アート・オブ・ウォーの作品情報・感想・評価・動画配信

「アート・オブ・ウォー」に投稿された感想・評価

Shogo

Shogoの感想・評価

3.0
まぁ普通って感じかな、、最後急に銃弾がマトリックスみたいになるし、最後のあのカラクリはなに?ウェズリー・スナイプスはたしかにカッコ良かったです
沙那王

沙那王の感想・評価

2.5
流血ものが苦手です。うっかり見てしまいましたが、アクションは かっこ良かったです。
1577本目。2度目でした。国連のエージェントというのが珍しいです。組織としてはCIAやNSAに比べて、組織自体が隠密なのでこじんまりしています。前半はスタイリッシュでなかなかかっこいいです。中盤からやられっぱなしで、仲間も無残に殺されてしまいます。ちょっと関係者が殺され過ぎで疲れるし、もたついてスッキリしません。最終の敵はありがちなパターンである程度予想が付いてしまいます。まあ、大筋はしっかりしているので、見ている途中でずっこけることはありません。もうひと味欲しかったと思いました。
2001年鑑賞

「兵法」の意。
まぁ自分にはなぜこの映画のタイトルが兵法なのかは全く不明でしたw

ウェズリーのアクションは素晴らしかったよ。
ストーリーもハードな難しい感じで雰囲気出てた。
よう分からんかったけど。

アクション映画好きなので、これは良かったです。
よしお

よしおの感想・評価

2.5
No.2704

「アート オブ ウォー」=「兵法」=「政治」

大国同士が駆け引きするのは結構だが、

傷つけあって殺し合って、それの何が「アート」なのか。
という、皮肉の映画ですか。

政治は技術だ。技術は高めれば芸術になる。

精神や根性や見栄や体力で政治するな!

迷惑だ!!

偉そうなおじさんおばさんのマウンティング合戦の犠牲になる筋合いはない!!!!!!

・・・僕、なにに怒ってるのwwww
勝五郎

勝五郎の感想・評価

2.9
ウェズリー・スナイプス。
「ニュー・ジャック・シティ」が初見でしたかね。

国連の凄腕さんのお話、強い強いったら強いのなんの?
米中のなかなかリアルな設定には結構前のめりになりました。

すーっと観られるサスペンス・アクションでございました。

そんな感じネ。
アート・オブ・ウォー
2000年/クライム・サスペンス
監督:クリスチャン・デュゲイ
俳優:ウェズリー・スナイプス、ドナルド・サザーランド、マイケル・ビーン、他

「ブレイド」のウェズリー・スナイプス主演によるハード・アクション。国連に属し、世界平和のために働く保安エキスパートチームのリーダーで、国連事務総長ダグラス・トーマスの管轄下にいる敏腕エージェント、ニール・ショー。どんなに危険なミッションも鮮やかに解決する男。ある時、国連所有の大型船で大量のベトナム難民の死体が発見される。トーマス事務総長の窮地を救うべくショーが事件解決に乗り出す……。
アート・オブ・ウオー❗
何がアートか。観ていても解らないので皆さんのコメントが参考になります🎵
96さん

96さんの感想・評価

3.0
国連に所属する男が

とある事件に巻き込まれ

陰謀を解き明かす様を

描く社会派アクション


非常に高いレベルの

アクションシーン(主に格闘) 

が盛りだくさん


追っていく

ストーリーも

複雑で

興味深い☆

ウェズリーのオーラも

申し分ない。

ただ・・・

演出効果や、

こまかい映像部分が

ちょこちょこ手抜き?



テンポは良いのに

カットのセンスが悪い?


スピード感に繋がらない

もったいない☆


アクション、

政治サスペンス好きなら

相性が合えば

ふつーに楽しめる。

はず。


ボーンシリーズ や24 が大好きだ!

という方なら

観てもよいかも☆
ウェズリー・スナイプスの演じるキャラに感情移入したことないな😃

脚本2
演出2
映像2
俳優2
印象2
>|