コブラの作品情報・感想・評価・動画配信

「コブラ」に投稿された感想・評価

【ジャンル】
アクション
【鑑賞動機】
スタローンが見たかったため
【良い】
・これぞアメリカ感
【悪い】
・中身がない
・雑
【その他】
・ティアドロップのグラサンつけてブロンド後ろに乗せてハーレー乗るやつな
poteo

poteoの感想・評価

2.9
2021-498
スタローンにしては駄作。

人気俳優の無愛想なハミ出しデカのアクションムービー…と言うベタな企画だが、スタローンのキャラムービーとしてもイマイチ…

全体的にスピード感が無く、モッサリしてて、敵も儀式とかで盛り上げたのに活かしきれず、魅力が全く無いのが致命傷。
ENDO

ENDOの感想・評価

4.0
食事に気をつけな!とか相棒に説教しながら冷めたピザを頬張り夜な夜な新聞TVで凶悪犯を探すコブルッティの歪な正義。ニールセンの撮影中にドンドコなる太鼓にザッピングする玩具ロボ。ケレン味だけで成り立つ作品。リズミカルな3段ズーム。たった一人で半グレカルト教団と対決する。田舎道でサブマシンガンを撃ちまくり溶鉱炉みたいな工場で対決!潜入してペプシをおもむろに飲んだと思ったら自宅の隣には煌々と照っているペプシのネオン!そんなところばかりに目を奪われつつニールセンに無限ギャグを飛ばし続けるハートの強さこそを現代人はスタローンから学ぶべきなのかもしれない。

このレビューはネタバレを含みます

コブレッテイ!って名前が微妙にダサくない?
カッコ良さは全盛期だろうから、最高なんだけど最初のスーパーのシーンはスカし過ぎじゃない?
カルフォルニア最高!だもんなー。

時折ある、女性の断末魔シーンがホラー感満載なのはなんなのwしかも、2人目の女性が殺された時にヤク中呼ばわりされた、顔の圧がハンパないおばさんは警察の人?わからんわ〜。(普通に内通者でした)

しかし、80年代のアメリカの殺伐及び荒涼とした絵面はなんよこれwコブラと相棒が歩いてる後ろのネオンのSEXて!www

あと、ポップスに合わせてこち亀のブリキのおもちと寺沢武一のバタ臭い女の撮影とかw
センスがヤバくて面白すぎ。

ところで、冒頭の謎宗教斧カチカチ儀式は何ww
頼むから説明してくれw暴漢者のラテックス製マスクも顔バレバレだろがw

中盤のカーチェイスシーンも、狙われてる女性は安全なとこに避難させてからしろよw(やめて!⇒伏せろ!のとこ大爆笑w)とか、銃撃一発でタンクローリー吹っ飛び!とか、ニトロスイッチをポチ!とか美味しい場面しかない!

しかし、この犯罪集団はヒロインをターミネーターの如く追いかけてくるんだが、そもそも何でやろ?と途中で疑問に思うの。だって、殺人現場の途中を見て完璧に顔見られたわけやないやろ?目的が目撃者を消す!以外にあるとしか思えない鬼気迫る追跡っぷり。最後は、20人くらいのバイク徒党を組み、内通者おばさんも死ね〜!とか銃を構えてくるしねw


やっぱ、吹き替えのスタローンの声が最高。
これ系真面目なのは佐々木功さんで、ロッキーみたいなバカ系は羽佐間道夫なのかな?

ラストの妙にポップなBGMは、首を捻る選曲だが…

残酷描写も頑張ってる!
ガソリン掛けて焼殺、フックに吊るしてまたもや焼殺!!
Ami

Amiの感想・評価

3.4
ながら見午後ロー👀

若い頃こんな垂れ目目立つ顔立ちしてたん!?(笑)
まつ毛もめちゃめちゃ長い😳
そんでほっそー!!!
スタローンが守ってくれるというだけでとてつもない安心感😌
🪓の儀式みたいなやつこわすぎ(笑)
めちゃくちゃ80年代!な感じの映画でした(生まれてないけど)
A

Aの感想・評価

2.7
スタローンの容赦なく悪人をぶった斬ってくワンマンプレイは面白そうだなって思って結構期待値が高めだった。
..のにカルト集団との対決かと思ったら最後ほとんどチンピラ同然の集団とドンぱちやってのハッピーエンド。
これ絶対敵のカルト設定いらなかったくないか..感が凄かった。

連続殺人集団に追って追われてで充分だった気がする。
ただこの頃のスタローンが本当カッコ良くて若かった。
mia

miaの感想・評価

3.4

✔️ 店に新世界を作る!っていう典型的なやばいやつが侵入。コブラと呼ばれるスタローンが排除!開始早々かっこいい!

✔️ 連続殺人が発生してる中、コブレッティが犯人逮捕を目指す。もちろん昔の警察らしいアウトローな感じが漂う。好き。

✔️ スタローンの助手席なら安心出来るけど頚椎捻挫確定

🗣️ 最後までテンポも良くて私は結構好きな作品だった。軽快な音楽が少し合わない気がするけど、スタローンがどう抹殺するか楽しむ映画としては◎
J1review

J1reviewの感想・評価

3.6
スタローンが謎の連続殺人集団から追われる女性を守る話。

妙に印象に残る80年代風ミュージックビデオな演出や敵陣の謎っぷりと、スタローンのがっつりアクションの絶妙なアンバランスさが良いね。カーアクション派手だし、マシンガン似合うし、良いアクション映画。

敵陣は変なリズム奏でているの面白かったけど、意味不明なまま終わってしまって若干消化不良。女性スパイを筆頭にもうちょっと気持ちを深掘りして欲しかった所。
THE・80年代っていう感じの映画。

刑事物のアクション映画のお手本のような無駄がない(それによって中身もさほどない)つくり。

敵の犯罪組織の目的が意味不明。組織の儀式みたいな会合で両手に斧持ってみんなでカチャカチャやってたけど、別に斧で攻撃してくるでもないし、本当謎。

殺人現場目撃されたからって、あそこまで執拗に1人の女性を狙ってくるのも狂気じみてる。

しかし、若かりしスタローンはカッコいい。革手袋はめて冷凍ピザをハサミで切って食べる人なんて彼くらいなもんだよ。
8787

8787の感想・評価

3.5
スタローンとブリジット・ニールセン、夫婦時代の共演作。

原作は「フェア・ゲーム」と同じだが、例の貨物列車での濡れ場は無し。
カーチェイス等のアクションシーンはそれなりに楽しめるが、個人的には爆破+エロでバカっぽさに振りきってた「フェア・ゲーム」に軍配が上がる。

午後ロー 2021-223
>|