マネー・ショート 華麗なる大逆転の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • マネー・ショート 華麗なる大逆転の作品情報・感想・評価

マネー・ショート 華麗なる大逆転2016年製作の映画)

The Big Short

上映日:2016年03月04日

製作国:

上映時間:130分

3.4

あらすじ

2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダー・マイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の何千もの事例を調べていく中で、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品[サブプライム・ローン]が、数年以内にデフォルト[債務不履行]に陥る可能性がある事に気付くが、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から全く相手にされずにいた。そんな中、マイケルは「クレジット・デ…

2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダー・マイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の何千もの事例を調べていく中で、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品[サブプライム・ローン]が、数年以内にデフォルト[債務不履行]に陥る可能性がある事に気付くが、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から全く相手にされずにいた。そんな中、マイケルは「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引に目をつけ、ウォール街を出し抜く事を画策するー。 同じ頃、ウォール街の若き銀行家ジャレット(ライアン・ゴズリング)は、マイケルの戦略を察知し、頭金なしで信用力の低い多くの低所得者に住宅ローンを組ませている大手銀行に対して不信感を募らせているヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーブ・カレル)を説得して「クレジット・デフォルト・スワップ」に大金を投じるべきだと勧める。 また、この住宅バブルを好機と捉え、ウォール街で地位を築こうと野心に燃える若き投資家の2人から、勝負を賭けるにあたり相談を持ちかけられるベン(ブラット・ピット)。今は一線を退いた伝説の銀行家であるベンは2人の計画に自らのコネクションを使って彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意する。 2008年、遂に、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れるー。マイケル、マーク、ジャレット、ベンの大勝負が始まる・・。

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」に投稿された感想・評価

2004〜2006年にかけてアメリカでサブプライム住宅ローン危機以前から経済破綻を予見し、ウォール街を出し抜いた男たちの実話に基づく物語。

ライアン・ゴズリング
クリスチャン・ベイル
ブラット・ピットなど、
豪華キャストに惹かれ観ることに!

経済専門用語の応酬の中、
ライアン・ゴズリングの髪型変じゃね?
この人、ブラピか!気がつかなかったわ!
みたいなことばかりに気がいって〜
ストーリーにちょこっとついていけなくなり〜
(>_<)
しまいには睡魔が!
(-_-)zzz

でも迫力ある名俳優さんの演技で復活!

作品冒頭では、マーク・トゥエイン
作品中では、村上春樹「IQ84」
文章の引用シーンが印象的でした。

結果、彼たちはそのような中、巨額の富を得るわけだか、
800万人の失業
600万人が家を
失ったこともまた事実です。
Ben

Benの感想・評価

4.0
豪華キャストが繰り広げるサブプライムローンの崩壊ドキュメンタリー的な感じ。
キク

キクの感想・評価

3.2
専門知識のある人しかたのしめないんじゃないかコレ
むつかしかったのでもっかい観ます
麒麟

麒麟の感想・評価

3.7
リーマンショックに陥った原因であるサブプライムローン問題。
史実に沿って構成された展開は他人事ではないように感じ、感情移入しやすかった。
だが、次の展開が予想できてしまう所はデメリットだと思う。
ウォール街を取り扱う作品は華々しく、"映画映え"しやすいと思った。
貧困である人は生活を維持するのに手一杯で経済活動に無関心な人が多い。無知である事がさらに生活困窮を加速させていくというのは、今の時代も同じである。
貧困層への支援体制を整えなければ経済の底上げには繋がらないのではないか、などと、私も無知ながら考えてみようと思った。
リーマンショックに関する映画であり、社会の闇が見えた。800万人が職を失い、600万人が家を失ったらしいが、このような悲惨な出来事を一言で表すと「びっくりくりくりくりっくり」。
chisato

chisatoの感想・評価

4.5
リーマンショックを予測して、儲けを出した人たちの映画。
住宅を購入する前に見るといい。
住む場所を奪われるのは本当に辛い。
当たり前のことなのに、人が数値化されてそこにさらにお金という数値が被さって、分からなくなるのだなぁと。
それをわかっていても、お金儲けをしなければいけない、「列車から降りれない感」。
オリンピック後の日本が怖い。
Yukari

Yukariの感想・評価

4.0

口コミで
すこし経済用語を勉強していったほうがいいというのがあったので
なんとなくストーリーを頭に入れていったけど、甘かった・・・笑
経済用語が想像をはるかに上回る難しさ。
ぜんぜん、わからない。
序盤で、眠気に襲われるという大失態。笑
わからないけど、わかった振りで
なんとか持ち直して
途中から、ぐっと面白くなって引き込まれて最後まで鑑賞。
ウルフオブウォールストリートのような
痛快に金儲けしてやったぜ!!!となる映画を想像してたけど
ポップだったり、軽めな映画では決して無くて
実際は残酷な経済を語った重苦しい内容。
野球好きなら確実に楽しめると思います。
まる

まるの感想・評価

3.6
リーマンショックが分かりやすく、面白おかしく解説されていた。
金融の限界を怒りを持って描かれていて、思わずクスっとする箇所が何回かあった。

今は何が空洞化しているのか怖くなった。
モノ消費からコト消費へ、また流通市場も大きく変化している中で、従来の仕組みを深く考えずに、そのまま流れているのは恐らくそうだし、日本に於いては首都圏の異常な地価高騰と人口減少、続く金融緩和政策があるからこわい。
資本主義は否定しないけれど、経済が回る中で、誰かの儲けは誰かの損失の上で成り立つっていう基本に戻ったところで、何も考えずにふらふら生きたいっていうのを再確認しました。

映画の評論からはずれちゃったけど、ここまで考えさせてくれたから良い映画だね。ただ作品として美しくはなかったです。
>|