マネー・ショート 華麗なる大逆転の作品情報・感想・評価

マネー・ショート 華麗なる大逆転2016年製作の映画)

The Big Short

上映日:2016年03月04日

製作国:

上映時間:130分

3.4

あらすじ

2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダー・マイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の何千もの事例を調べていく中で、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品[サブプライム・ローン]が、数年以内にデフォルト[債務不履行]に陥る可能性がある事に気付くが、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から全く相手にされずにいた。そんな中、マイケルは「クレジット・デ…

2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダー・マイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の何千もの事例を調べていく中で、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品[サブプライム・ローン]が、数年以内にデフォルト[債務不履行]に陥る可能性がある事に気付くが、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から全く相手にされずにいた。そんな中、マイケルは「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引に目をつけ、ウォール街を出し抜く事を画策するー。 同じ頃、ウォール街の若き銀行家ジャレット(ライアン・ゴズリング)は、マイケルの戦略を察知し、頭金なしで信用力の低い多くの低所得者に住宅ローンを組ませている大手銀行に対して不信感を募らせているヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーブ・カレル)を説得して「クレジット・デフォルト・スワップ」に大金を投じるべきだと勧める。 また、この住宅バブルを好機と捉え、ウォール街で地位を築こうと野心に燃える若き投資家の2人から、勝負を賭けるにあたり相談を持ちかけられるベン(ブラット・ピット)。今は一線を退いた伝説の銀行家であるベンは2人の計画に自らのコネクションを使って彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意する。 2008年、遂に、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れるー。マイケル、マーク、ジャレット、ベンの大勝負が始まる・・。

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」に投稿された感想・評価

皆さん書いてらっしゃるけど、ウルフオブウォールストリートっぽい。というかスコセッシっぽい。
「華麗なる大逆転」って副題ついてるけど、カタルシスを感じさせる描写はほぼなく、人間の愚かさ浅ましさに悲しくなる、、
これまた邦題が酷過ぎる、マネーショートってもはや意味をなさないし華麗なる大逆転とかこの映画の本質からあまりにも外れてる
まほ

まほの感想・評価

3.5
リーマン・ショックが起きることを
予測した男たちの逆転劇が
この映画のストーリーであるけど
決して本人たちがリーマン・ショックが
起きたことによって
裕福になったとか幸せになったとか
という話ではないということ。

不況を読めたからこそ
破産をすることが彼らには無かっただけで
世の中には苦しんだ人たちが
たくさんいるということも
描かれてるのが凄く良かった。

金融関係の用語の難しい部分は
スタイリッシュに
ライアンゴズリングが説明してくれたり
途中にゲストとして
マーゴットロビーなどの俳優や歌手が出てきて
色んなものに例えて説明してくれる。
ただ解説してくれても
私はあまり分かんないので
見終わった後にネットで普通に調べました。

ただ金融の用語が難しいからと言って
面白くないのか?と言われると
そうではなくて
1回目見たときは確かに
頭の中がハテナだらけだったけど
2回目でなんとなく理解。

この映画で
村上春樹の言葉が出てきたのは
凄いびっくりした。
まさかここで使われるなんて。

邦題に「華麗なる大逆転」という
言葉が入ってるおかげで
この映画の意味を違うように捉えがち。
これは決して華麗ではない。
ラストは予想を上回るほど重いです。
ただこれが世界で実際に起きた
リーマン・ショックの真実であって
その金融界の悲劇を
うまくスタイリッシュに
描けているのがこの映画は本当に良い。

そして、映画の初めに出てくる
『トム・ソーヤーの冒険』の著者の
マークトウェインの名言は
この映画の全てを表してくれてる。

「やっかいなのは、
何も知らないことではない。
実際は知らないのに、
知っていると思い込んでいることだ。」

ライアンゴズリングのカツラは笑った。
satonedayo

satonedayoの感想・評価

4.2
Probably one of the best eco movies I’ve ever watched
aki

akiの感想・評価

3.6
厄介なのは知らないことじゃない
知らないのに知ってると思い込むこと
無知の知ってやつ
むごいよマネマネィ
日本も大ダメージ食らったリーマンショック。
あの頃資産を溶かし絶望する一般投資家たちに、これから色々あるけど世界は終わりじゃないよと言ってあげたい。
childragon

childragonの感想・評価

4.1
「リーマンショック」を先読みして儲けた人間がいる。けれど世界は暗黒社会に突入する…このディールに勝つとはどういうことを意味するのか。世界のシステムを暴いた人物たちの視点で、この経済大事件を紐解く。

◆確か公開終了間際に観たんだけど、日本橋だったせいかお客さんがいっぱいいたのを覚えている。
◆この作品を通じて世界的事件を知ろうと思うのは間違い、雰囲気しか味わえないぞ。
◆サブプライムローン、CDS、CDO、この仕組みを予習してから観た方が、この映画を深く堪能することができる。
◆チャンベが出てるから観たんだけど、スティーヴ・カレルが超かっこよかった。

リーマンショックとサブプライムローン問題について、分かりやすかったサイト:
https://www.juku.st/info/entry/1337
okkkkkyyyy

okkkkkyyyyの感想・評価

3.6
知識ある状態で観たら面白いんだろうなって思うけど、あんまり分からなくてもある程度楽しめた。リーマンショックの底知れなさが…。

演出も○。堅苦し過ぎない感じが、難しいテーマを観やすい映画にしてくれてる。カジノ?から出て行く時のブラピの言葉が突き刺さる。邦題の「華麗なる」は要らなかったんじゃないかな。
su

suの感想・評価

3.0
きっとすごく面白い事が起きてるんだろうって感じは伝わってくるんだけど、難しくて内容が半分以上理解できなかった…
ちょっと出てくる徳永英明と村上春樹に感動。
kidA

kidAの感想・評価

4.0
【予習してから見るべき】
金融に強い人、ニュースをちゃんと理解している人は別として、絶対予習してから観たほうがいい!
観ている最中はわからなすぎてぽかんとしてしまったけれど、観た後に勉強してようやくわかったような…?
経済の勉強をしたことがない私には難しすぎましたが、リーマンショックという出来事に興味を持つ一本となりました。また、所々でマーゴット・ロビーやセレーナ・ゴメスが解説を入れてくれます笑 私はそれでもわからなかったけれど…。
>|