ナイトホークスの作品情報・感想・評価・動画配信

「ナイトホークス」に投稿された感想・評価

AitsuT

AitsuTの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ルトガー・ハウアー氏の表情と階段落ち。
スタートレック頃のパーシス・カンバータ。
帝国の逆襲前のビリー・ディー・ウィリアムズ。
バイオニック・ジェミーの頃のリンゼイ・ワグナーと、めちゃくちゃ怖かった頃のニューヨークを懐かしく思い出せる作品でした。^_^
「Heartbreak Winner」のブルース・マルムース監督作品。シルベスター・スタローン、ルトガー・ハウアー、ビリー・ディー・ウィリアムス、リンゼイ・ワグナー主演映画。

国際的なテロリストに挑む捜査官の活躍を描くサスペンス・アクション映画。

スタローンの女装&髭面が楽しめますよ(^^)お肌もすべすべ(^o^)

シルベスター・スタローン🆚ルトガー・ハウアー

「フレンチコネクション3」になりそこなったらしいd( ̄  ̄)
足が生えた70年代そのものに見えるデカを演じるSylvester Stalloneとパートナーがテロリストを追いかける。「French Connection 3」になりそうだった問題だらけの製作なのに結果は真っ直ぐで楽しいアクションスリラー。やっぱり作風・スタイルがちょっとFriedkin作品に似てるけど全く盗作じゃない。
オランダ人であったRutger Hauerがドイツのテロリストを演じる、ペラペラだったから全然問題ないけどPersis Khambattaがドイツ語を喋るシーンが酷すぎる。笑
テロリストを「撃て」
スタローンが演じるのはおとり捜査のプロのダシルバ。
彼に舞込んできた仕事は、国際テロリストのウルフガーを逮捕・射殺すること。
ニューヨークに潜伏したウルフガーを見つけるべく、ダシルバが動き出すが、その結末やいかに。

今作はなんと言ってもウルフガー役のルトガー・ハウアーの怪演が光る。
大胆不敵な笑みを浮かべ、ダシルバに挑戦する姿は強烈なインパクトがあった。
ダシルバもおとり捜査のプロなので、女装が得意という点も大変面白い。(スタローンが女装すること自体、必見といえる)
ラストは特に度肝を抜かれました。
一度観たら、忘れられない作品です。
サンズ

サンズの感想・評価

3.0
こんなスタローン見たかった?
髭面に眼鏡、モサモサ頭のスタローン。あまりアクションシーンがないサスペンス作品だけど、慣れてくると渋カッコいい!!そしてなんだか新鮮。
きっと女装シーンを見せたかったのだろうな…って作品。
Zurich

Zurichの感想・評価

3.5
スタローンが、ロッキーでスターになった後だが、変に大物になってない頃の映画。渋い名作。
俺はすごい男なんだ!


俺たちの兄貴、シルベスター・スタローンが屈強な元特殊部隊の猛者ジョン・ランボーを演じた大ヒットシリーズもいよいよ公開される5作目が最終作となります。
そんなわけで前哨戦として(?)手持ちの中からスタローン主演作品を探したところ、キングレコードのBDを3枚買ったら1枚もらえるキャンペーンでゲットした本作がまだ未開封のままでしたので、何十年も前にテレビで観た以来の観賞とあいなりました。

これ、元々の監督はすぐにスタローンがクビにしてしまったので、実質的に仕切ったのはスタローン自身みたいですね。 
だけれども何故かスタローンの俺様映画っていう感じはしません。
主人公のディークに型破りな個性が感じられないのと、あとは多分、敵役のルトガー・ハウアーの存在感が大きすぎて霞んでしまうのでしょう。
ハウアーにとって初めてのハリウッド作品でしたが、見事に主役を喰う演技を魅せたわけですね。さすがはレプリカント(←違う!)
それに気づいたスタローンはハウアーのシーンを大幅に削ったらしいのですが、それでも殆ど主役はハウアーの様に映ります。
まぁ、敵がショボかったらこういう作品は成功しないので、その点でルトガー・ハウアーの起用は間違いではなかったといえます。
興行的にもうまくいかなかった本作、正直いってルトガー・ハウアーの冷酷無比なテロリストに成り切った見事な演技がなければ凡作にもなり得ない、たんなる失敗作で終わっていた可能性が高い。
それには様々な理由があるのですが、1番大きな原因は現場が混乱した結果、仕上がった作品が長尺であり、荒唐無稽な(と、当時は思われていた)ニューヨークでのテロ行為を扱っていたことからスタジオ側が編集権を強行して勝手にカットしまくってしまったことだと思われます。
大幅に削られたとはいえ、テロリスト側を描かないことには始まらない話なのでハウアー演じるウルフガーには最低限の人物描写が残されました。
つまり、非情な凶悪犯というキャラクターをこれでもかと印象づけるシーンは残されたわけです。
それをハウアーがものの見事に肉付けして演じたので、首の皮一枚つながった仕上がりを得られたと言えます。
逆にいえば、ウルフガー以外のキャラクターに魅力が全然ないという、映画として致命的な欠点が誰の目から見ても露わ。
少なくとも個人的にそう思えて仕方がありません。

