風と共に去りぬの作品情報・感想・評価・動画配信

「風と共に去りぬ」に投稿された感想・評価

りえ

りえの感想・評価

3.8
スカーレットはよくも悪くもプライドが高くイライラするシーンも多々あったが、あれだけ強い女だったからこそ生き残れたのだろう。魅力的にはみえないが。
戦争に負けた後、1人になってしまった後、負けない!と立ち上がる姿にはグッとくる。特に前半のラストがいい。

メラニーがいい人すぎて、と思ったけどスカーレットがいなかったら死んでたんだよな、と思うと、スカーレットの何を踏み台にしても生きるという生命力の強さは本当に凄いね。
スカーレットならどんな状況にあっても強く生きられるだろう。その強さは少し分けてほしい。

レットとの似た者同士の刹那な恋もよかった。

ただ名作かといわれると、?かな
ミズキ

ミズキの感想・評価

4.1
主人公のことが、後半にかけて、だんだん好きになれなくなっていく不思議な物語。

愛と嫉妬と時代と真実と…。
主人公は嫌いになる一方だけど、そんな役を演じたビビアンリーは本当にすごいと思います。
圧倒的な説得力で、主人公のことを嫌いにさせてくれました。
ラストにかけて、セリフの一つ一つが壮大なのも、時代を感じさせます。

不朽の名作ですね
Apple

Appleの感想・評価

4.8
私の祖母が戦後この映画を見て「カラー映画に驚き、ここまで素晴らしい作品を作った国に勝てるわけがないと思った」と言っていて確かになと思った。
maaariko

maaarikoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

序盤はスカーレットの高飛車わがままキャラがしんどかったけど、強くたくましく不器用でだんだん憎めなくなる…
古い映画だからかなんか舞台を観てるみたいな感覚に。黒人差別で配信停止するほどの描写なくない?レットは素敵。
hulk

hulkの感想・評価

3.9
ある意味教養としての観賞。WWⅡ開戦と同年にこの作品が上映されたという事実にただただ驚き。

ヴィヴィアン・リー演じるスカーレットの身勝手さ、正直終始気になった。まあお嬢様育ちだけどタフに生きなければならないということで、このような性格になったのはある意味必然なのかもしれないけど。でもどこか憎めない、滅茶苦茶な人だけど。

この作品、果たして本当に配信停止にすべきものなのかな。奴隷制度を礼讃する内容だから良くないという声もあるけど、どうなんだろう。よく分からない。

とりあえず、メラニーはこの作品の良心。
配信停止のニュースを見て、1度は見ておきたいと思っていた映画なので視聴。とても長い映画でしたが最後まで引き込まれました。スカーレットやレットやアシュリーは幻想を相手に見出していたり、弱さなのか不器用さなのかどこか自分を演じていた感じもするのですが、メラニーだけはその人の弱さや強さやその人の本質的な部分を汲み取る事が出来ていたというか…だからどんな人にも穏やかに愛を持って接することができてたのかなあ。時代背景と絡み合って人それぞれの色んな愛情や愛憎の形が見えました。その時代がどんな世情だったのか、昔の映画を見ることは色んな学びがあるなあとつくづく感じました。
純愛ものだと勘違いしてた。
思わず身入ってみてしまった。
バトラーダンディー。
yuki

yukiの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

不朽の名作ということで観るまでに勇気が要ったが時代関係なく愛の映画として共感したり共感しなかったりしながら夢中になって観られた。

スカーレットはたくましいけど人に弱さを見せられないところが切なかった。アシュレーと出会っていなければ幸せだったのではないかと思う。

スカーレットもレッドバトラーも自分のことしか考えていないと言っているけど人を守る力があってそれを行動に示せるのはすごいことだと思うし人への優しさがある。
2人とも愛し合っているのに強がりとすれ違いで上手くいかなかったから素直に自分の気持ちを伝えることの大切さを感じた。

メラニーは心が強くて愛情深くそのうえ弁も経つし理想の女性像!
MK

MKの感想・評価

5.0
80年も前に、わがままだけどは生命力のある強い女性を主人公にした映画を作ったことに、驚きを禁じ得ません。
更に、こんなに長いのに、今見ても刺激的な展開と映像も、信じられません。凄い映画です!
価値観は時代とともに変化します。当時当たり前だった事が罪になるのは仕方がないこと。私達はそこから色んなことを学び、反省して改めながら進化しないといけない。奴隷制度も戦争も、無かったことにするだけでは何も解決しないと思いました。
スカーレットを、母や自分の中に感じて、主人に感謝しました、、、スミマセン。
toro

toroの感想・評価

3.5
人を人とも思わない生き方をしていると当然だけど人は去っていくっていう話。

黒人差別的な表現は言わずもがな、あれでも相当差別的な部分を削ったというエピソードの一つに、当初はマミーがスイカをがっつくシーンも撮る予定だったのを俳優が断ったというのを聞いて、「黒人とスイカ」が差別的な表現だという事を初めて知った。

差別や偏見や、それに伴う礼を失する言動を生むのは無知や無関心だと自分でも痛感した。

映画自体の出来は物語のテンポも良いし、ビビアン・リーの演技も良いけど、色んな価値観が時代と合わなくなった映画だなーと思った。
>|