マネーボールの作品情報・感想・評価・動画配信

マネーボール2011年製作の映画)

Moneyball

上映日:2011年11月11日

製作国:

上映時間:133分

3.6

あらすじ

「マネーボール」に投稿された感想・評価

HIROKI

HIROKIの感想・評価

-
リーマンは是非とも観るべき映画、なんなら各企業での昇格試験において、この映画観ることを義務化してくれ

脳死で従来のやり方に固執するのってほんと無意味と改めて思いました、あと数字は嘘をつかないということも(もちろんそれが全てではないですが)

このレビューはネタバレを含みます

既得権者との争いも壮絶。そして結果としての20連勝も驚き。レッドソックスからの12億を蹴ってアスレチックスに残る。ラストがまた凄みがあった。

ブラピの演技も渋い。
Can

Canの感想・評価

4.0
前に見て面白かった気がする。
原作も買ったけど、途中までしか読んでなーい
まさを

まさをの感想・評価

3.0
かなり微妙
選手をスカウトしてチームを強くするというストーリーではあるが、試合のデータから選手を評価してスカウトすることに重きを置きすぎて、チームに感情移入できず、強くなっていくことにただすごいと思うだけで一緒になって喜べなかった。
ただ、ビリーのこのチームで勝ちたいという気持ちが一貫していて、とてもかっこよかった。
セイバーメトリクス誕生の経緯が実に興味深く描かれる異色の野球映画。
クリスプラットはじめ野球経験者をキャストに採用していたため、臨場感もあり、没入して楽しめた。
手の届かないスター選手として、テレビにマリナーズのイチローが写されるのが象徴的。
結局お金を持つチームもセイバーメトリクスを取り入れ始め勝てなくなる、という、一筋縄ではいかない現実もしっかり描かれていた。
ジョナヒル、ホフマンの演技も良い。
heb

hebの感想・評価

3.8
アーロン・ソーキン脚本の主人公は皆どこか異端で孤独で最後まで勝者なのか敗者なのかはっきりしない事が多い気がします。
凝り固まったシステムに対して一石を投じる変革者が、最終的に”勝てる”かどうかはまた別のお話。
試合をメインに描く訳ではないので比較的落ち着いたトーンで進みますが、チームの内外問わず常にあらゆる相手と腹の探り合いをしている感じでずっと目が離せません。お得意の会話劇がここでも炸裂していたように思います。
Blu-ray📀所有、再鑑賞。「カポーティ」のベネット・ミラー監督作品。ブラッド・ピット、「21ジャンプストリート」のジョナ・ヒル、フィリップ・シーモア・ホフマン主演映画。

とにかくブラッド・ピットの演技が良い、苦悩するGMが決断していく様や監督との攻防。その中で別れて暮らしている娘への愛、心配している娘のお父さんに宛てた弾き語りの歌に込められた父親への想い…
ブラピの喜怒哀楽を楽しめる映画です。監督役のシーモア・ホフマンのGMへの思いの変化の演技にも刮目です。この映画の後から大ブレイクしたクリス・ブラッドも出てますよ。
ぱる

ぱるの感想・評価

3.6
弱小アスレチックスが、データの力を使ってメジャーリーグで頂点を目指す実話。
お金の力に頼らず、チームが勝利を重ねていく姿は感動する。
拓巳

拓巳の感想・評価

4.0
シンプルにおもろい。GMって視点からスポーツを見たことなかったから新鮮だった。特に根性論や感情論になりがちなところで統計学を使って科学するところは今のやってる仕事に似てておもろかったし、プロスポーツのシビアさも感じることができてよかった。
sけ

sけの感想・評価

4.0
8年間サッカーをやっていて初めて野球に興味を持たせてくれた映画
>|

あなたにおすすめの記事