なにしろ主人公のディークからして人物像がボヤけてよく分からない。
アクションに特化したモノにしようとスタジオが重要なシーンを丸々カットしたおかげで、人間ドラマが希薄になってしまったせいです。 
人物が掘り下げられておらず、誰も彼もが記号化したまま、ひたすらテロリストと警察が追いかけっこをするだけの展開に終始した挙句、感情移入できるキャラクターが組織とうまくいかずに孤立した狂えるテロリストだけという異常事態に・・・(汗)
ディークは元兵士で、戦場では50人以上の敵兵を殺害した実績をもっていると説明されます。
しかし何故か銃を撃つことを躊躇するんですね。そのせいでウルフガーをとり逃してしまいます。
人質に当たる可能性があったのは確かですが、ディークの銃の腕前が確かな描写もあります。
どちらかというと何かトラウマがあって引き金を引けないといった風です。
しかし、それが何なのかは語られません。
どうして戦場の英雄が銃を撃とうとしないのか?
想像するに、その理由が語られるシーンもカットされてしまったのでしょう。
かくして、本来なら最も深掘りされなければならない主人公がただの刑事でしかないキャラクターになってしまったわけです。
ディークには別れた妻がいるのですが、お互い未練があるという設定で、これがラストシークエンスに活きてきます。
その元妻役を「地上最強の美女バイオニッカジェミー」で有名なリンゼイ・ワグナーが演じています。
本作のキャスト陣でも目玉となるようなスターですね。
なのに完成した作品で彼女の出番は信じられないぐらいに少ない(汗)
ウルフガーの相棒である女性テロリストの方が出番が断然多く、かなり目立つぐらいです。これではヒロインが誰なのか分からないですし、ヒロインがテロリストなら主人公はウルフガーの方になってしまいそうです(苦笑)
リンゼイ・ワグナーが登場するのは、ディークに訪ねられるシーン、ディークと少し話し合うシーン、ディークと電話で話すシーン、そして・・・
と、99分の尺のうちの僅かだけ。
ディークの心の拠り所であり、ウィークポイントでもある重要な役にもかかわらず、です。
これは完全におかしい。
どうやらディークと食事しながら話すシーンなども撮影されたらしいのでバッサリとカットされてしまったのでしょうが、リンゼイ・ワグナーにとっても不本意でしょうし、作品にとっても失策なのは間違いないです。
至って平凡な刑事でしかなくなったディークは、観客がスタローンに期待するキャラクターではなくなってしまった・・・これが本作最大の難点だと思います。
いくら髭面にして、女装させたりしたところで、奇抜ではあってもそれは外面だけ。
「コブラ」のように単純でもよいので生活面や内面も描かれなければならないのに、単独の刑事としても、相棒(スターウォーズのランド役で知られるビリー・ディー・ウィリアムズ)とのバディものとしても大して見どころがないのですから成功するわけがない。
当時のスタローンといえど、スター1人が出ているだけで成功するほど映画製作というプロジェクトは甘くはありませんよね。

一方、アクション映画としてはどうなのか?なのですが、これもまた厳しい。
そもそもアクション映画として売ろうとした割にアクション濃度が低い。
ド派手といえるのは、二回ある爆破シーンと終盤のバスが飛ぶシーンぐらいです。
爆破のプロのような登場だったのに、最終的にはロープウェイを占拠っていうのが、どうにも収まりが悪い感じがします。
最後も爆弾を絡めてほしかったですね。
中盤の地下鉄を利用した追いかけっここそスリリングでしたが、他が平板なのでさっぱり盛り上がりません。
ラストもサスペンスフルで悪くはないけれど、ちょっと描写が弱い。
聞いた話によると、特殊メイクのディック・スミスが手掛けたウルフガーの頭が破裂するショットがあったらしく、あれだけ傍若無人な悪党の最期なのだからそれぐらい派手でも良かったのではないでしょうか。
レイティングの問題なのかな?

