風と共に去りぬの作品情報・感想・評価

「風と共に去りぬ」に投稿された感想・評価

chnhmn

chnhmnの感想・評価

3.7
南北戦争を通して強く成長し生き抜いた女性のお話。とても長かったけどとにかく美しいシーンもたくさん。
主人公より、レットとメアリーが良かった◎
題名は南北戦争という「風」と共に、当時絶頂にあったアメリカ南部白人たちの貴族文化、黒人奴隷文化社会が消え「去った」事を意味するらしい。
色々思う事があったので、でも纏まり切らないので箇条書きで!
・想像してたスカーレットオハラ像と違う
・タラにあるスカーレットの自宅から引いてく画面がいつどこでも素晴らしすぎる…
・メラニーいい人すぎる大好き
・黒人メイドさんめっちゃ好き!奴隷の位置に居る人なんだろうけどパシーンとスカーレットに言い放ってて好き!黒人初のアカデミー賞受賞者と聞いてもっと好きになった
・やはりアシュレーを追うスカーレットがあまり好きになれない…
・でもその強さは好き
・この時代(作品の中でもだし撮影した時代もそうだし)にここまで強い女性はいたのかな…かっこいいわ…
・クラークゲーブルはこんな感じの役似合うね
・あまりいい場面の時じゃないけど無精髭かっこよかった
・こういうロケーションの映画はもう見れないんだろうか……見たい
・CGじゃなくて
・長編作品で長いことは長いけど、240分くらいはあっという間、さすが名作中の名作。見てよかった。見終わるのに4日くらいかかるかなと思ってたけどちゃんと通して見れた。
.
とにかく長い。
冒頭辺りは退屈であったが、休憩時間に入る前と後半にかけては胸が熱くなった。
夕焼け?を背景に木の下に佇んでいる姿からどんどんカメラが後ろの方に行き、ロングショットになる場面は印象的だ。でも、それも少しくどく感じた。
ちき

ちきの感想・評価

2.0
スカーレットとレットのすれ違いがひたすらに悲しかったです。お互いの気持ちに気付くの遅すぎるだろ!!!!!!と怒りすら覚えてしまいました。どうして…どうして素直になれないんだ貴方たちは…!レットに情熱的に求められたスカーレットの上機嫌ぶりがあまりにも可愛くて、故にその後の展開が哀れでした…。
奴隷制度に肯定的な南部の人たちにもちょっと感情移入できなかったですね…。キャラクター自体は良かったんですが…。
南北戦争の雰囲気を掴む歴史的な意味合いでは参考になる映画だと思います。
あと女性たちのドレスがとても素敵でした。
yuuki

yuukiの感想・評価

4.0
スカーレット・オハラ
綺麗で強くて素敵!!
“明日は明日の風が吹く”
スギ

スギの感想・評価

3.7
南北戦争を通して成長するスカーレットを描く。彼女の屈強さ、頑固さは参考にしたいです。夕日のシーンは印象的!きれい!
せら

せらの感想・評価

3.5
「欲望という名の電車」と並列して観た作品。同じ南部女性を演じたリーの対極する女性像として良かった。
yoshimi

yoshimiの感想・評価

4.5
超大作!!

戦争映画では珍しく、女性目線。

「明日は明日の風が吹く!」
このセリフに向け物語が進んでいく

そしてエンディングの力強さに感動する。

メラニーとスカーレットの対比が面白い
どっちも強くていい女。

4時間もみてたとは思えないぐらい釘付けにさせる、女性は見るべき映画。
名作と呼ばれる作品は何本も観てきたけど、ほんと名作。

ヴィヴィアン・リーの美しさにひれ伏せ
わしはあまりの美しさに足元にデコ擦り付けた
さたま

さたまの感想・評価

3.1
授業で鑑賞。南北戦争当時のアメリカの情勢を頭に入れた状態で観たので、より深く入り込めてよかった。
スカーレット・オハラ、少し(?)傲慢な性格も含めて、本当に芯の強い魅力的な女性ですね。
「明日は明日の風が吹く」格好良い。
素敵な女性の人生を見ることができて良かった。
>|