DENGEKI 電撃の作品情報・感想・評価・動画配信

「DENGEKI 電撃」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

3.3
向こう見ずな熱血刑事オーリン・ボイド(スティーヴン・セガール)。数々の問題を起こした彼は、ついに犯罪無法地帯にある15分署へ飛ばされる。
そこで女性上司に命じられたのは、感情克服セミナーに通うことだった。
ある夜、ボイドは麻薬取引の現場に遭遇、格闘の末ひとりを捕まえるが何と相手は囮捜査中の仲間。この不始末で交通整理係にまで降格する。
そんな中、警察保管庫から押収ヘロインが強奪される事件が発生。ボイドは事件の鍵を握る男ラトレル(DMX)に接近するが…。
「ロミオ・マスト・ダイ」の監督とスティーヴン・セガールが、タッグを組んだ刑事アクション。
まだこんぶとじゃないセガールのセガール拳、ド派手なカーチェイスは良いけど、汚職刑事もののパターンそのものの黒幕の正体やエンディングまるまる使ったデブのコメディアンふたりの下ネタトークに脱力させられる刑事アクション映画。

このレビューはネタバレを含みます

セガール映画にしてはイカしたシーン多めで、おっ?ってなる

黒人のデブ面白いw

沈黙しません
ゆず

ゆずの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

肉弾戦、カーチェイス、銃や刀での戦闘。麻薬密売を捕まえようとしたら…。
車大破なのに怪我してないとはすごすぎる。
竜平

竜平の感想・評価

3.0
最強おやじスティーヴン・セガール、ヒップホップ界からDMX、そして『マトリックス』などで知られるジョエル・シルバー製作、といった布陣で贈るスタイリッシュ且つハードボイルドなアクション映画。
とまぁ単純に無敵の男セガールが無双する映画であることは間違いないんだけども、まずそのアクションがしっかりかっこよかったりする。セガールって今でこそなんというか「そーゆー扱い」な気がするけども、身のこなしとか、あと臆することなく立ち向かう姿とか、じつはいいよね。いやバカにはしてない。破天荒な刑事役もハマりにハマってるなと。ストーリーとしては、犯罪と汚職の蔓延る街でその「悪」に真っ向から勝負を挑むという、これも無双映画としては申し分ない流れ。その中にどんでん返し的な展開も少々。まぁセガール映画としては濃いめだけど、正直どうってことない感じ。このB級感というのも、サラッと楽しむには持ってこいなんじゃないかなーなんて。
ちなみに『ロミオ・マスト・ダイ』、今作、そして『ブラック・ダイヤモンド』と続く同監督の3作品。ストーリーとしての繋がりはないけどちょいちょいキャストが一緒だったり、あとは「カンフー・ミーツ・ヒップホップ」的な作風が共通。個人的には『ブラック・ダイヤモンド』から遡って再鑑賞していってるわけだけど、可もなく不可もなくなんだよなーと。中学生ぐらいのときにはどれもめちゃくちゃ楽しんで見てた記憶。てなわけで3部作として推すほどでもないけど一応、予備知識として。にしてもなんでこの邦題にしたんだろう、劇中でどっかに電撃に関するものあったかな、なかった気がするんだけど、あんまり覚えてないや、あんまり。
LEE

LEEの感想・評価

3.7
DMX三部作第二弾!
期待通りの楽しい一本に仕上がっていた



ストーリーは小洒落たジョークを挟みつつヤクを探すというまぁありがちな内容で、ストーリーもそのキャスティングならこうなるよなという感じで真犯人が読めてしまいそんなに驚きはない
でもそのベタだからこその安定感があって、やっぱり軽口の叩き合いはいいしセガールが机付き椅子から抜けなくなるシーンは爆笑してしまった
一番勿体無いなと感じたのはセガールの相棒でDMX、警察の人、テレビ局の人と相棒が多すぎること。これを一人に凝縮できたらもっと見やすくなった気はする


アクションはディオンラムという香港のアクション監督を呼んでいるんだけど肉弾戦は少なめ
でもそのかわりに銃撃戦やド派手なカーチェイスがたくさん用意されているのでアクション面で飽きさせることはない(実際李連杰の二作より倍製作費がかかってるっぽい
ラストはマイケルJホワイトとセガールのバトルになるんだけどまさかの刀での斬り合いで、全然マイケルJホワイトの魅力が引き出せていなくてそこはがっかり



無難に面白い一本
セガール作品の中では好きな方です
tulpen

tulpenの感想・評価

3.2
セガールがまだあんまり四角っぽくない頃
アクションも見応えあり。


今はもうない静岡市ミラノにて。
2001.8/12 75本目
スティーブセガール主演。
やっぱり沈黙シリーズより内容が濃くて面白いね!

もう何回もテレビで観たんだけど面白い。
警官に汚職つきものですね。
どこまで汚れてるのやら?
だれを信じていいのやら

映画の始めにセガールが乗っていた車がカッコ良かった。
めちゃでかいアメ車でツードアクーペかと思いきや、ピックアップトラックだった。
なかなか見たことない車です。
始めに爆破されちゃったけど(^_^;
○セガール映画の割に、ちゃんとした一品になっている本作。俳優でないDMXのお陰な気もするが勿論主役はセガール。
いつも通りの安心感。

○アクションは魅せ方の工夫もあり、グー。肉弾戦のボリューム不足がやや不満。

○補足
 ラトレルを演じたDMXの本業はラッパーらしいが演技アクション共に良く格好良い。デブとテレビの人はコメディアンとのこと。ラストに酷いトークショー有り。
Soshi

Soshiの感想・評価

2.5
暴れん坊の正義とコメディの区別がつかなくなったら、動物園に行く感覚で警察署に行く
akira

akiraの感想・評価

-
DMXラッパーとしても好きだったが初めて映画出てるのを観た作品。
>|