結局、ドラマとしてもアクションとしても中途半端な出来映えで、スタローンの胸中が窺い知れます。
思うに、本作の失敗が「コブラ」という快作を作らせたのでは?
「コブラ」は徹頭徹尾、アクションに特化した映画で、カルト組織である敵は不気味なだけで記号化された存在でした。
なので必然的に主人公であるコブレッティが引き立ちます。
コブレッティもディークと同様に内面など描かれませんが、「型破りで破天荒、でも正義漢」という非常にキャッチーな人物像が、格好いい台詞や暴力描写、そして冷凍ピザをハサミで切って食べるといった独特の生活描写によって語られます。
なので、今でも「コブラ」という作品の熱狂的なファンはたくさんいますが、「ナイトホークス」のファンはそこまで多くはないと思います。
「スタローンが髭面のやつ」とか「スタローンが女装してるやつ」という感想になりがちなのではないでしょうか(汗)
ただしルトガー・ハウアーからすると、ハリウッド進出作で存在感を示せたことから後のオファーに影響した重要な作品なのかもしれませんが。

ルトガー・ハウアーといえば、冒頭のロンドンでのデパート爆破からして完璧にテロリストに成りきっていたと、そのシーンで共演したキャサリン・メアリー・スチュワート(「ナイト・オブ・ザ・コメット」主演)が語っています。
とっつきにくく、怖かったそうです。
しかし、そのお陰で緊張感のある芝居ができたそうなので、それもまたハウアーの意図したことだったのかもしれませんね。

まだ若かったルトガー・ハウアーの怪演が目的なら本作のチョイスもありでしょうけれど、スタローンの刑事アクションが観たければ「コブラ」でしょうし、バディものが観たければ「デッドフォール」などの方をオススメしておきます。


テレビ放送、セル・ブルーレイにて

このレビューはネタバレを含みます

まだ全面的に筋肉を売りにする前のスタローンが主演した佳作。

おとり捜査を得意とする刑事がヨーロッパから潜入したテロリストを追跡するための特別班に召集される。

ルトガー・ハウアーが酷薄なテロリストのウルフガーを楽しそうに演じてるのが印象的。

どちらかというと地味な追跡劇に終始しているのだが、冒頭の展開がラストの伏線になっていたりと結構手堅い作り。

ちなみに今回視聴したのは昔にワゴンセールで購入した低価格帯のDVD。
そのせいか画質も音質もよろしくないのだが、それがまた深夜放送で観ているような気分になれるのでむしろ良かったと言える。
ryl

rylの感想・評価

3.5
若い頃のスタローンを見るための鑑賞。暴力にはそれを上回る暴力でしか対抗出来ないのかと葛藤する警察モノ。
スタローンのファン向け
『ロッキー』より後、且つ『ランボー』より前!
いうなればZ時代のアムロみたいなスタちゃん過渡期の作品であり、残念ながらいろんな面で中途半端ながら、そのハンパぶりを楽しむのが吉のニッチなアクション作。

スタちゃん演じるニューヨーク市警のおとり捜査官は、ベトナム帰りの凄腕ガンマンながら肝心なところで市民への配慮を第一に撃たない。そして別居中の妻に未練タラタラながらも復縁の見込み薄し。そして長髪に口ひげモジャモジャの眼鏡スタイルで、ジョン・レノンみたいなアクションスターらしからぬ風采。まったくもって、いちいちリアルである。
敵役は売り出し中の若きテロリストで、これまた実際に売り出し中のルトガー=ハウアー。爆破の喧伝も人質取る際にも発作的で、大物の余裕が無いのが玉にキズ。

見どころはといえば、パッと思いつくのは冒頭の捕物でのスタちゃんの女装だが、これが実は伏線になっているので結末は中々の見もの。

おそらく、本作での反省を踏まえ、より暴力的で型破りな捜査演出や、後の妻となるブリジット・ニールセンとのロマンスを添えた娯楽性たっぷりの、後のスタちゃん刑事アクション映画『コブラ』の大ヒットが生まれたのだと思う。
そのコブレッティ刑事の源流を知るという意味でも一見の価値アリ。
>|