度か観返し理解が追いつきやっと、「何だこのラスト最高かよ…」となった。今じゃシリーズで1番好き。
前回の布石が回収されて、話がドンドン膨らんで大興奮でした。ロボットアーマーみたいなのも良かったし、三船も頑張った。ありがとう❗️4も制作予定有りなので今から楽しみ。
三部作完結編。もはや別の映画。途中はただのSF映画だった。隣りで見てた妻が「これマトリックス?」って聞くくらい。視力を失って悟り(概念)?の境地を開くネオ。もう見えなくても見えるわ念力で敵倒すわ未来まで見えるようになるわでスターマリオ的無双状態。正味途中から飽きてきたので晩御飯食べながら見たがそのせいかオチがいまいちよく分からずあとでWikipediaで調べてみたがそれでもよく分からなかった。(ちなみにWikiにはかつて押井守が攻殻機動隊の実写化の打診を受けたがマトリックスを見て断って正解やった見てて恥ずかしかったと酷評してたらしい)それにしてもなぜこのタイミングでNetflixで観られるようになってたのかと思ったらどうやら今年2021年12月にマトリックス4をするらしい。いや続くんかい。三部作やないんかい。ウォシャウスキー姉妹が最新のCG技術でどんな映像を作るのかちょっと興味はあるけど、あの続きなら正直ちょっと食傷気味。エージェントスミスとのカンフーシーンはもうねえ。グラサンから光が漏れ出て粉々に砕け散るてどんな表現よと思てしまった。今は同じキアヌのアクションなら断然ジョン・ウィックの方を見たい。
>|